室・委員会方針

総務室

室長:野崎 輝久

鹿児島JCは1954年の設立以来、明るい豊かな社会の創造を目指し、JCとしての信念と青年としての英知と勇気と情熱をもって、社会の負託に応えるべく様々な運動を展開してきました。これまで以上に、力強い運動の展開により、広く社会に対し貢献していくには、組織のポテンシャルを最大限に発揮することが求められます。それには、組織の活動・運動を根幹で支える厳正かつ円滑な組織運営が不可欠であると考えます。

その第一歩として、更なる活動・運動の拡大、そして公益法人格への移行を目指す私たち鹿児島JCは、メンバーにおけるJCの理念・情報の共有と志の結集、併せて公共性と透明性に優れた組織への進化が必要となります。本年度総務室の活動は、JC運動を更に発展させていく為のLOM運営の根幹と認識し、必要な部分を精査し、従来の手法も大切にしながら、新しいものも積極的に取り入れて参ります。そして、メンバー同士はもちろん、外部との関係においても、互いに行動しようとするひととひととの繋がりを大切にしながら、広い視野を持って、一貫性があり迅速で統制がとれた組織運営や設営・応対を実行していきます。またメンバーの一人ひとりに、事業のあり方や運営方法などに公益性があり、各々が社会の負託に応え得る組織の一員であることを共通した認識とし、成長してもらうことが重要です。そのメンバーの持つべきJC意識の向上とベクトルを合致させるための共通した基盤としての役割を担って参ります。これらを通じて、時代や社会の変化にあわせて進化していく鹿児島JCの土台として相応しい総務室を体現して参ります。

総務室は、組織運営の土台として組織進化の原動力となり、揺るぎない基盤としてJC運動を支えていくよう邁進してまいります。そして、これを基に、メンバー一人ひとりの意識を高め、ベクトルを合致させ、強固な組織の確立に繋がるよう努めてまいります。

総務委員会

委員長:松山 真輔

鹿児島JCは、56年間に亘り「明るい豊かな鹿児島」の創造という理念のもと、様々な切り口でJC活動・運動を展開し、社会に貢献して参りました。そして、これまでの実績はメンバー個々の高い志はもとより、常に時代背景に則した厳正かつ円滑な組織運営により実現できたのではないでしょうか。今後も、社会の負託に応え得る組織であり続けるためには、今まで積み重ねてきた組織運営をさらに進化させていく必要があります。

そこで、メンバー一人ひとりが青年会議所の理念を理解し、志・情報の共有を図ることで得られるメンバーのまとまりが、鹿児島JCの潜在能力を最大限に発揮させて、力強い運動の展開へと繋げてまいります。よって、総務委員会は、理念や情報、志を正確に伝達し、メンバー同士の共有が円滑に行われるための「組織の潤滑油」となることを目的とします。鹿児島JCの最高意思決定機関である総会では、メンバーへ積極的な参加を推進し円滑な運営をすることで、組織の方向性をメンバーが確実に共有できる企画・運営を行ってまいります。また、JC手帳やJC名刺、基本資料の作成、会員専用ホームページの運営といった、日々のJC活動・運動に不可欠となる基本ツールにおいては、確実な情報の確認と管理に取り組み、それらの伝達と共有を図ることで、メンバーの円滑なJC活動・運動に寄与してまいります。そして、公益法人格移行に向けて、より公共性と透明性のある組織へ進化するため、新しい運営基準の検証と確立を行い、組織運営の新しいあり方を模索・実践することで、未来の鹿児島JCの基礎を築くべく取り組んでまいります。

組織の潤滑油として、すべての活動・運動の下支えとなることが、メンバーからの信頼と、「笑顔溢れる鹿児島、日本、そして世界に向けて」一丸となった組織、更には力強い運動に繋がると確信し、鹿児島JCの組織運営を、責任をもって遂行いたします。

渉外委員会

委員長:有村 勝友

これまでの鹿児島JCの地域社会の発展のための運動・活動は、社会の負託に応える組織として、これからもますます発展していかねばなりません。だからこそ、その過程で生まれる様々な外部やメンバー同士の関わりがもたらす、メンバーの「JCは公益的な組織」という認識や理念の共有、各自の成長が重要となり、これまで以上に細やかでしたたかな外部交流やメンバーに対する機会の拡大と参加意識の向上の促進が必要だと確信します。

それ故に、渉外委員会は、外部との交流が円滑に行われるように対応すると同時に、全てのメンバーに平等に提供される機会を、それぞれに能動的にとらえてもらい、積極的に参加する意識の向上を促し、より多くのメンバーの成長に繋げていかなければなりません。そのために、外部に対しては、これまで以上に細やかな交流と充実したコミュニケーションを展開できるよう努め、鹿児島JCの魅力を充分に発揮できるような設えをし、円滑な対外関係の構築を心掛けてまいります。そして、JC内での各種大会・セミナー・事業などの情報を詳細かつ多岐にわたり前もってメンバーに提供しながら、細やかな配慮を持って諸手配関係を充実させることによって、メンバー一人ひとりのよりよい成長機会の拡大を図り、さらに広範囲な個々の成長に繋がるよう努めてまいります。これらによって、鹿児島JCの信望を高めながら、さらに活発で有意義な外部との交流と信頼関係の醸成を図る一翼となると同時に、メンバー同士の関わりを緊密にし、互いに刺激し、自らの成長を促しながら、ベクトルが揃った活動意欲とJC意識の向上と拡大に繋げてまいります。

「出会い」「気づき」「成長」を促す交流機会の拡大によって、鹿児島JCメンバー同士の相互の信頼と協働が生まれます。そして、組織や地域社会における優れたリーダーとなり、より良いまちづくり、ひとづくりが具現化され、豊かな鹿児島の創造に繋がります。