室・委員会方針

アカデミー室

室長:永井 大之

鹿児島青年会議所では、これまで次世代を担う青年が集い、個人の開発・社会開発のための運動を通じて、個人の修練を重ねてきました。今日のように混沌とした多様化の時代にこそ、どのような激動の変化にも対応できる、公共心あふれる自立した個人であるJAYCEEの確立が必要だと考えます。私たちはこれまで以上に、より力強くそして広く青年会議所運動を展開していくために、個人の能力をさらに鍛えていく必要があるのです。

アカデミー室は、「明るい豊かな社会」の実現に向け、広い視野をもち、みんなのために青年会議所運動に取り組める、公共心と自立心のあるひとづくりを進めていきます。運動を展開していくうえで必要な精神・知識・技能を身につける為の学習の機会を提供し、メンバー自らが率先して諸運動へ積極的に参加する様会員意識を醸成するとともに、人間力を高める研修に取り組んでまいります。また、アワード申請は各委員会と各人の活動を見つめなおす事ができるため、参加推進とその取り組みをサポートしてまいります。我々青年は、柔軟な思考とスポンジのような吸収力を持ち、多くのことを経験の中から学ぶことが出来るはずです。日々の仕事のみならず青年会議所運動・活動においても積極的にチャレンジし修練を重ね、率先して地域活動にも参加・貢献できる人間として周囲によりよい影響を与えることができる存在となるよう、人間的な成長と自身のスキルアップに取り組んでいきましょう。私たちの力が、地域の中でより良く発揮されるならば、鹿児島青年会議所はこれまで以上に、地域に貢献し地域から求められる団体となるはずです。

常に前向きな活動ができるjayceeが鹿児島青年会議所の中で増加することで、私たちの活動はこれまで以上に活発になり、私たちJAYCEEが、地域の中で活躍できるリーダーとして成長し輩出されるならば、私たちの地域は必ず活性化すると確信します。

JAYCEE確立委員会

委員長:寺師 誉祐

今日の混沌とした時代から、確かな時代を築いていくためには、様々な社会の変化に対応できる魅力あるリーダーが求められます。だからこそ、我々青年は、社会の一員として何ができるかを考え、行動していかなければなりません。青年会議所のひとづくり・まちづくり運動を通して、「みんなのために率先して行動できる、自立心と公共心を兼ね備えた地域のリーダー」であるJAYCEEを育成し、確立していくことが必要だと考えます。

JAYCEEを育成・確立するには、まずは積極的なJC活動への参加が求められます。その為には、「JCを好きになる」ことが重要です。JAYCEE確立委員会では、新入会員がJCの意義・目的を理解し、メンバーとしての必要な精神・知識・技能を身につけ、共通の理念を持つ為に新入会員研修を実施します。新入会員研修を、新たな気づきを得る場とし、JCを好きになり積極的にJC運動へ参加できるJAYCEEの育成・確立に取り組んでまいります。また、JCでは例会・総会など先輩会員との交流を深める様々な機会があります。それらの機会を活用し、先輩からの助言や指導を基にJAYCEEとしての更なる気づきを得て、新入会員が積極的にJC運動に参加できるようサポートしていきます。そして、新入会員が次年度以降も一致団結して、積極的にJC運動に参加していくような動機付けと、JAYCEEとしての心構えの再構築を目的に後期研修を実施します。後期研修では、JCに入会して得た新たな気づきを再度考え直し、物事の本質を見抜く力・目標を実現する力等、JAYCEEとしての総合的な能力の向上を図る場とします。
 
 新入会員が積極的にJC運動に参加することで、様々なことに気づくはずです。JC活動で得た気づきを、社会に還元する事が出来るJAYCEEを育成・確立し、多く輩出することが、笑顔溢れる鹿児島の実現に繋がっていくものと確信します。

頼れるリーダー創造委員会

委員長:成沢 元志

激動の時代と呼ばれる今日、鹿児島JCの運動においても、多様化する社会の変化に対応できる強いリーダーが求められます。より良い地域社会を築く為には私たち個人の成長が重要です。地域に根ざした公益運動を展開する私たちは、家族・企業・地域の一員として、自分の果たすべき使命は何かを自問し、現実から目を背けない確固たる信念を持ち、実践し続けることができる説得力ある指導者、すなわち「頼れるリーダー」であるべきです。 

そこで頼れるリーダー創造委員会では、公の場で発言したことに責任を持つという、社会人として当たり前のことを実践するために、己を律することの大切さを学び、指導者としてだけではなく、社会の模範となる人材の育成を目指します。青年会議所には長い年月をかけて培った経験と、多くの研修プログラムがあります。この先輩たちから受け継いだ貴重な財産を活かし、JC運動の原動力となるのはメンバーであると考え、私たち自身の力を最大限発揮でき、自らを見つめ直し、確固たる信念を持った自分自身と出会う為に、今日の時代に合った、人間力を高める研修プログラムを実践します。地域を動かすには、まず己が行動すること、地域を変えるには、まず己が変わること、自分を見つめ改革することで「自立性」と「公共性」を兼ね備えた、地域から必要とされるひとづくりに取り組んでまいります。さらに、JCIアワード・国内褒章への申請をサポートし、鹿児島JCの取り組んだ事業を見つめ直す過程において、JC運動へ参加する意義・目的への理解を深め、積極的な参加意識を醸成すると同時に、事業のさらなる向上の一助とします。

JAYCEEが地域・人の為に自分づくりの定義を明確にし、「知行合一」を実践することで、一人ひとりが小さなコミュニティーのリーダーとなり、「率先して行動する」ことが、地域の活性化ひいては私たちの目指す、「笑顔あふれる鹿児島」実現に繋がると確信します。