Category Archives

地域ビジョン起草委員会

11月例会「私たちがめざす鹿児島・私たちがめざすJC」

11月27日(火)城山観光ホテル サファイアホール飛鳥の間にて、11月例会「私たちがめざす鹿児島・私たちがめざすJC」が開催されました。

この11月例会「私たちがめざす鹿児島・私たちがめざすJC」は、地域ビジョン骨子(案)を鹿児島青年会議所会員全員で共有する意識を醸成し、
会員のまちづくりへの意欲・使命感を高め、鹿児島の地域の自主・自立にむけて行動する人材を育てることを目的として、開催されたものです。

IMG_9497.JPG

 はじめに公益社団法人鹿児島青年会議所第58代理事長 野元一臣君より、「間もなく総選挙が公示されますが、鹿児島青年会議所の理事長として現在の政治・政党に関してどう思うか意見を求められる機会が多くなってきました。なぜ、あえて20歳から40歳までのこの団体に意見を求めてくるのか?それは、次世代に対して責任を持とうとする姿が期待されているのではないかと思います。私は今年度様々な場面において、JCがいろいろな場面で沢山の方々から期待をされていることを実感して参りました。JCは真剣にやればやるほど多くのことが得られる、無限の可能性を秘めています。歯を食いしばって頑張ってもらいたい。また、この鹿児島と言う地域に根を張って生きていきたいと思ってもらえる地域を、次世代を作ることが、我々のあるべき姿だと思います。本日の例会が、お互いに考える良い契機になることを願っています。」と挨拶がありました。

 

 続いて地域ビジョン起草委員会委員長 藤崎剛君より、IMG_9516.JPG 「ビジョンとは辞書を紐解くと、将来の見通しのことと書いてあります。個々人にも人生の計画が、会社にも経営計画があり、それぞれビジョンと言えるでしょう。そしてそのビジョンを実現するために、各自が行動していくわけです。
JCも同じです。鹿児島の街づくり、未来像を大いに語り、行動できる団体だと信じています。
JCは単年度制という特徴があり、時代の変化に即した事業を行えるという長所がある反面、目先に目を取られがちという短所もあります。だからこそビジョンが必要なのです。本日はこの地域ビジョンの骨子案の策定経過ならびに内容を紹介するとともに、お互いに積極的な意見交換を行いたいと思います。積極的な参加をお願い致します」と趣旨説明ならびに挨拶がありました。

 

 

IMG_9532.JPG

 

 

そして地域ビジョン起草委員会 前田忠倫君よりこの地域ビジョン(骨子)の策定経過について、地域ビジョン起草委員会副委員長 保岡宏武君より骨子案の内容について説明がありました。

 

 

 

 引き続いて地域ビジョン骨子の5分野をもとにして、各委員長の経験をもとに、今後のJCの行動計画=アクションプランにつながる意見交換が行われました。

IMG_9591.JPG

IMG_9761.JPG

IMG_9811.JPG

 

 

 

 

 

 

分野1「鹿児島の良さを知る人であふれるまち」
分野2「情報の受発信力のあるまち」
分野3「恵まれた自然条件を守り、活かすまち」
分野4「東アジアで存在感のあるまち」
分野5「多様なひとのつながりのあるまち」
それぞれの分野について、今年度担当事業で密接なかかわりを持つ各委員長が、体験を踏まえて意見交換を行いました。

 

 最後に公益社団法人鹿児島青年会議所監事吉丸安治君より「今回は非常に重厚な難しいテーマの例会でしたが、堅苦しすぎず楽しい例会でした。少し残念だったのが、骨子案は多くのメンバーが初めて見るものなので、内容の説明がもう少しあるとより分かり易かったのではないかと思います。ぜひ本日使用した資料を、後日各委員会に配布して頂き、メンバー全員がよく理解し、生かせるようにして頂きたいと思います。

IMG_0003.JPGのサムネール画像

さて今年度も残りわずかです。振り返って如何だったでしょうか。JC活動に一生懸命取り組んだと言える方もいれば、仕事の関係などでそういかなかったという方もいるでしょう。良かったことも悪かったこともあると思います。ぜひ来年の自分に引き継いで、今後のJC活動に生かし、励んで頂きたいと思います。今年度で卒会される方は、後輩たちに伝えきれていないことをしっかりと引き継いでいただければと思います。」と監事講評があり、閉会となりました。

 

 この骨子案をもとに、来年度は地域ビジョン策定、そしてKJCアクションプランの策定へと移ってまいります。
われわれ鹿児島JCメンバー全員が、大いにこの鹿児島のまちづくりのあるべき姿を大いに語り、
その実現のために鹿児島JCはどうあるべきか改めて考え、共有していきたいと思います。


以上 

  • 記事:下鶴 隆夫
  • 撮影:和田 康伸

第4回まちづくり事業推進支援会議

IMG_9279.JPG10月30日(水)ジェイドガーデンパレスにて、「第4回まちづくり事業推進支援会議」が行われました。本日の議題として

1.地域ビジョンの骨子(案)について

2.「ASPAC」について

と2案の議題についての説明、質疑応答が行われました。

 

 

IMG_9267.JPGまず、公益社団法人鹿児島青年会議所第58代理事長 野元一臣君より「いよいよ2012年も残すところ、2ヶ月を切りました。本年度と次年度が錯綜する中、今が非常に大事な時期となっております。また我々は、今国政が揺れ動く中、この国と鹿児島のことを考え、地域を担う一人ひとりとしてのリーダーの資質を高めなければなりません。そのためにも、青年経済人として、地域の未来を考えて本日の会議をしっかりとした思いと認識を持ち、取り組んでもらいたいと思います。」と挨拶がありました。

 

IMG_9272.JPGまた議長挨拶では、鹿児島青年会議所副理事長 小牧正英君より「まちづくり支援会議もいよいよ第4回となりました。今回の地域ビジョン起草委員会のビジョン起草を、本日皆様に考えて頂き、来年そして60周年から先への鹿児島青年会議所として取り組むべきビジョンとして成立します。本日の会議の内容を是非委員会へ持ち帰りメンバーへお伝えしていただきたいと思います。皆様よろしくお願いいたします。」とありました。

 

IMG_9273.JPGそして、地域ビジョン起草委員会によるビジョン起草についての協議が始まりました。地域ビジョン起草委員会 藤崎剛委員長より、鹿児島の現状のメリット・デメリットについてご説明があった後、今後の骨子の案についての意見交換がありました。委員長はもちろんのこと、担当副委員長からも活発なご意見や質問が飛び交い、有意義な会議となりました。

 

 

IMG_9281.JPG次に、地球と鹿児島室室長 山田拓也 君より「ASPAC」について意義、目的などについて説明がありました。そして、山田室長は「鹿児島と海外の交流の場を今後も増やしていきたいと考えております。そのためにも皆様に日本JCへ是非多くの出向をしていただき、国際交流の楽しさ、また重要性を感じてもらいたいと思います。」と締めくくり、思いを伝えていました。説明がありましたと熱い

 

IMG_9284.JPG最後に、監事講評で丸山監事より、「早いもので第4回まちづくり支援会議を迎えることになりました。今後の地域ビジョンについて一人ひとりが考える段階です。未来に自分たちの思いをしっかりと伝えられるように取り組まなければなりません。また、私は、鹿児島青年会議所に入会し、「姉妹JC」して交流を行っている韓国(利川)へ訪問したことが、これまでで2回目の海外への経験でした。日本を出てみて、あらためて日本の素晴らしさを感じました。皆様もぜひ海外へ行ってみて、一人でも多く、国際交流の風を感じて頂きたいと思います。」と監事講評がありました。

今回の会議は、今後の地域の未来について改めて考える機会になったと思います。一人ひとりが心にビジョンを描き、地域交流・国際交流を積極的に推進し、鹿児島を未来へ繋ぐ活動を続ける思いを共有して今後も取り組んでくれることと強く思いました。

  • 記事:溜 伸康
  • 撮影:川畑 直之

2012年度第3回まちづくり事業推進支援会議

9月14日(金)城山観光ホテルパーティーホールにて、2012年度第3回まちづくり事業推進支援会議が開催されました。

今回の会議は、地域ビジョン起草委員会の担当により、現在鹿児島青年会議所として策定中の「地域ビジョン」「KJCアクションプラン」骨子策定に当たり、広く会員のアイディアを募るという目的で行われました。

DSC00796.JPGはじめに公益社団法人鹿児島青年会議所第58代理事長 野元一臣君より、
「本日はお忙しい中お集まり頂き有難うございます。昼にTVで自民党総裁選立候補者のスピーチを見ていました。各々ビジョンを語っておられましたが、それに対する視聴者からのFAXは、「他人任せ」のものが多く大変ショックを受けました。いわば「総論賛成、各論反対」になっており、今後の国の方向を考えていく上で、われわれ市民の責任意識が重要ですが、それが希薄化しているように思えてなりません。このことが、最近の選挙の低投票率となって現れているのではないでしょうか。そして、国民皆希望の持てる明確なビジョンを求めていることは、共通しているのではないかと思います。われわれJCは40歳までの青年の集まりであり、市民の方や先輩方から見れば少々荒削りで青臭いかもしれませんが、地域、国家、そして世界のビジョンを磨き上げていくこと、そして青年らしく行動し発信していくことが重要だと考えます。
 本年度「地域ビジョン起草委員会」を設置し、藤崎委員長以下委員会メンバーの皆様に頑張って頂いています。鹿児島JCとしてのビジョン策定に向け、委員会でしっかりと議論を重ねて来頂いております。本年度のしめくくりに向け、「地域ビジョン」の骨子を固めていくにあたり、委員会メンバーだけでなく、広くメンバー全員に参画して頂きたいと思います。ぜひご協力宜しくお願い致します。」と挨拶がありました。

DSC00804.JPG続いて本日の議長である鹿児島青年会議所副理事長 小牧正英君より、
「鹿児島青年会議所60周年も間近に迫っていますが、この「地域ビジョン」の担当委員会だけでなく、メンバーの皆様に知恵を出し合って頂いて、ぜひ活発な議論をお願い致します」と挨拶がありました。

 

 

 



DSC00806.JPGそして鹿児島青年会議所地域ビジョン起草委員会委員長 藤崎剛君より、
「本日はグループワークで皆様からどんどん意見を出して頂きたいと思います。それが、これから策定するビジョンの礎になります。また来週委員会の場でもメンバーの皆様にアンケートを行いますが、ぜひ本日お集まりの皆様にはその中心になって頂きたいと思います」と、議論の内容、参加者に期待することの説明が行われました。

 

 



DSC00810.JPGDSC00812.JPG

 

 

 

 

 

 

グループワークに先立ち、地域ビジョン起草委員会副委員長 保岡宏武君より、これまで鹿児島JCが提言を行ってきた提言書の紹介ならびに内容分析の紹介が行われました。
またあわせて鹿児島JCが出した提言書の中から、「中央駅屋台村」「中央駅西口バスターミナル」「NPO、ベンチャーへの事務所提供・助成」など現在実現しているものについて紹介がありました。

DSC00819.JPGDSC00822.JPG
その後参加者は6~8人程度のグループに分かれ、
「100年後に自分が当事者となって行動出来たとして、『復活させたい鹿児島の良さ』とは何か?」
「今後鹿児島JCが事業を行うに当たり、市民の皆様に説得力を持つためには、われわれにどのような姿勢・取り組みが必要か?」
というテーマについて、各自アイディアを出しそして、意見として出たアイディアをグループで3つに絞り、選んだ理由とともに発表を行いました。各グループとも、鹿児島JCの将来、鹿児島の地域の未来について様々な意見が飛び交い、積極的な意見交換が行われました。

DSC00829.JPG最後に公益社団法人鹿児島青年会議所監事 丸山勲君より
「皆様長い時間にわたり活発な議論、おつかれさまでした。2時間があっという間に過ぎる、非常に楽しい会議でした。今はそれぞれの夢物語で良いと思います。これだけ楽しい時間をみんなで共有できたことを忘れず、これからメンバー全員でビジョンを策定していければと思います。今後策定されるビジョンがわれわれ鹿児島JCにとって道しるべとなり、メンバーひとりひとりの指針となることを願います。」と監事講評があり、閉会となりました。


 

参加したメンバーは、お互い大いに夢を語る時間は非常に楽しい様子で、また他のメンバーの様々なアイディアを聞くことは、非常に勉強になりそして刺激となったようでした。これからの地域ビジョン策定、どんな内容になるのか大変楽しみです。


以上

  • 記事:下鶴 隆央
  • 撮影:渡邉 卓真
  • 1
  • 2