KJC News Entry

JCI副会頭 ジャック・シャオ君 来鹿!

10月9日(火)、城山観光ホテルにおいて、JCI2012年度日本担当副会頭であるジャック・シャオ君(JCI台湾)が来鹿しました。

IMG_8753.JPGこのJCI副会頭公式訪問は毎年、春と秋年2回毎年行われており、今年は春に震災後の東北地方の視察、そして今回は新設LOMである屋久島青年会議所の訪問が目的でおこなわれ、それに合わせ、公益社団法人鹿児島青年会議所のメンバーに向けて、JCI副会頭公式訪問懇談会が行われました。

IMG_8759.JPGまず始めに、公社団法人鹿児島青年会議所 第58代理事長の野元一臣君から「ジャック・シャオ君の出身国であります台湾におかれましては、昨年3月11日、私たちの国を襲いました東日本大震災において、どの国よりもいち早く、支援の手を差し伸べていただきました。そして今も尚、沢山の支援をいただいております。その台湾で来月JCI世界会議が開催されます。私たちは日本に住む一員として、感謝の意を抱き、多くのメンバーで台湾の地を訪れたいと思います。また、昨今世界との結びつきが強まる中、JCIとしての運動を学べるこの機会は、私たちにとって大変重要なことだと思います。本日は限られた短い時間ですが、どうぞ宜しくお願い致します。」と挨拶がありました。

IMG_8772.JPG続いてジャック・シャオ君の講話に移り、「鹿児島JCの皆様、本日は鹿児島JC主催の懇談会にお招きいただきまして、誠にありがとうございます。全世界は皆同じ兄弟姉妹のように繋がっています。そして私が皆さんにお伝えしたいのは、自分たちが信じて行動すれば、それはすべて可能になるということです。不可能なことは絶対にありません。それを信じて活動してください。そしてJCIに関わることによって4つの機会を得られ、また、必ず自己成長が出来ます。JAYCEEとして、自分のもっている潜在能力をもっと引き出すためにも地区や日本さらにJCIへのチャレンジを強くお勧めします。そして最後に、11月世界会議が台北の地で開催されます。是非多くのメンバーの皆さんとお越しください。心よりお待ちしております。」とお話をいただきました。

そして参加者は、鹿児島での活動において学ぶことの出来ないことや、世界に目を向けた活動がこれからはもっと必要になることの「気づき」を得られました。また、JCでの活動を通じて得られる価値観やその思いは全世界共通であるとの認識を感じることが出来たのではないでしょうか。IMG_8780.JPG

最後は全員で記念写真を撮り懇談会は終了となりました。

 

IMG_8794.JPG