KJC News Entry

鹿児島祇園睦会 おぎおんさぁ反省会

IMG_7876.JPG9月9日(日)、ジェイドガーデンパレスにて「おぎおんさぁ報告会・反省会」が開催されました。これは、一番神輿から十番神輿、捌き方、笠鉾の「おぎおんさぁ」関係者が一堂に会し、今年のおぎおんさぁのさまざまな反省と来年へ向けての結束と交流を図る為行われました。

 

IMG_7886.JPGまずはじめに、鹿児島祇園睦会 柳田弘志総代より「今年は神輿も一番神輿から、十番神輿までの十体となり、また鹿児島市の民族無形文化財の指定も受け、ますます鹿児島を代表する祭りとなりました。一番御輿は神輿の上には乗れませんでした。しかしそれ以上の熱い思いが乗っていたような気がいたします。来年も、すべての神輿が熱い想いを今年以上に持って、鹿児島をもっともっと元気にしましょう。」と挨拶がありました。

 

 

IMG_8000.JPGその後、反省会と報告会が始まりました。各御輿関係者は壇上に登壇し、今年の反省、また感謝の意を伝えていました。

一番御輿の挨拶では公益社団法人鹿児島青年会議所 郷土づくり委員会委員長 大渕脇正太君より「本年も、皆様方のご理解とご協力のおかげをもちまして無事着幸祭を迎えることが出来ました。ありがとうございました。我々青年会議所は一年ごとの役割任期制で頭を交代していきます。自分としましては、今年一年何事にも精一杯向き合い、取り組みさせていいただき自分自身大変成長できた一年となりました。この思いと本日までの反省点を着実に次に繋げ来年も、もっともっとすばらしい御輿をあげることをお約束します。」とすべての方々への感謝の挨拶がありました。

 

そして最後は全員でおどま薩州を謡い、1本締めにて反省会は終了となりました。

来年度のおぎおんさぁも、今年以上の盛り上がりで鹿児島のまちに元気を与えてくれることでしょう。

  • 記事:溜 伸康
  • 撮影:溜 伸康