::【日本JC】

 

 6月17日(金)および18日(土)、鹿児島青年会議所から末永 考理事長をはじめとする有志メンバーが宮城県亘理郡亘理町における復興支援ボランティア活動に参加した。

 

これは公益社団法人 日本青年会議所が推し進める東日本大震災に対する復興支援活動のうち、宮城県への支援を担当している九州地区協議会のもと、鹿児島ブロックが宮城県亘理郡亘理町にある亘理町災害ボランティアセンター(以下、亘理VC)での活動を担うにあたったものである。

 

01:亘理VC.JPG


04:亘理VC:システム:マッチング1.JPG

 朝8時30分、ボランティア新規登録を済ませ、マッチングを行う。マッチングとはその日に被災者から亘理VCに寄せられた依頼の内容をスタッフが説明し、その案件へのボランティア参加者を募ることである。

 

当日、亘理VCに寄せられていた依頼の内容のほとんどは、がれきや泥の撤去、家屋の内部解体や家具の運び出しなどであった。また場所は津波被害の大きい荒浜地区が主であった。

 

 マッチングにより活動先が決定したら、参加者でチームを組みオリエンテーションを受ける。そしてチームリーダーの指示の下、必要な道具を亘理VCから借り出し、チームメンバーの自家用車等に分乗して目的地へと向かう。

 

亘理VCにはおよそ平日100名から150名、土日は300名から400名のボランティアが集う。鹿児島から参じた青年会議所メンバー以外にも日本全国からボランティア希望者が集まっていた。また、亘理VCのスタッフ自体もボランティアである。

15:亘理VC:出発前.JPG

 

 スコップ・箒・ちりとりをはじめとする各種清掃道具や、手袋・マスク・長靴など、ボランティア活動に必要な物はほとんど貸し出しがあり、ボランティアに参加できる環境が整っていた。

17:亘理VC:貸出:スコップ.JPG 19:亘理VC:貸出:手袋.JPG

 

 

 

26:荒浜01.JPG

 鹿児島青年会議所メンバーが担当することになったのも荒浜地区。亘理VCから車で約20分。その道の途中、がらりと風景が変わる。

 

ほとんど無事に見える内陸部から、ある一線で明らかな「被災地」に変わる。津波の被害が及んだ範囲は家が流され、基礎だけが残り、がれきが散乱する衝撃的な状況であった。釣り船が庭先に転がり、木々は根ごと横になっている。現実感のないテレビの映像だけでは実感し得なかった被災地の惨状を、実際に見て感じた。

 

36:荒浜11.JPG 57:荒浜32.JPG

 

到着した現場では、依頼者の立会いの下、浸水した床や壁を剥がしたり、使えなくなった家具を運び出す作業を行った。依頼者は意外にも、とても明るい笑顔で「鹿児島に戻ったら、東北は元気です!と伝えてください」とおっしゃっていて、参加者一同「人間の強さ」というものに胸を打たれ、また自分たちの日ごろの生活および青年会議所の活動にも改めて気を引き締めて取り組まねばならないと感じた。

DSC00292.JPG

 

 DSC00298.JPG

今回のボランティア活動を通じて、参加者は被災地を実際に見て、その悲惨さを肌で感じた。また、ボランティア作業をする中で、人間の手作業で行える復旧のいかに微々たるものか、この地が元のように美しく笑顔あふれるまちに復興するまでにどれだけの努力が必要かと思うにあたり、東日本の復興なくして日本の復興はない、他人事ではない、今後とも日本全国から長期間にわたる継続的な物的・人的支援が絶対に必要であると痛感した。

 

戦後最大の国難と呼ばれる東日本大震災。戦後「新しい日本の再建は我々青年の仕事である」という覚悟のもとに創立された青年会議所であるならば、この国難に際してもその志をもって日本中の青年が持てる力を集結して乗り越えなければならない。必ずまたボランティアとしてこの地に戻ってくること、そしてこれからも鹿児島青年会議所から多くの人的支援を被災地に届けられるよう努力することを胸に誓い、亘理の地をあとにした。 

 

(撮影:鹿児島青年会議所 副理事長 野元 一臣、鹿児島青年会議所 JC運動発信委員会 高山 慎司)

(記事:鹿児島青年会議所 JC運動発信委員会高山 慎司)

京都会議

DSC_0003.jpg

2011年1月20日~23日、国立京都国際会館 他で『京都会議』が開かれました。



【京都会議とは】

1966年(昭和41年)11月、今上陛下・皇后陛下(当時皇太子・妃殿下)の行啓を仰ぎ国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が国立京都国際会館にて開催されたことに由来します。

翌1967年には日本青年会議所の通常総会が京都にて行われ、以降、その年のスタートとなる通常総会、正副会頭会議、理事会などの諸会議や各委員会が合同で開かれるようになり、それらを総じて『京都会議』と称するようになりました。
 





■「1年の計は京都会議にあり!」

DSC_0159.jpg
青年会議所における「年度」は4月からではなく1月1日から始まります。

そして、当年度に日本の青年会議所が行うすべての活動は当年度会頭の所信および基本方針に基づいて行われます。

本年も日本中から多くの志あるJCメンバーが京都の地にて一堂に会しました。


会頭の所信表明演説を"その場で"聴くことで、各々が会頭所信に込められた思いを理解し、1年間の自らのJC活動の指針とするためです。そしてまたその"思い"を各LOMに持ち帰り、LOMメンバーに伝えることで共通の目的に向かい一致団結して活動に取り組むことができるのです。




■「私は、世界から尊敬される日本を作りたい!」

DSC_0331:.JPG 新年式典において、公益社団法人日本青年会議所 第60代会頭 福井 正興 君が、全国の会員会議所理事長らをはじめとするJCメンバー、また同志の方々を前に、

本年度のスローガン

新たなる飛躍へ! 徳溢る心が未来をつくる ~進取の精神とクオリアの追求による「尊敬される日本」の創造~

を掲げ、会頭所信を発表しました。

 

「私は、世界から尊敬される日本を作りたい。ルール違反や責任転嫁が横行する現代。風潮やメディアに流されない、徳 の心を持った青年が、閉塞感漂う日本の現状を打破して、未来を見据えた確かな一歩を踏み出さなければならない。地域や社会を活性化する原動力となるのは、常に自らに刺激を与え続け、負荷を与え続けて自らを成長させていく我々青年をおいて他にない。市民の皆様がワクワクして思わず触れてみたくなるような質感(クオリア)を提供する、声なくして人を呼ぶ、そんな活動を追求してこう。動くためには過去にとらわれすぎないことが大切である。日本の青年会議所は今年で創立60周年を迎える。大きな節目をただ喜ぶのではなく、それよりも61年目を大切に、10年後を見据えて、未来に向けて新たなる飛躍をしなければならない」

DSC_0324:.JPG
真剣な眼差しと、熱意のこもった声からは、文章からでは伝わらない会頭所信に込められた"思い"が伝わってきました。

自らが表明するクオリアというものを自ら体現してみせた福井会頭。

 

 

 

その姿を見て襟を正す思いをしたメンバーたちが、"思い"を伝播させ、2011年度の公益社団法人日本青年会議所の活動を実り多いものにすることだろうと確信した新年式典でした。





■「拡大なくして成長なし!」

DSC_0137.jpg

期間中には、様々なセミナーやフォーラムが開催されておりました。なかでも注目すべきセミナーは、我等、鹿児島JCの下田 勝利 直前理事長が委員長を務める「公益社団法人日本青年会議所 地域の誇り創造グループ 拡大委員会」が行った 30%必達 会員拡大セミナー「会員拡大から始まる 明るく元気な地域の実現!」と題したセミナーでした。

 

 

コーディネーターを務める下田委員長のもとパネルディスカッション方式で行われ、パネリストとして5名の本年度直前理事長が参加されました。


DSC_0111.jpg 社団法人 滝川青年会議所

2010年度理事長 中島 隆 君

社団法人 野田青年会議所

2010年度理事長 加藤 栄作 君

社団法人 糸魚川青年会議所

2010年度理事長 猪又 直登 君resize0007.jpg

社団法人 武蔵野青年会議所

2010年度理事長 中島 徹治 君

社団法人 唐津青年会議所

2010年度理事長 生駒 明子 君


resize0008.jpg昨年度の拡大活動において大きな成功を収めた経験から、それぞれ拡大のポイント、実際の成功例やエピソード、定着率向上のための工夫など、本年度の会員拡大にダイレクトに役立つ話が次々と飛び出し、参加した会員拡大の担いを負ったメンバーたちは自らの拡大活動に生かすべく、真剣に聴き入っていました。
またディスカッション終了後には、公益社団法人 日本青年会議所 地域の誇り創造グループ 拡大委員会より本年度の委員会活動方針やLOMの拡大活動への具体的な支援等が説明され、下田委員長からは「拡大に関して困ったことがあれば、気兼ねなく我々拡大委員会にご相談ください。全国どこへでも駆け付けます!」と熱いメッセージが送られました。





 

本年の京都会議には50名を超える鹿児島JCのメンバーが参加しました。その参加者1人1人が、それぞれの担いと目的とをもって、それぞれの関わり方で京都会議を有意義に過ごし、新しい年の第一歩を輝かしく踏み出せたことは、「みんなのために 笑顔溢れる鹿児島」を目指す2011年度の鹿児島JCにとって大いなる弾みになったことと思います。


resize0014.jpg


 

京都会議の情報は日本青年会議所のホームページでもご覧になれます。

 

(記事/撮影:高山慎司)