KJC News Entry

第67回世界会議 台北大会

 

IMG_9415.jpg第67回JCI世界会議台北大会が11月18日(日)から24日(土)に亘って台湾は台北の地で開催されました。世界会議とは、毎年、原則的に11月第1週に、開催地を変えて開かれる、JCIにとって最も重要な会議です。会議期間には、NOM会頭会議、常任理事会、理事会、総会といった組織運営に関する会議、世界会議スローガンに基づくセミナー、会員の資質向上を目的とした各種セミナー、分科会が開催されます。同時に「個人」、「地域社会」、「マネージメント」、「国際性」といった、JCIの理念を広めるための褒賞(アワード)、あるいはTOYPプログラムも開かれ、高い人気を得ています。そして、開会式、各種セレモニーが世界会議に華をそえ、会頭招待レセプション、GALA、また、ジャパンナイトをはじめとする各NOMナイトが、参加会員の友情を深め友好の輪を広めます。本年度は公益社団法人鹿児島青年会議所より、公益社団法人日本青年会議所国際グループJCI関係委員会ならびにアジアアライアンス確立委員会をはじめとする複数の出向先に多くのメンバーを輩出しています。出向メンバーは開催に先立って台湾の地に入り、この世界会議の準備・運営において尽力し、世界の舞台で誇りある鹿児島のメンバーとして存在感を発揮していました。
 
 
 
IMG_9403.jpgジャパンナイトにおいて鹿児島JCブースの出展を行うということもあり、公益社団法人鹿児島青年会議所からも多くのメンバーが台北の地に渡りました。
11月21日(水)7時30分よりHQ(大会本部)である圓山大飯店にて行われました日本JC早朝会議に、公益社団法人鹿児島青年会議所第58代理事長 野元一臣君をはじめとする鹿児島JCメンバーが参加しました。
 
 
IMG_9405.jpg日本JC早朝会議においては公益社団法人日本青年会議所第62代会頭 井川直樹君より「国難と言われる未曽有の大惨事となった昨年3月13日の東日本大震災に際し、台湾は世界中のどの国よりも多くの応援を送ってくれた国です。台湾で出会うすべての人にありがとうの気持ちを伝えてほしいと思います。
そして、“We are fine,Thank you”のメッセージを届けるため、この世界会議で日本JCのメンバーすべてが大いに活躍され、またこの世界会議を心から楽しんでいただけることを願います」と挨拶されました。
 
IMG_9411.jpg またこの日本JC早朝会議は公益社団法人日本青年会議所国際グループJCI関係委員会の設えによるものでありJCI関係委員会副委員長として鹿児島JCより出向している山田拓也君も司会の一部を担い、次年度JCI副会頭として当選した本年度公益社団法人日本青年会議所JCI関係委員会委員長 天木一貴君の紹介を堂々と行っていました。
 
 
 
IMG_9445.jpg11月21日(水)21時よりTaipei Expo Park(台北花博公園)にて開催されたジャパンナイトに鹿児島JCからもブースを出展し、鹿児島の伝統的郷土菓子である「両棒餅」を振る舞いました。また鹿児島のポスター掲示、中国語や英語で記載された鹿児島案内パンフレットの配布も行い、世界中のJCメンバーが集まるジャパンナイトの舞台で大いに鹿児島をPRしていました。理事長をはじめとする多くの参加メンバーが積極的に海外メンバーと交流し、大いに国際交流の機会を満喫しました。
 
今年3月に台北鹿児島直通航空便が就航し、また九州新幹線開通も併せて台湾だけでなく東アジア全体がぐっと身近になった鹿児島から、今後も世界に向けて多くのメンバーが活躍し、鹿児島の魅力を発信していくことが期待される、その発端となるような世界会議台北大会参加となりました。
  • 記事:巽 誠宣
  • 撮影:巽 誠宣