Monthly Archives

2012年9月

鹿児島コスモアカデミー2012~宇宙いっぱいバスツアー~

IMG_8049.JPG9月15日(土)16日(日)の2日間に亘り、「鹿児島コスモアカデミー2012~宇宙いっぱいバスツアー~」が開催されました。この事業は、1泊2日の宇宙の学習や様々な体験を通して、参加した80名の子供たちに宇宙の素晴らしさや楽しさを伝え、宇宙に一番近いまち鹿児島から大きく夢をもって羽ばたく人材を育成する目的で行われました。また今回は鹿児島大学のボランティア8名の方々にも参加していただきました。

バスツアーは先ず初めに、鹿児島市立科学館にて「さよならスペースシャトル~有翼宇宙船30年の軌跡~」と題した夏番組と「オーロラを見た恐竜たち」のドームシネマの上映が行われました。子どもたちは皆、熱心にまた目をキラキラと輝かせてドーム型ビジョンを見あげていました。保護者の方々も一緒に参加され、大人も子ども達も、広く大きな宇宙の物語やそれにまつわるエピソードに感動していました。

 

IMG_8122.JPGIMG_8109.JPGその後、移動となりました。まずは市立科学館から国立天文台VERA観測所(薩摩川内市入来町)へ向かいます。

保護者の方々が手を振り子どもたちを見送る中、子ども達も大きく手を振りながら、元気に出発して行きました。これから始まるバスツアーの体験学習に胸を躍らせているようでした。

 

IMG_8132.JPGVERA観測所に到着後、鹿児島大学教授 面高俊宏(おもだかとしひろ)先生による宇宙の講義や観測所の活動について、そして施設等の説明が行われました。このVERAと呼ばれる電波望遠鏡は直径23mの大きな望遠鏡です。これは、銀河系すべてを観測でき、10マイクロ秒角の性能があります。例えると月面上の1円玉を判別できるぐらいになります。この電波望遠鏡は、銀河系の謎を探る各種研究や地球自転や地殻変動の測定といった地球惑星科学方面での活用も期待されています。子どもたちはこの巨大な電波望遠鏡をみて驚き、そして熱心にメモを取っていました。

IMG_8182.JPGIMG_8205.JPG

IMG_8211.JPGそして次の目的地、薩摩川内少年自然の家に向かいました。到着後早速施設のオリエンテーションが始まりました。このオリエンテーションはこの少年自然の家でのルールやマナー、後片付けの基本的なこと等の説明がありました。子ども達は基本ルールをひとつひとつ確認していました。

IMG_8274.JPGその後、YAC(日本宇宙少年団) 中村賢太郎さんによって、窒素実験が行われました。液体窒素マイナス196度の中にゴムボールをいれるとどうなるかという実験やバラの花をいれて花がばらばらに砕けてしまう実験などすべてが初めての体験のようで、子どもたちは積極的に実験を覗き込んだり、元気よく発表したりして興味津々の様子でした。

IMG_8325.JPG

 

 

 

 

 

 

 

そして、夕食。学生ボランティア、青年会議所メンバーともに食事をし、これからのことや今日の感想等をお互い話しながら楽しく食事をしました。

 

 

IMG_8365.JPG食事後は、せんだい宇宙館において天体望遠鏡から星をみる予定でしたが、生憎の天候のため、予定を変更して宇宙館の説明と星についてのアトラクションで子どもたちは宇宙のことについて学んでいました。子どもたちは疲れも見せず元気よくいろいろなアトラクションにチャレンジしていました。

その後、宿舎に戻り今日1日の感想を書き、就寝。1日目は終了となりました。

 

IMG_8455.JPG2日目は、朝6時半に起床し、まずは布団の片付け・そして清掃・体育館でのラジオ体操を行いました。また、お世話になった少年自然の家のスタッフの方々に全員で元気よく感謝のお礼をいいました。

そして、宇宙を活かしたまちづくり委員会 副委員長 大楽芳照君より、2日目の説明があり、台風の影響のためスケジュールの変更点についての確認が行われました。そして朝食に全員で向かいました。まだまだみんな元気です。その後、お世話になった少年自然の家へお礼を再度いい、次の目的地、副田小学校へ向かいました。

 

IMG_8543.JPG副田小学校では、さっそく今回のメインであるペットボトルロケット作成に取り掛かりました。色をカラフルにする子ども、ロケットの前部に詰め物をいれて飛距離をのばそうとする工夫する子ども、思い思いのアイディアを詰め込んで、子供たちはいろいろなロケット作成をしていました。皆飛ばす時を楽しみに鹿児島JCメンバーや講師の方々に積極的に質問をしていました。

 

IMG_8569.JPG そしてペットボトルロケットの噴射を行い、各自の力作を飛ばしあいました。打ち上げ前、子ども達は自分が作ったロケットが上がるか心配そうでしたが、無事上がると歓声を上げて喜んでいました。

 

 

 

IMG_8623.JPG昼食後、バスツアー閉会式が行われました。閉会式では 宇宙を活かしたまちづくり委員会委員長 小田公久君より、「2日間でのこの体験はいかがでしたか?。宇宙についてこの体験を通して昨日より大きく成長出来たことと思います。私は皆さんの夢や可能性を信じております。この中から宇宙にかかわる仕事をする子。もしくは、宇宙パイロットが生まれると思っています。皆さんの将来の可能性はこれからです。2日間有難うございました。」と、参加した子どもたちみんなの将来むけた、無限大の可能性を期待した挨拶があり閉会となりました。

 

この2日間の貴重な経験を通して、子どもたちが学んだことは「宇宙の知識」だけではなかったことと思います。子どもたちの可能性は無限大です。参加した子供たちのさまざまな分野での活躍を心から信じ、期待しています。

 

IMG_8628.JPG

  • 記事:溜 伸康
  • 撮影:谷明神、永山 亮平、畑添 貴之、溜 伸康

2012年度第3回まちづくり事業推進支援会議

9月14日(金)城山観光ホテルパーティーホールにて、2012年度第3回まちづくり事業推進支援会議が開催されました。

今回の会議は、地域ビジョン起草委員会の担当により、現在鹿児島青年会議所として策定中の「地域ビジョン」「KJCアクションプラン」骨子策定に当たり、広く会員のアイディアを募るという目的で行われました。

DSC00796.JPGはじめに公益社団法人鹿児島青年会議所第58代理事長 野元一臣君より、
「本日はお忙しい中お集まり頂き有難うございます。昼にTVで自民党総裁選立候補者のスピーチを見ていました。各々ビジョンを語っておられましたが、それに対する視聴者からのFAXは、「他人任せ」のものが多く大変ショックを受けました。いわば「総論賛成、各論反対」になっており、今後の国の方向を考えていく上で、われわれ市民の責任意識が重要ですが、それが希薄化しているように思えてなりません。このことが、最近の選挙の低投票率となって現れているのではないでしょうか。そして、国民皆希望の持てる明確なビジョンを求めていることは、共通しているのではないかと思います。われわれJCは40歳までの青年の集まりであり、市民の方や先輩方から見れば少々荒削りで青臭いかもしれませんが、地域、国家、そして世界のビジョンを磨き上げていくこと、そして青年らしく行動し発信していくことが重要だと考えます。
 本年度「地域ビジョン起草委員会」を設置し、藤崎委員長以下委員会メンバーの皆様に頑張って頂いています。鹿児島JCとしてのビジョン策定に向け、委員会でしっかりと議論を重ねて来頂いております。本年度のしめくくりに向け、「地域ビジョン」の骨子を固めていくにあたり、委員会メンバーだけでなく、広くメンバー全員に参画して頂きたいと思います。ぜひご協力宜しくお願い致します。」と挨拶がありました。

DSC00804.JPG続いて本日の議長である鹿児島青年会議所副理事長 小牧正英君より、
「鹿児島青年会議所60周年も間近に迫っていますが、この「地域ビジョン」の担当委員会だけでなく、メンバーの皆様に知恵を出し合って頂いて、ぜひ活発な議論をお願い致します」と挨拶がありました。

 

 

 



DSC00806.JPGそして鹿児島青年会議所地域ビジョン起草委員会委員長 藤崎剛君より、
「本日はグループワークで皆様からどんどん意見を出して頂きたいと思います。それが、これから策定するビジョンの礎になります。また来週委員会の場でもメンバーの皆様にアンケートを行いますが、ぜひ本日お集まりの皆様にはその中心になって頂きたいと思います」と、議論の内容、参加者に期待することの説明が行われました。

 

 



DSC00810.JPGDSC00812.JPG

 

 

 

 

 

 

グループワークに先立ち、地域ビジョン起草委員会副委員長 保岡宏武君より、これまで鹿児島JCが提言を行ってきた提言書の紹介ならびに内容分析の紹介が行われました。
またあわせて鹿児島JCが出した提言書の中から、「中央駅屋台村」「中央駅西口バスターミナル」「NPO、ベンチャーへの事務所提供・助成」など現在実現しているものについて紹介がありました。

DSC00819.JPGDSC00822.JPG
その後参加者は6~8人程度のグループに分かれ、
「100年後に自分が当事者となって行動出来たとして、『復活させたい鹿児島の良さ』とは何か?」
「今後鹿児島JCが事業を行うに当たり、市民の皆様に説得力を持つためには、われわれにどのような姿勢・取り組みが必要か?」
というテーマについて、各自アイディアを出しそして、意見として出たアイディアをグループで3つに絞り、選んだ理由とともに発表を行いました。各グループとも、鹿児島JCの将来、鹿児島の地域の未来について様々な意見が飛び交い、積極的な意見交換が行われました。

DSC00829.JPG最後に公益社団法人鹿児島青年会議所監事 丸山勲君より
「皆様長い時間にわたり活発な議論、おつかれさまでした。2時間があっという間に過ぎる、非常に楽しい会議でした。今はそれぞれの夢物語で良いと思います。これだけ楽しい時間をみんなで共有できたことを忘れず、これからメンバー全員でビジョンを策定していければと思います。今後策定されるビジョンがわれわれ鹿児島JCにとって道しるべとなり、メンバーひとりひとりの指針となることを願います。」と監事講評があり、閉会となりました。


 

参加したメンバーは、お互い大いに夢を語る時間は非常に楽しい様子で、また他のメンバーの様々なアイディアを聞くことは、非常に勉強になりそして刺激となったようでした。これからの地域ビジョン策定、どんな内容になるのか大変楽しみです。


以上

  • 記事:下鶴 隆央
  • 撮影:渡邉 卓真

9月公開例会 「被災地からのメッセージ」~未来への礎~の御案内

来る9月25日(火)城山観光ホテル 飛鳥の間において、

公益社団法人鹿児島青年会議所9月公開例会

を開催いたします。

今回は「被災地からのメッセージ」~未来への礎~

と題し、講師として

東日本大震災を風化させない活動推進センター所長 中井政義氏

をお迎えしてご講演いただきます。

被災地のあの日。そして今・・・・我々はこの教訓をどう活かすのか。今一度考えていただく機会になればと思います。
皆さまのご参加、心よりお待ちしております。

防災イメージ.bmp

日時:平成24年9月25日(火)

開場・受付 18:00 開演 19:00 閉会 20:40

場所:城山観光ホテル サファイアホール 飛鳥の間

※申込書はコチラからダウンロードできます。(PDFファイル)

※下記画面をクリックしていただきますと申込みWEB登録が出来ます。

9月公開例会.PNG

主催:公益社団法人鹿児島青年会議所

お問い合わせ:公益社団法人鹿児島青年会議所 事務局(土日祝祭日を除く10:00~17:00)
 鹿児島市新照院町41-1 城山観光ホテル内
 TEL:099-222-1342    FAX:099-222-1164

  • 記事:溜 伸康
  • 撮影:溜 伸康

鹿児島祇園睦会 おぎおんさぁ反省会

IMG_7876.JPG9月9日(日)、ジェイドガーデンパレスにて「おぎおんさぁ報告会・反省会」が開催されました。これは、一番神輿から十番神輿、捌き方、笠鉾の「おぎおんさぁ」関係者が一堂に会し、今年のおぎおんさぁのさまざまな反省と来年へ向けての結束と交流を図る為行われました。

 

IMG_7886.JPGまずはじめに、鹿児島祇園睦会 柳田弘志総代より「今年は神輿も一番神輿から、十番神輿までの十体となり、また鹿児島市の民族無形文化財の指定も受け、ますます鹿児島を代表する祭りとなりました。一番御輿は神輿の上には乗れませんでした。しかしそれ以上の熱い思いが乗っていたような気がいたします。来年も、すべての神輿が熱い想いを今年以上に持って、鹿児島をもっともっと元気にしましょう。」と挨拶がありました。

 

 

IMG_8000.JPGその後、反省会と報告会が始まりました。各御輿関係者は壇上に登壇し、今年の反省、また感謝の意を伝えていました。

一番御輿の挨拶では公益社団法人鹿児島青年会議所 郷土づくり委員会委員長 大渕脇正太君より「本年も、皆様方のご理解とご協力のおかげをもちまして無事着幸祭を迎えることが出来ました。ありがとうございました。我々青年会議所は一年ごとの役割任期制で頭を交代していきます。自分としましては、今年一年何事にも精一杯向き合い、取り組みさせていいただき自分自身大変成長できた一年となりました。この思いと本日までの反省点を着実に次に繋げ来年も、もっともっとすばらしい御輿をあげることをお約束します。」とすべての方々への感謝の挨拶がありました。

 

そして最後は全員でおどま薩州を謡い、1本締めにて反省会は終了となりました。

来年度のおぎおんさぁも、今年以上の盛り上がりで鹿児島のまちに元気を与えてくれることでしょう。

  • 記事:溜 伸康
  • 撮影:溜 伸康

~かごしま~防災フェスタ2012

IMG_7916.JPG9月2日(日)、ウォーターフロントパークとドルフィンポートに於いて、「~かごしま~防災フェスタ2012」 が開催されました。今回のフェスタは、鹿児島では初めての「防災・減災」に向けた、行政・企業をはじめとする各種団体が一堂に集まり、催しを行う試みとなりました。

ブースといたしまして、防災非常袋展示、防災カードゲーム、サバイバルグッズ作成コーナー、また協賛ブースとして、鹿児島市、鹿児島市消防局、鹿児島市水道局、九州電力、NTTdocomo、日本十字社、陸上自衛隊、日本ガス、(敬称略、順不同)と全14ブースによる大きな規模のフェスタとなりました。

 

IMG_7917.JPGまず、開会挨拶が行われ、公益社団法人鹿児島青年会議所 助け合いのまち創造委員会委員長 白男川賢治君より、「本日は貴重な皆様の日曜日のお時間にお集まりいただきまた、多大なるご協力をいただきまして誠にありがとうございます。本日の防災フェスタによって市民の方々の防災意識に何らかの変化に繋がるきっかけになればと思っております。本日は最後までよろしくお願いいたします。」と挨拶がありました。

 

 

 

IMG_7953.JPGそして、ウォーターフロントパークとドルフィンホールに分かれて、フェスタはスタート。ドルフィンホールでは、鹿児島において、防災に対する取り組みの現状認識と今後の危機管理意識向上を目的としたメインフォーラム「防災フォーラム2012」が開催されました。

・鹿児島市の防災への取り組みについて(鹿児島市市民局危機管理課 主幹 木口屋 博文氏)

・企業の防災の取り組みについて(日本ガス株式会社 松田 悟氏)

・自治防災組織による防災への取り組みについて(永吉町内会長兼専門防災アドバイザー脇昭夫氏)

・鹿児島の防災に在り方についての意見

(地域防災教育研究センター所属・専門アドバイザー 井村 隆介氏)

鹿児島における防災意識を高めるために十分なフォーラムでした。参加された方々は今後何をするべきかを真剣に考えている様子でした。

IMG_7977.JPG最後に、防災フォーラムのまとめとして鹿児島青年会議所 副理事長 志賀啓一君より「本日は貴重なご意見ありがとうございました。正しい知識と正しい行動をしっかりと理解することが大事です。今後とも、防災・減災へ向け、行政・企業・地域が連携して取り組み、市民意識を高める活動を実践していきましょう。」とまとめ、フォーラムは閉会いたしました。 

 

 

 

IMG_7994.JPG別会場のウォーターフロントパークの各ブースでは、参加された一般の方々に向けて、防災意識向上に向けての各団体の取り組みの紹介や、パネル展示が行われ、正しい知識の普及と減災に向けた啓蒙活動に取り組んでいました。

参加されたこども連れの家族の方々も、楽しく体験を通して学んでいました。

 

IMG_8036.JPGそして無事フェスタは終了し、最後に、副理事長 志賀 啓一君 より「本日は皆様、誠にありがとうございました。また協賛頂きました各種団体の皆様、鹿児島青年会議所のメンバーの皆様、おかげさまをもちまして無事終了することが出来ました。本日のフェスタを通して防災に対しての取り組みが一段と広がり、市民の方々の意識が少しでも向上していただけることに繋がるよう期待いたします。本日はありがとうございました。」と挨拶がありました。

 

今回の取り組みは始まったばかりですが、今後、「防災・減災」へ向けたの市民意識の向上と、ひいてはそこから鹿児島の地域コミュニティーの再生に繋がることを期待いたします。

  • 記事:溜 伸康
  • 撮影:浅井敏郎
  • 1
  • 2