Monthly Archives

2012年5月

5月例会~シニア懇談会~

 5月29日(火)、城山観光ホテルにて、5月例会と公益社団法人鹿児島青年会議所 シニアクラブとの懇談会が開催されました。この懇談会は普段お会いする機会が少ない、700名を超える先輩方との交流を深めることと、また、これまでの鹿児島青年会議所を支えてくださいました先輩方への感謝の思いを込めて毎年行われるものです。IMG_3639.JPG IMG_3701.JPG 

IMG_3212.JPGまず5月例会が行われ、鹿児島青年会議所筆頭副理事長 小牧正英君より、「本日は多くのシニアクラブの先輩方がお越しになる予定です。我々、現役メンバー、新入会員全員で心より先輩方をお迎えしましょう。宜しくお願い致します。」と挨拶がありました。IMG_3637.JPG

 

 その後、鹿児島青年会議所監事 丸山勲君と宇宙を活かしたまちづくり委員会委員長 小田公久君率いる委員会メンバーより会務報告が行われ、5月度例会は無事閉会致しました。

 

その後、現役会員・先輩方あわせ総勢350名を越える鹿児島JCシニアクラブの先輩方との懇談会が始まりました。

IMG_3285.JPG始めにシニアクラブ代表世話人であります津曲貞利先輩より「今年も新しいシニアクラブ会員を迎え、現役を合わせますと1,000名を越える団体となりました。現役のメンバーの方々には、これからも鹿児島のまちづくりのために頑張っていただきたいと心より思います。本日は、有難うございます。」と本日の懇談会への感謝とまたこれからの現役メンバーに対する期待と激励の挨拶がありました。

IMG_3287.JPG

次に、公益社団法人鹿児島青年会議所第58代理事長 野元一臣君より挨拶があり、「本日は先輩方にはお越しいただきまして誠に有難うございます。現在の鹿児島青年会議所がありますのも先輩方が鹿児島のために活動されてこられた歴史のおかげです。本日は宜しくお願い致します。」と先輩方へ感謝の思いのこもった素晴らしい挨拶がありました。

そして懇親会が始まり、IMG_3293.JPG 各現役メンバーは、先輩方のテーブルへ向かい交流を深め、会場は大盛況となりました。皆時間が過ぎることが早く感じるほど密度の濃い時を過ごしました。

 

 

その後、「若いわれら」をシニアクラブの先輩方と現役メンバーと肩を組みあい、一つとなって歌い、鹿児島JCの絆を深めることが出来ました。そしてシニア懇談会は閉会となりました。

今回の5月例会は鹿児島青年会議所は「100%出席例会」を目指しておりました。出席率はおしくも99%となりましたが、今回の取り組みは鹿児島JCが現役・シニアの枠を超え、一つとなるきっかけになったと感じました。鹿児島青年会議所はこれからも、時代を担う若き青年の思いと責任を脈々と受け継ぎ、組織一丸となって鹿児島の地域のために活動し、ますます発展していくことと感じました。

IMG_3328.JPG

  • 記事:迫田 章
  • 撮影:福吉 浩樹、日高正太郎

2012年度新入会員研修

5月19日(土)、「湖畔リゾートホテルいむた」に於いて、2012年度新入会員研修が行われました。IMG_2752.JPGこの研修はJAYCEE確立委員会が主体となり、毎年2日間に亘って行われ、今年度新入会員へこれまでの公益社団法人日本青年会議所・公益社団法人鹿児島青年会議所の歴史や歩み、また鹿児島青年会議所メンバーとしての心構え・あるべき姿像を学んで頂きます。またそこから、学びや気づき、積極性を養い、同期入会者との絆を深める事業となっております。

研修会は、まず開会式が行われました。先輩方のいつも優しい表情とは違う雰囲気に新入会員の皆さんは緊張した面持ちで臨んでいました。初めに鹿児島青年会議所第58代理事長 野元一臣君より「青年会議所のメンバーとして本日から始まる2日間の研修は、皆さんにとって決して無駄にならない実りある研修になります。JCとは何かを気づき、学んで頂ければ幸いです。最終最後まで頑張りましょう。よろしくお願いします。」と激励の挨拶がありました。

IMG_2772.JPG次に鹿児島青年会議所第48代理事長(日本青年会議所2004年度九州地区担当常任理事)であられました矢野健先輩より、基調講演が行われました。矢野先輩は、「私は青年会議所活動の中で数多く海外や国内を訪れる機会を頂きました。その中で、自分の知らなかったことや、テレビや資料だけでは知ることのできない現地の情報等を知ることが出来ました。また、現在テレビで御活躍されている方や雑誌に特集として掲載され頑張っている仲間が県内だけでなく国内そして海外にまで出来ました。これも一重に青年会議所の活動の中で得られた大切な絆です。今でもその仲間達とは連絡取り合い、お互いを励まし合ったり、冗談を言ったりと大切な関係を築いています。私は青年会議所活動を通して知り合えた仲間は非常に大切な自分の財産だと思っています。皆さんもこれからの自分なりのJCライフを楽しみ、いろいろな体験・交流を沢山経験してください。」と2012年度新入会員へこれからの期待と活躍を願った素晴らしい基調講演が行われました。

その後の研修に入りました。

IMG_2797.JPG

 第1会議  

インストラクター  脇田 直人君   

サブインストラクター 近藤 慶太郎君

第2会議  

インストラクター  日高 大介君   

サブインストラクター 木瀬 大史君

第3会議  

インストラクター  馬場 一綱君   

サブインストラクター 近藤 慶太郎君

IMG_2978.JPG 第4会議  

インストラクター  池田 篤志君   

サブインストラクター  機キセ 木瀬 大史君

 第5会議  

インストラクター  古賀 信明君   

サブインストラクター 脇田 直人君

 

JAYCEE確立委員会メンバーが会議を担当し、夜遅くまで行われました。各会議90分という限られた時間の中、各インストラクター・サブインストラクターとなって、2012年度新入会員へJCとは何かなど時間一杯・効率的に非常に素晴らしい内容にて行われました。 

IMG_3055.JPG 初めは緊張で硬かった新入会員が少しずつ、手を上げ、積極的に意見をハキハキと発言し成長していく過程がはっきりと目に見えました。

 

 

 

 続いて2日目は、

第6会議  

インストラクター  内野 功一郎君  

サブインストラクター 近藤 慶太郎君

  こんどIMG_3109.JPG第7会議  

インストラクター  宮元 龍一委員長 

サブインストラクター 馬場 一綱君

という流れで行われました。

「総評」では、JAYCEE確立委員会委員長 宮元龍一君が講義を行い、新入会員を含む講義に参加した鹿児島JCメンバー一人ひとりが改めて、これまでの人生を振り返り、真剣に自分自身に問うことで自分の存在意義を見出すことが出来た良い機会となりました。

 

全ての講義終了後、閉講式が行われ、早速セレモニーが新入会員のメンバーによって執り行われました。

IMG_3118.JPG

その後、ひとづくり室室長 宮田 孔君の挨拶で「皆様2日間の研修大変お疲れ様でした。まず始めに思うことは皆様にこの研修を通じ何か一つでも学びや気づきを得ていただきたい。そしてJC活動のみならず会社や家庭に活かしていただきたい。そう思います。自ら望んでこの場に居る皆さんにはきっとこの経験が役に立つと信じております。一緒に鹿児島青年会議所を盛り上げていきましょう」と2日間の研修を終えた新入会員を称えました。

IMG_3121.JPG続いて第58代理事長 野元一臣君より理事長講話が行われました。これまでの鹿児島青年会議所の歴史や自分が入会したその時の思い、そして理事長となり所信を書き上げた背景・思い等を話し、そして、ゆっくりと一人ひとりに語りかけるように理事長所信を読み上げました。最後に「新入会員の皆さん、今一度私が書いた理事長所信を読み返してください。鹿児島青年会議所がこれからどうあるべきか?どこに進むべきか?その方向性、そして私の思いが理解いただけると思います。皆さんも私たちの仲間です。私たちと共に頑張っていきましょう。」と新入会員に期待を込めた言葉で講話を締めくくりました。

閉講式の最後に参加者全員で記念撮影を行い、無事に2012年度新入会員研修会を終了することが出来ました。

IMG_3153.JPG

新入会員研修会に参加して 感じたことは「初心忘るべからず」ということ。改めて奉仕・修練・友情の3信条の大切さを新入会員の皆さんと同じく身を持って感じることができ、また自分が入会した時に抱いた熱い思いを今一度思い返すことが出来ました。

今回、参加された新入会員の皆さんは多くの学びと気づきを得たに違いありません。そして、素晴らしい「JAYCEE」として、鹿児島の未来を支える人材となり活躍してくれることでしょう。

  • 記事:(一日目)溜 伸康 (二日目)渡邊 卓真
  • 撮影:(一日目)溜 伸康 (二日目)渡邊 卓真

6月例会のご案内~持続可能な社会づくりを目指して~

この度、6月26日(火)城山観光ホテルにて公益社団法人鹿児島青年会議所は2012年度6月 公開例会を開催致します。

この6月公開例会では、2部構成による講演会と対談会を開催致します。

 

~持続可能な社会づくりを目指して~

    日時:6月26日火曜日

      開場 18:00   開演 19:00  閉会 21:00

場所:城山観光ホテル 3F サファイヤホール飛鳥

 

第1部 講演テーマ

「循環型社会構築の必要性」 

 講師:松本 真由美 氏

 

第2部 対談テーマ

  「進むべきビジョン」

 対談者 松本 真由美氏、塩川 哲郎氏

 

イメージ.bmp 

 

※入場無料です。ただし、先着270名様なっております。定員になり姿第締め切らせていただきますので申し込みはお早めにお願いいたします。

※応募締め切りは6月15日(金)とさせていただきます。また、参加の可否つきましては6月19日(火)までに、こちらからご連絡いたします。

お問合せ先:

公益社団法人 鹿児島青年会議所事務局

TEL:099-222-1342  鹿児島市新照院町41-1 城山観光ホテル内

皆様のお申し込みを心よりお待ち申し上げております。 

  • 記事:溜 伸康
  • 撮影:溜 伸康

第1回まちづくり事業推進支援会議

5月18日(金)鹿児島県民交流センターに於いて、公益社団法人鹿児島青年会議所2012年度第1回まちづくり事業推進支援会議が行われました。今回のまちづくり事業推進支援会議は、海を活かしたまちづくり委員会「第26回桜島・錦江湾横断遠泳大会」運営についての説明と青少年育成委員会事業「夏の学び舎~未来へ繋げ!さつまっこ!~」についての二部構成の内容にて意見交換が行われました。

IMG_3504.JPG初めに、鹿児島青年会議所第58代理事長 野元 一臣君より「我々、青年会議所は1つの事業に対して、全会員で取り組むことが必要になります。限られた時間の中ですが、奇譚ない意見を是非皆様から頂きたいと思います。そして鹿児島青年会議所の事業として心を一つに事業成功に取り組むための会議にしていきたいと思います。本日は皆様宜しくお願い致します。」と挨拶がありました。

IMG_3529.JPG 

 早速会議が始まり、まず、海を活かしたまちづくり委員会委員長 下入佐裕司君より「第26回桜島・錦江湾横断遠泳大会」の過去の概要や事業説明、また鹿児島JC各委員会の役割分担等の説明がありました。「昨年は天候不良の為、中止になった本大会でしたが今年もしっかりと安全面を最優先に強化して取り組んで参ります。そして本日報告しましたスタート地区とゴール地区の運営管理を各委員会の皆様にご協力頂き、事故のない素晴らしい大会にしたいと思います。」と力強く、鹿児島青年会議所全会員で取り組みたいという気持ちを込めた説明となりました。

IMG_3533.JPG続いて、青少年育成委員会委員長 川畑 智洋 君より「夏の学び舎 ~未来へ繋げ!さつまっこ!~」について事業目的や事業実施に至る背景・これまでの青少年育成事業の歴史や今年度プログラムについての説明がありました。「これは体験学習を通して、冒険心や探究心に裏打ちされたこどもたちの生き生きとした眼を引き出し、道徳心や自立と共助の精神を併せ持つ青少年を育む事業を行いたいと考えております。ぜひ皆様の御意見や御質問をお聞かせいただき、そして反映していきたいと思います。」とこの青少年育成事業に懸ける思いと、真摯な気持ち、そして情熱のこもった説明がありました。

IMG_3525.JPG今回の会議では鹿児島青年会議所出席メンバーによる意見・質問等が飛び交い、非常に闊達な会議となりました。メンバー全員が鹿児島JCの事業として取り組む気持ちが表れた、素晴らしい会議でした。

  • 記事:溜 伸康
  • 撮影:溜 伸康

新入会員オリエンテーション

理事長挨拶.JPG

5月12(土) 鹿児島市社会福祉協議会ボランティアセンターにて2012年度新入会員オリエンテーションが行われました。

 始めに第58代理事長 野元一臣君から「本日のオリエンテーションにご参加頂きまして誠にありがとうございます。 冒頭に行った青年会議所のセレモニーは我々青年がどういった理想や理念を持ってこの社会の中で生きていかなければならないのかということを一緒に唱え 理念を共有する為の一つの大切な場であります。次代の担い手である私達20歳から40歳までの青年が集い「奉仕、修練、友情」の三つの信条を掲げ、 まちづくり、ひとづくりを目的に活動している団体です。戦後間もない1954年に私たち鹿児島青年会議所は誕生しております。戦後の焼け野原の鹿児島を見た青年18名が集い、このまちをどうにか復興させなければならないといった奉仕の精神をもって立ち上げたのが、この鹿児島青年会議所の始まりであります。また、本年1月4日には従来の社団法人からより一層公共の利益に資する団体を目指そうということで公益社団法人へ移行致しました。 本年度 「時代への挑戦~青年としての使命と責任を胸に~」をスローガンとして掲げております。今日の混沌とした時代を切り拓き未来を明るくすべく、今年度216名のメンバーと挑戦しています。そして是非、216名のメンバーと共に様々な夢や未来図を共に語り合いながら また、考えながら 今という時代に価値ある行動を共に行って行きましょう。」と挨拶がありました。

ビデオ鑑賞.JPG副理事長説明.JPG

 

 

 

 

 次に これまでの鹿児島JCの歩みについて15分程の映像を鑑賞した後、筆頭副理事長小牧正英君より「JCの基本について」と題しまして JCの組織、JC用語、鹿児島JCについて、説明がありました。                                                                                                    

IMG_3213.JPGのサムネール画像

 

そして各室長 各委員長 グループ長よりそれぞれの室・委員会・グループの事業紹介が行われました。

その後、毎年恒例となっております新入会員スピーチが1人3分間の持ち時間で行われました。ほとんどの方が初めての経験のようで、大変緊張した面持ちで、自分の会社の事や趣味、家族について等個性溢れたスピーチを行いました。スピーチを終えた新入会員の方に感想をお聞きしたところ、「大変緊張しました。前に出ると真っ白になって何をしゃべっているのかわからなくなりました。3分間はとても長かったです。でも良い経験でした。」と話してくれました。

 

IMG_3387.JPGのサムネール画像最後に鹿児島青年会議所監事 丸山勲君より「新入会員の皆さん本日のオリエンテーションはいかがだったでしょうか?青年会議所に入会しただけでは何も学べません。これから各委員会各種大会、LOM事業等が行われます。その場に参加してこそ学びがあります。是非積極的に参加してJCを楽しんで下さい。」と締めくくりました。

 

新入会員の皆さんは終始緊張した様子でしたが、3分間スピーチなど初めての経験を通して、これからのJCでの出会いや活動に期待を感じていたようでした。                                              

  • 記事:川畑 直之
  • 撮影:西田 能康
  • 1
  • 2