室・委員会方針

かごしまデザイン室

室長:石原 美貴

我々は「青年」である事を忘れてはなりません。そして、「未来」を背負っている事を常に意識しなければなりません。だからこそ、様々な事業を展開する時、過去にとらわれ過ぎず、視野を広げ大局観を持ち、チャレンジする事こそJAYCEEとしての使命だと考えます。当室では、鹿児島の未来をしっかりと捉え、鹿児島の明るい未来へ働きかけ、誰からも愛される鹿児島のまちをデザインして参ります。

鹿児島のまちづくりを考える時、鹿児島は来未への可能性を豊富に抱えた特異な地域です。他県と比べても、贅沢なくらい素材は豊富にあります。しかし、あまりにも身近にある為その特異性を認識しながらも、活かしきれていないのが現状ではないでしょうか。昨今地方主権が声高に叫ばれ、また九州新幹線も全線開通します。鹿児島市民も「我がまち」に責任を持って自立しなければならない時代になって参りました。今こそ、鹿児島JCが率先し我がまち鹿児島の明日を真剣に考え、住民目線で地域一体となり、更に交通の利便性を活かし鹿児島の明るい未来を創造し行動しなければならないと考えます。その為に様々な団体や行政などと連携しながら、地域住民が自分達のまちの未来について考える場を拡充し、地域住民が主体性を持って行動できるよう活動して参ります。そして他県からも鹿児島と言えば「錦江湾・宇宙」という意識の定着に向け邁進して参ります。そうする事で、「鹿児島」に愛着が育まれ意識変革がおこり、地域住民が活き活きと協和する公共性豊かな市民運動へ発展し、鹿児島の新たな未来が創出されると考えます。

一市民である我々JAYCEEが、地域住民と絆をしっかり構築し連携する事で、地域を動かす原動力となり、地域の未来を照らす希望の輝きとなります。それは、鹿児島の新たな未来が創造される事であり、「笑顔溢れるまち鹿児島」の実現となると確信します。

海を活かしたまちづくり委員会

委員長:岩下 浩二

鹿児島に住む我々は、錦江湾を心の故郷として多大なる恩恵を受け生活をしています。また、有形資源としても他の地域では見られない貴重な存在でもあります。過去、鹿児島JCにおいても、まちづくりの一助として"海"というテーマをもとに様々な活動に取り組んできました。我々は鹿児島JCに脈々と受け継がれる"海"に対する愛情、誇り、情熱、成果を更に向上させ、新しい鹿児島のまちづくりに寄与する必要があります。

今年度、鹿児島においては新幹線全線開通や錦江湾の国立公園化となる運動など、更なるまちの進化が加速しようとしています。日本中からの注目度も高いこの機会を逃さず、我々JCが率先し市民運動を牽引する先駆者となる事が必要です。錦江湾は観光・文化・教育・経済・生活など様々なステージでとして十分に活かせる環境にあります。この錦江湾というすばらしい資源なくして、鹿児島のまちづくりを成し得ることはできないのではないでしょうか。その為にも我々はまず、錦江湾と鹿児島を取り巻く現状と錦江湾に秘められた潜在的な優位性を十分理解し、まちづくりにおける錦江湾の可能性を最大限に輝かせます。それには鹿児島JCと地域住民がそれぞれ持つ知識、経験を余すところなく発揮し協働することで相乗効果による新たなまちづくりを生みだす事が必要です。今、我々JCに求められているのは、何事にも代え難い錦江湾に対し熱い情熱を持ち続け、明日へ繋ぐ提言を絶え間なく行う事だと考えます。そうした気概をこれまで以上に奮い立たせ、錦江湾を鹿児島の輝ける未来の象徴という定義付けを成就させる運動を行って参ります。

我々が目指すまちづくりは、地域住民が心の故郷である錦江湾に今まで以上に揺るぎない愛と誇りを感じていく事です。それは、錦江湾を学び、感じ、守ることで、更に発展した"錦江湾のあるまち鹿児島"となり、笑顔溢れる鹿児島を築く事が出来ると確信します。

宇宙を活かしたまちづくり委員会

委員長:益満 秀光

私たちのまち鹿児島には、宇宙、天文に関する施設、また星空のきれいに見えるまちなど宇宙を身近に感じることのできる環境が多数存在しているにも関わらず、まちづくりに活かされていないのではないでしょうか。この恵まれた環境を日常でも意識し、市民が宇宙に対し興味と関心を深め、郷土鹿児島に誇りを持ち、鹿児島の新しい文化として認識される事で、宇宙を鹿児島のアイデンティティとして確立できると考え活動して参ります。

我々、宇宙を活かしたまちづくり委員会は、宇宙という地域特性を活かし夢溢れるまちづくりに取り組み、継続されるべき目的意識を認識し活動して参ります。この恵まれた環境に住む私たちは、宇宙の素晴らしい魅力や無限に広がる可能性などを、常に意識し合う事が大切であり、誰もが宇宙に思いをはせ夢膨らむ事業を展開する事が必要だと考えます。そこで、本委員会では、地域住民が宇宙という無限の可能性に触れ、宇宙を身近に感じ楽しんでもらえる、そんな夢溢れるまちづくりを目指し活動して参ります。そして、宇宙というすばらしい魅力を身近に感じるためには、まず、宇宙との関連性に触れ、鹿児島に世界トップクラスの技術が存在している事を知り、興味と関心を持ち楽しんで参加できる事業を展開して参ります。また、2011年九州新幹線全線開通、2012年金環日食と全国から注目度の高いこの機会を更に活かし、産官学と連携しながら宇宙の魅力を、様々な分野から発信し活動して参ります。そうする事で鹿児島の経済・学問・教育・環境・国際化にも大きく影響し鹿児島の発展に寄与するものになると考えます。

本委員会が取り組む夢溢れるまちづくりは、誰もが宇宙と言えば鹿児島とあたり前のように身近に感じ、「宇宙に近いまち鹿児島」として認識される事で、私たち鹿児島JCが目指す、笑顔溢れるまち鹿児島の実現となり、明るい豊かな社会に繋がると確信します。