::【JC運動発信委員会】

 

IMG_6279.JPG2月22日、城山観光ホテル 飛鳥の間にて、ブロック会長公式訪問例会が開催された。

公益社団法人 日本青年会議所 九州地区 鹿児島ブロック協議会の、山口就太郎会長をはじめ、ブロック協議会役員、鹿児島の12LOMの理事長が一堂に集まり、本年のブロックの方向性を示し、各委員会の事業説明が行われた。

 

 

 

 

初めに、鹿児島青年会議所の末永 考理事長より「今、鹿児島青年会議所が取り組まないといけないのは会員拡大です。青年会議所の活動で、一番重要な活動です。自分なりの思いを持ち、その思いを伝えて仲間を増やして青年会議所の会員拡大へと繋げて行って欲しいと思います。また22日、霧島で行われた九州地区協議会で新燃岳の視察が行われました。同じ青年会議所の仲間が心配をしていただき本当にありがたいことだ」と鹿児島ブロックのキャピタルとして鹿児島青年会議所の奉仕・修練・友情の自覚を促す挨拶があった。

 

 

 

 

 

IMG_6307.JPG

続いて、公益社団法人 日本青年会議所 九州地区 鹿児島ブロック協議会の、山口就太郎 会長から「今年のブロックは、人材育成に力を入れる。尊敬される日本をつくるには鹿児島から一歩一歩、明るい元気な鹿児島12LOMが頑張り尊敬される鹿児島にしよう。」に力強く込めた想いと本年度にかける意気込みを語って頂き、ブロックの方針と鹿児島LOMへの協力を含めた挨拶があった。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6321.JPG

この後、2011年度の鹿児島ブロック協議会の各委員会の紹介と目的や意義の説明が行われた。

 

  1. 鹿児島を背負う人材育創造委員会
  2. 地域色溢れる鹿児島創造委員会
  3. 組織連携推進委員会
  4. 次世代鹿児島創造委員会
  5. ブロック大会運営委員会

これらの委員会は我々の故郷「鹿児島」の未来と発展を強く望む各LOMからの同志の集結であり、鹿児島青年会議所からも多くのメンバーを輩出している。

 

鹿児島青年会議所からは、副会長に副理事長の野元一臣君、次世代鹿児島創造委員会委員長に伊賀上健司君、事務局次長に堤康祐君、有馬達郎君、嶋竜一君が役員として出向しており、役員としての責任と展望を力強く伝えていた。

 

 

 

 

IMG_5655.JPG

また、最後の監事講評では鹿児島青年会議所の川原肇監事より、「2011年のブロックメンバーが、鹿児島青年会議所という枠を超えて自分を成長させている同士がいる。つまり出向はチャンスであり自分を成長させまちづくり、友人を作る身近なところがブロックです。ぜひみなさんも入り活動をしチャンスをつかみとってください。」と述べ、メンバーに熱く語り会議は無事終了しました。

 

 

 

                           (写真:高山 慎司)

                           (記事:古賀 信明)