公益社団法人 鹿児島青年会議所 ホームへ

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 計画編

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 報告編

鹿児島JCメンバーズログイン

2013年度スケジュール

JC用語

フィードを購読

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

9月24日(火)に城山観光ホテルサファイアホール飛鳥にて9月公開例会が一般市民の方々もお招きして開催されました。
IMG_2489.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
 はじめに公益社団法人鹿児島青年会議所 第59代理事長 小牧正英君より「われわれは、20歳から40歳で構成された、明るい豊かな社会の実現を目指し活動している団体です。近年私たちの活動のなかでも、「環境」というテーマは、ますます重要なものとなっています。今回の講演を通じて、何かしらのきっかけや気づきを得ていただければと思っております。「環境」と言うと、堅苦しいテーマですが、本日は、楽しいお話を聞いて頂けると思います。どうぞ、最後までお楽しみ下さい。」と挨拶がありました。
 
続いて、環境啓発委員会 委員長 平峰恒成君より「現在、地球上では、様々な環境問題が拡大し続けています。今回、三遊亭歌之介様より独自の視点からお話を頂きます。環境という身近に存在する大きい問題に対して、多くの市民の皆様に興味を持ってもらい、認識を深めていただいき、私たちは今後どういった取り組みや啓発活動を行うべきか、一緒に考えていく機会になればと思っています。」と今回の例会の趣旨説明がありました。
 
そして「環境高座 身近な環境問題をプラス思考で」と題して落語家の三遊亭歌之介師匠の講演が始まりました。
IMG_2477.JPG
歌之介師匠は、壇上に上がると早速冗談を交えた挨拶であっという間に会場の雰囲気を和やかにし、講演はすすめられました。まず個人的な交友関係についての話題から、三代目三遊亭圓歌師匠との師弟関係についてや、プロ野球の中畑清監督とのエピソード、林家彦六師匠や立川談志家元の名言、新橋の飲み屋での出来事からオーストラリア先住民アボリジニの話まで鹿児島弁でユーモアたっぷりにお話しをしていただきました。環境について講演するというよりも、普段の無意識の生活の中に環境につながるヒントが隠されているということを、笑いの中に散りばめながら、歌之介師匠ならではの伝え方というものを感じさせていただく楽しい講演となりました。

IMG_2478.JPG

最後に、「これは正しいという答えは無く、環境問題も、たくさんの意見があった方が良いと思います。様々な人との出会いや、自然界からも学ぶ事が多く、地域の特性として残る風習や年配の方の知恵に耳を傾ける事も大切だと思います。おじいさんおばあさんと一緒に暮らして一緒の部屋にいることも節電や省資源に役立つと思いませんか。」と現代の生活スタイルを見直すことも環境問題を考える事と無関係ではないという事をお話をされて締めくくりました。
IMG_2471.JPG
講演後、小牧理事長より謝辞と共に記念品として、ラベルに歌之介師匠の写真をあしらった焼酎をプレゼントし、公開例会は楽しい雰囲気のなか終了いたしました。
 
これからも鹿児島青年会議所は様々な事業を通して、鹿児島のまちづくりを行ってまいります。
 
 
記事 椨 崇    写真 小園 正輝
 

チーム対抗 環境クラスマッチ 開催

8月18日日曜日、県民交流センターにて「チーム対抗 環境クラスマッチ」が開催されました。

開会に先立ち、小牧理事長のあいさつがあり、続いて環境啓発委員会委員長の平峰恒成君より、今回の趣旨説明と注意事項がありました。

IMG_2442.JPGのサムネイル画像

 

今回は第一部でゴミを拾い集める環境レース、第二部でペットボトルキャップアートを作成する環境アート、第三部ではDVDなどの資料を基に身近な環境から考える環境サミットと、身近な環境問題としてゴミ問題に意識した内容でした。

 

IMG_2451.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

早速第一部の環境レースでは暑い中野外で元気よくゴミを集めました。
3人1組でチームを作り協力して頑張ります。
4種類に分別をし、ルールを守って活動していました。
 

 

IMG_1794.JPG

60分と限られた時間とエリアの中で、植え込みの中にかくれていたゴミも探しだし、より多くのゴミを集めようとしていました。
 

 

 

_1804.JPG

 

 

最後に計測して、ゴミの種類と重さを基準にポイントを獲得しました。本日のクラスマッチは第三講座までの合計ポイントを競います。

 

IMG_1844.JPG

 

 

 

第一講座終了後、参加者14チーム42名で記念撮影をしました。私たちが住む街にこれだけのゴミが落ちていた事に驚くとともに、ポイ捨てをしないきれいな町づくりへの意識づけになったのではないでしょうか。
 

_1862.JPG

 

 

_1883.JPG

 

 

 

 

 

 

_1900.JPG

 

 

 

 
 
第二講座の環境アートでは、ペットボトルキャップを使い桜島のアートを作成しました。委員会のメンバーで作成したお手本を例に取り組みます。
 

_2592.JPG

 

色とりどりのペットボトルキャップをきれいに並べていきます。海や山の色を何色で表現するかチームで話し合いながら作品を仕上げました。
 
 
 
第三講座は環境サミットです。
薩摩剣士隼人のDVDをみた後、環境の問題について子供達自身が考えて意見を出し合いました。いろいろと学んだあとで、一番大切なことは「実行すること」だと学びました。私たち大人も耳の痛い言葉です。素直に実行する人がひとりでも増えればそれは大きな成果につながるということを、参加したJCメンバーも気づかされる機会となりました。
IMG_1965.JPGのサムネイル画像
 
_2052.JPGのサムネイル画像
 
 
最後に表彰式で、ポイントを競った環境クラスマッチは幕を閉じました。
みんなで楽しく環境について考える時間でした。
参加した子供達にとって、夏休みの良い思い出になったのではないでしょうか。
 
 
 
記事 小倉 聖二 写真 福山 晴喜

12月臨時総会開催

12月臨時総会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そう~ 開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そ...

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ!~」

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ...

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

KJCニュースの一覧を見る