Category Archives

鹿児島JC

第4回まちづくり事業推進支援会議

IMG_9279.JPG10月30日(水)ジェイドガーデンパレスにて、「第4回まちづくり事業推進支援会議」が行われました。本日の議題として

1.地域ビジョンの骨子(案)について

2.「ASPAC」について

と2案の議題についての説明、質疑応答が行われました。

 

 

IMG_9267.JPGまず、公益社団法人鹿児島青年会議所第58代理事長 野元一臣君より「いよいよ2012年も残すところ、2ヶ月を切りました。本年度と次年度が錯綜する中、今が非常に大事な時期となっております。また我々は、今国政が揺れ動く中、この国と鹿児島のことを考え、地域を担う一人ひとりとしてのリーダーの資質を高めなければなりません。そのためにも、青年経済人として、地域の未来を考えて本日の会議をしっかりとした思いと認識を持ち、取り組んでもらいたいと思います。」と挨拶がありました。

 

IMG_9272.JPGまた議長挨拶では、鹿児島青年会議所副理事長 小牧正英君より「まちづくり支援会議もいよいよ第4回となりました。今回の地域ビジョン起草委員会のビジョン起草を、本日皆様に考えて頂き、来年そして60周年から先への鹿児島青年会議所として取り組むべきビジョンとして成立します。本日の会議の内容を是非委員会へ持ち帰りメンバーへお伝えしていただきたいと思います。皆様よろしくお願いいたします。」とありました。

 

IMG_9273.JPGそして、地域ビジョン起草委員会によるビジョン起草についての協議が始まりました。地域ビジョン起草委員会 藤崎剛委員長より、鹿児島の現状のメリット・デメリットについてご説明があった後、今後の骨子の案についての意見交換がありました。委員長はもちろんのこと、担当副委員長からも活発なご意見や質問が飛び交い、有意義な会議となりました。

 

 

IMG_9281.JPG次に、地球と鹿児島室室長 山田拓也 君より「ASPAC」について意義、目的などについて説明がありました。そして、山田室長は「鹿児島と海外の交流の場を今後も増やしていきたいと考えております。そのためにも皆様に日本JCへ是非多くの出向をしていただき、国際交流の楽しさ、また重要性を感じてもらいたいと思います。」と締めくくり、思いを伝えていました。説明がありましたと熱い

 

IMG_9284.JPG最後に、監事講評で丸山監事より、「早いもので第4回まちづくり支援会議を迎えることになりました。今後の地域ビジョンについて一人ひとりが考える段階です。未来に自分たちの思いをしっかりと伝えられるように取り組まなければなりません。また、私は、鹿児島青年会議所に入会し、「姉妹JC」して交流を行っている韓国(利川)へ訪問したことが、これまでで2回目の海外への経験でした。日本を出てみて、あらためて日本の素晴らしさを感じました。皆様もぜひ海外へ行ってみて、一人でも多く、国際交流の風を感じて頂きたいと思います。」と監事講評がありました。

今回の会議は、今後の地域の未来について改めて考える機会になったと思います。一人ひとりが心にビジョンを描き、地域交流・国際交流を積極的に推進し、鹿児島を未来へ繋ぐ活動を続ける思いを共有して今後も取り組んでくれることと強く思いました。

  • 記事:溜 伸康
  • 撮影:川畑 直之

公益社団法人鹿児島青年会議所2012年度 10月例会

IMG_9093.JPG10月22日(火)19:00から城山観光ホテルにおいて、公益社団法人鹿児島青年会議所2012年度10月例会が開催されました。

 

 

 

IMG_9124.JPG今回の例会は、鹿児島青年会議所会員向けにコミュニケーション能力を磨く会員研修が行われました。

 

 

 

IMG_9106.JPG開会に先立ち、鹿児島青年会議所第58代理事長 野元一臣君から「私たちがJAYCEEであるためにコミュニケーション能力は必要不可欠であります。この例会を開催するにあたり、JCI公認トレーナーの小林先輩をはじめとする、日本JCのLOMサービス実践委員会の皆様にもお越しいただきお手伝いを頂いております。遠いところから我々鹿児島JCの為に誠にありがとうございます。皆様本日はしっかりと学び、自分のものとしていただきたいと思います。」と挨拶を行いました。

 

 

IMG_9114.JPG続いてJAYCEE確立委員会委員長 宮元龍一君から「青年会議所(JC)が掲げる明るい豊かな社会の実現には多くの市民から共感と参画を得ていく必要があります。その一つのきっかけとして、コミュニケーション能力を磨く必要があると考え、この例会を企画いたしました。会員の皆様にはこのセミナー通して楽しみながら気づきと学びを得ていただきたいと思います。短い時間となりますが、どうぞ宜しくお願い致します。」と例会の趣旨説明を行いました。

そして早速、会員研修が始まり、最初はどんな研修内容が行われるのかメンバーは一応に緊張した面持ちでしたが、コミュニケーションについてのグループ体験等を実践してみて、最後は皆何かの気づきや学びを得たのでしょう、非常にはつらつとした笑顔に変わっていました。

IMG_9153.JPG

IMG_9256.JPG

 

 

そして最後に公益社団法人鹿児島青年会議所監事  石原美貴君より「小林先輩と日本JC LOMサービス実践委員会の皆様、この例会ために遠くからお越し頂き、誠にありがとうございました。久々に大変面白い例会になったのではないでしょうか。コミュニケーションの原理を理解するセミナーを通じ、私自身JCをもう一度見つめ直す良い機会になったと思います。」と講評し、閉会となりました。

この例会を通じ、一人ひとりがJAYCEEとして、一人のビジネスマンとして、もう一度原点を見つめなおす良い機会となったのではないでしょうか。早速今日から明日から、この例会を通じての「気づきや学び」を実践してほしいと思いました。

  • 記事:渡邉 卓真
  • 撮影:溜 伸康

第61回全国大会 北九州大会

IMG_9057.JPG全国会員大会2012IN北九州大会が10月11日(木)から10月14日(日)に亘り開催されました。公益社団法人鹿児島青年会議所からも全国会員大会副主幹LOMとして多くのメンバーが北九州の地に馳せ参じました。

10月12日(金)は、13時半から「第140回総会」が北九州ソレイユホールにて開催されました。
総会では、小畑宏介次年度会頭候補者をはじめとする2013年度公益社団法人日本青年会議所人事案件が可決承認し、選任されるとともに、全28議案が可決承認されました。



IMG_8878.JPG続いて16時より、同じく北九州ソレイユホールにて「AWARDS JAPAN 2012 第1部」が開催されました。このAWARDJAPANは全国各地の青年会議所が行っている多くの事業の中から、特に優れたものについて、外部有識者審査員の声も踏まえた上で、それぞれの分野で表彰されるものです。
この「第1部」では各部門の優秀賞ならびに会頭特別賞の授賞式が行われました。
各地の青年会議所の素晴らしい事業、取り組みを見ていると、非常に大きな勉強になるとともに、とても刺激を受けることができました。

IMG_9019.JPGその後19時から、会場を勝山公園大芝生広場に移し「大懇親会(地域活性たからいち)」が開催されました。JC全国野球大会の表彰式、ゲストによるステージショーに引き続き、会場中には全国各地の青年会議所その他団体による、それぞれの地域の特産品を持ち寄って出展されたブースが立ち並び、それぞれの地域の魅力を全国の青年会議所の仲間をはじめ、多くの市民に大いにアピールしていました。鹿児島JCからもブース出展が行われ、「両棒餅(じゃんぼもち)」を振る舞い、海を活かしたまちづくり委員会(下入佐委員長)を中心に積極的に鹿児島のPRが行われ、ブースを訪れた方々から、大好評をいただきました。

IMG_9035.JPGそして2日目は、まずは、北九州ソレイユホールにて、メインフォーラム「日本の未来図~この国はどこに向かうのか~」が行われました。これは基調講演を元内閣総理大臣・衆議院議員 麻生太郎氏をお招きし、開催されました。これは、憲法改正問題に積極的に取り組んでこられた麻生太郎氏に、憲法という切り口から国家間や現代日本が直面する外交・国防などの諸問題について日本がどのような方向性で解決策を考えていくべきかということを講演いただきました。会場の座席はいっぱいとなり、立ち見をする聴衆で多くのメンバーや一般の方々で埋め尽くされました。

IMG_8245.JPG次に、大会式典が北九州メディアドームに場所を移動し、行われました。今年度日本青年会議所の活動報告や、次年度会頭候補者のスピーチ等がありました。この式典の中で、2012年度日本青年会議所井川会頭より「我々はひとづくりやまちづくりをする団体ではありません。我々を含め多くの人々の意識変革を行う団体です。」と力強くスピーチが行われ、全国の会員の皆が大きく感銘を受けました。

 

 

IMG_8279.JPGその後、卒業式が行われ、我々鹿児島青年会議所卒業生のメンバーも大きく手を振りメンバーへ感謝の意を示しておりました。

 

 

 

 

今日の全国大会に参加して、「未来に繋がる」JAYCEEとして皆、それぞれ責任を自覚し、先輩達の想いを今一度未来へ紡ぐ意味を確認した全国大会となったのではないでしょうか。

今後も青年らしい行動力と思いを持って「時代への挑戦」を続け、明るい豊かなまちを創造する活動に期待いたします。

IMG_9059.JPG

  • 記事:1日目 下鶴隆夫  2日目 溜 伸康
  • 撮影:1日目 下鶴隆夫  2日目 溜 伸康、永山亮平、淵脇正太郎