公益社団法人 鹿児島青年会議所 ホームへ

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 計画編

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 報告編

鹿児島JCメンバーズログイン

2013年度スケジュール

JC用語

フィードを購読

3月例会 ~Since it is an ideal organization(理想の組織であるために)~

平成25年3月26日、城山観光ホテル飛鳥の間において、公益社団法人鹿児島青年会議所2013年度3月例会~Since it is an ideal organization(理想の組織であるために)~が開催されました。

IMG_1214.JPG

例会に先立ち、鹿児島青年会議所第59代理事長 小牧正英君から挨拶があり「甲突川の桜も満開になっております。桜が花を咲かせている期間は2週間、14日ほどです。1年は365日ですからおよそ350日は花を咲かすための準備を行っています。それと同様にJC活動もすぐに目的や成果が得られるものではありません。花を咲かすために長い目で見て活動を行う事が大事です。しかし、すぐに気づきや学びを得られるものもあります。それが例会です。どのくらい気づきや学びを得られるかはそれぞれ個人によるものでありますので、ひとつでも多くの気づきや学びを得てください。」と挨拶しました。

 

続いて広報委員会、黒田委員長より3月例会の趣旨説明があり、それぞれの委員がバラバラになり第一部は「偏愛マップ」という、個人同士のコミュニケーションを図る事に重点をおいて進められました。偏愛マップとは、自分の好きなもの等をA4用紙に書き込んだ自己紹介書を使って、非常に短時間でお互いのことを知ることができる手法です。

常時活発なコミュニケーションが図られ、会員の楽しそうな表情が印象的でした。

IMG_1220.JPG

IMG_1239.JPG

 

また第二部では、組織としての課題など、テーマごとにグループディスカッションを行いました。

第一部のコミュニケーション時に着座したテーブルのままで行われたこともあり、非常にリラックスした雰囲気で本音の意見が聞かれていたようでした。

IMG_1444.JPG

IMG_1590.JPG

最後に監事講評が行われ、2013年度監事 冨川正博君が、「3月例会は一部で偏愛マップ、二部でグループディスカッションとさまざまな意見を聞くことができました。皆、それぞれ意識を持つことが大事で、後藤静香さんの言葉に「三笠山に登る第一歩、富士山に登る第一歩、同じ一歩でも覚悟が違う」という言葉があります。拡大は覚悟と意識を持って望んでいくことが大事です。」と述べ例会を締めくくりました。

これから12月までに行われる、鹿児島青年会議所の事業にご期待下さい。

 

記事 皆内 圭介  写真 椨 崇

 

 

12月臨時総会開催

12月臨時総会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そう~ 開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そ...

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ!~」

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ...

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

KJCニュースの一覧を見る