Category Archives

鹿児島JC

鹿児島祇園睦会 おぎおんさぁ反省会

IMG_7876.JPG9月9日(日)、ジェイドガーデンパレスにて「おぎおんさぁ報告会・反省会」が開催されました。これは、一番神輿から十番神輿、捌き方、笠鉾の「おぎおんさぁ」関係者が一堂に会し、今年のおぎおんさぁのさまざまな反省と来年へ向けての結束と交流を図る為行われました。

 

IMG_7886.JPGまずはじめに、鹿児島祇園睦会 柳田弘志総代より「今年は神輿も一番神輿から、十番神輿までの十体となり、また鹿児島市の民族無形文化財の指定も受け、ますます鹿児島を代表する祭りとなりました。一番御輿は神輿の上には乗れませんでした。しかしそれ以上の熱い思いが乗っていたような気がいたします。来年も、すべての神輿が熱い想いを今年以上に持って、鹿児島をもっともっと元気にしましょう。」と挨拶がありました。

 

 

IMG_8000.JPGその後、反省会と報告会が始まりました。各御輿関係者は壇上に登壇し、今年の反省、また感謝の意を伝えていました。

一番御輿の挨拶では公益社団法人鹿児島青年会議所 郷土づくり委員会委員長 大渕脇正太君より「本年も、皆様方のご理解とご協力のおかげをもちまして無事着幸祭を迎えることが出来ました。ありがとうございました。我々青年会議所は一年ごとの役割任期制で頭を交代していきます。自分としましては、今年一年何事にも精一杯向き合い、取り組みさせていいただき自分自身大変成長できた一年となりました。この思いと本日までの反省点を着実に次に繋げ来年も、もっともっとすばらしい御輿をあげることをお約束します。」とすべての方々への感謝の挨拶がありました。

 

そして最後は全員でおどま薩州を謡い、1本締めにて反省会は終了となりました。

来年度のおぎおんさぁも、今年以上の盛り上がりで鹿児島のまちに元気を与えてくれることでしょう。

  • 記事:溜 伸康
  • 撮影:溜 伸康

~かごしま~防災フェスタ2012

IMG_7916.JPG9月2日(日)、ウォーターフロントパークとドルフィンポートに於いて、「~かごしま~防災フェスタ2012」 が開催されました。今回のフェスタは、鹿児島では初めての「防災・減災」に向けた、行政・企業をはじめとする各種団体が一堂に集まり、催しを行う試みとなりました。

ブースといたしまして、防災非常袋展示、防災カードゲーム、サバイバルグッズ作成コーナー、また協賛ブースとして、鹿児島市、鹿児島市消防局、鹿児島市水道局、九州電力、NTTdocomo、日本十字社、陸上自衛隊、日本ガス、(敬称略、順不同)と全14ブースによる大きな規模のフェスタとなりました。

 

IMG_7917.JPGまず、開会挨拶が行われ、公益社団法人鹿児島青年会議所 助け合いのまち創造委員会委員長 白男川賢治君より、「本日は貴重な皆様の日曜日のお時間にお集まりいただきまた、多大なるご協力をいただきまして誠にありがとうございます。本日の防災フェスタによって市民の方々の防災意識に何らかの変化に繋がるきっかけになればと思っております。本日は最後までよろしくお願いいたします。」と挨拶がありました。

 

 

 

IMG_7953.JPGそして、ウォーターフロントパークとドルフィンホールに分かれて、フェスタはスタート。ドルフィンホールでは、鹿児島において、防災に対する取り組みの現状認識と今後の危機管理意識向上を目的としたメインフォーラム「防災フォーラム2012」が開催されました。

・鹿児島市の防災への取り組みについて(鹿児島市市民局危機管理課 主幹 木口屋 博文氏)

・企業の防災の取り組みについて(日本ガス株式会社 松田 悟氏)

・自治防災組織による防災への取り組みについて(永吉町内会長兼専門防災アドバイザー脇昭夫氏)

・鹿児島の防災に在り方についての意見

(地域防災教育研究センター所属・専門アドバイザー 井村 隆介氏)

鹿児島における防災意識を高めるために十分なフォーラムでした。参加された方々は今後何をするべきかを真剣に考えている様子でした。

IMG_7977.JPG最後に、防災フォーラムのまとめとして鹿児島青年会議所 副理事長 志賀啓一君より「本日は貴重なご意見ありがとうございました。正しい知識と正しい行動をしっかりと理解することが大事です。今後とも、防災・減災へ向け、行政・企業・地域が連携して取り組み、市民意識を高める活動を実践していきましょう。」とまとめ、フォーラムは閉会いたしました。 

 

 

 

IMG_7994.JPG別会場のウォーターフロントパークの各ブースでは、参加された一般の方々に向けて、防災意識向上に向けての各団体の取り組みの紹介や、パネル展示が行われ、正しい知識の普及と減災に向けた啓蒙活動に取り組んでいました。

参加されたこども連れの家族の方々も、楽しく体験を通して学んでいました。

 

IMG_8036.JPGそして無事フェスタは終了し、最後に、副理事長 志賀 啓一君 より「本日は皆様、誠にありがとうございました。また協賛頂きました各種団体の皆様、鹿児島青年会議所のメンバーの皆様、おかげさまをもちまして無事終了することが出来ました。本日のフェスタを通して防災に対しての取り組みが一段と広がり、市民の方々の意識が少しでも向上していただけることに繋がるよう期待いたします。本日はありがとうございました。」と挨拶がありました。

 

今回の取り組みは始まったばかりですが、今後、「防災・減災」へ向けたの市民意識の向上と、ひいてはそこから鹿児島の地域コミュニティーの再生に繋がることを期待いたします。

  • 記事:溜 伸康
  • 撮影:浅井敏郎

臨時総会

IMG_7800.JPG8月28日(火)、城山観光ホテル飛鳥の間において、公益社団法人鹿児島青年会議所2012年度臨時総会が開催されました。

先ず、公益社団法人鹿児島青年会議所第58代理事長 野元一臣君より「本日は、多数のシニアクラブ先輩の皆様方にご出席いただきまして、ありがとうございます。鹿児島青年会議所もこのJCの熱い夏、毎週大型事業が開催されております。御協力、誠にありがとうございます。その概要に関しましては、是非JCホットプレス(8月発行分)に、お目を通していただき、ご一読いただきますようお願いいたします。さて、本総会は、いよいよ次年度の人事議案が議決されます。総会は、JCの思いを、これを例えれば、燈(ともしび)を次々と託し,繋いで行くという意味があると思います。そして、本日仮会員の皆さま方が、正会員として承認されます。また次年度の正副理事役員が承認されます。また新しい燈が燈ります。これからも力を合わせ、共に世代を超えて、男女を超えて地域を超えて、明るい豊かな社会をつくる為に本年度最後まで頑張っていきましょう。よろしくお願いいたします。」と挨拶がありました。

 

IMG_7822.JPG議題

第1号議案 議事録署名人に関する件

第2号議案 公益社団法人鹿児島青年会議所2012年度通常総会議事録承認の件

第3号議案 公益社団法人鹿児島青年会議所2012年度収支補正予算(案)の件 

第4号議案 公益社団法人鹿児島青年会議所2013年度理事選任の件 

第5号議案 公益社団法人鹿児島青年会議所2013年度監事選任の件 

第6号議案 その他

報告事項 1.理事長候補者当選報告の件

       2.その他

という議題内容で行われました。

 

IMG_7834.JPGそして監事講評が行われ、鹿児島青年会議所2012年度幹事 吉丸安治君より「全ての議案が審議可決されました。今回初の「臨時総会」としての開催でしたが、皆様のご協力を以て無事終了することができました。ありがとうございます。

小牧次年度理事長候補者をはじめ、理事、監事に決まった皆様おめでとうございます。これから12月末までしっかりと準備をしていただき、来年1月1日から滞りなく活動を開始できるようお願いいたします。但し、本年度もまだまだ続いていきます。本年度、そして次年度準備の両立は大変かと思いますが、ぜひ宜しくお願い致します。私自身のJCライフも残り4か月となりました。「今だからできる、今しかできない」この言葉を胸に、最後まで与えられた役目をしっかり果たしていこうと思います。また、メンバーの皆様もそれぞれに、残りのJCでの時間があります。今一度残りの時間を認識し、どうすれば有意義に過ごすことができるか考え、積極的に活動を実践して頂きたいと思います。」と講評がありました。

IMG_7835.JPG最後に鹿児島青年会議所シニアクラブ代表世話人 津曲貞利先輩より「まずは総会が無事に終了したことをお喜び申し上げます。そして、次年度の理事長が決まり、それを支える役員も決まり、本年度の野元理事長も寂しさを感じている所ではないかと思います。さて、話は変わりますが、地道な活動こそ人の輪をひろげていくために一番必要です。あと今年も4カ月余りですが、残りに悔いがないように全力走り抜けて頂きたいと思います。次年度理事長予定者であります小牧副理事長はその活動の背中を見て来年度の構想を膨らませて頂きたいと思います。リーダーは100人いれば100人のリーダー像があります。JCは終わりのない駅伝とよくいわれます。しかし、その受け継ぐタスキにはただ「奉仕・友情・修練」の3カ条が毎年書かれてあるだけです。思いっきり楽しんでください。本日は総会皆さまお疲れ様でした。」と来年度の期待を込めた挨拶となり、無事臨時総会は閉会いたしました。
 

  • 記事:畑添 貴之、浜田 賢太郎、下鶴 隆夫
  • 撮影:日高 正太郎