公益社団法人 鹿児島青年会議所 ホームへ

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 計画編

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 報告編

鹿児島JCメンバーズログイン

2013年度スケジュール

JC用語

フィードを購読

おぎおんさあ(祇園祭)(7月例会)

平成25年7月21日 鹿児島の夏の風物詩として名高い「おぎおんさあ」に、鹿児島青年会議所は今年も一番神輿の担ぎ手という大役を担いました。

 

IMG_0710.JPG当日、神輿の担ぎ手たちは早朝6時に吹上荘に集合し、締め込みに身を包みました。

着替え終わると、一番神輿を担ぐという重責からか次第に緊張が高まっていきます。

郷土づくり委員会のメンバーがそれぞれの装束に身を包み、緊張の面持ちで見守る中、今年度の頭「かしら」を務める谷委員長からの挨拶がありました。

 

 

八坂神社睦会からのご挨拶のあと、一同は一番神輿の待つ清水町の八坂神社にバスで移動しました。

 

 

IMG_9424.JPG様々な神事を終え宮出しです。十番まである神輿の中で、御神体が実際に入る神輿は一番神輿だけです。八坂神社境内。

戦後、倉庫の中に眠っていたという一番神輿を、鹿児島青年会議所の先輩方が復興し、文字どおり担ぎ出して30年の節目にあたる今年。出雲に於いては60年に一度の、伊勢に於いては20年に一度の式年遷宮が、諸事情により史上初めて同一の年に行われることになった年とも重なり不思議な縁を感じます。

 

 

 

 

IMG_9450.JPGいよいよ担ぎ出しです。まだ午前中というのに夏の日差しは容赦なく照りつけています。今日は暑い一日になりそうです。

1トンを超える巨大な神輿は担ぎ手の気持ちが一つにならなければ無事に担ぐことはできません。他の神輿の担ぎ手の見守る中、初めは慎重にかつ厳かに動き出します。

ここ清水町の八坂神社から、発幸祭の行われる天文館まで神輿を運びます。鹿児島駅前~小川町商店街~易居町商店街~産業会館~朝日通りを通って中央公園。その後、天文館アーケード内を練り歩きます。

 

 

 

IMG_0982.JPG祇園官女(写真)や神官山車(写真)、御神馬、稚児籠、大鉾、祇園傘など平安の世を彷彿とさせる御神幸行列。

 

 

 

 

 

 

IMG_0017.JPGそもそも祇園祭は京都の八坂神社(祇園社)の祭礼として、貞観年間に始められたと伝えられる長い伝統を持つお祭りです。悪疫退散と商売繁盛を祈願するお祭りである「おぎおんさあ」には鹿児島の街を元気にしたいという思いが込められています。

 

 

 

 

 

IMG_0068.JPG

「ソイヤッ!ソイヤッ!」

「ソイヤッ!ソイヤッ!」

「ソイヤッ!ソイヤッ!」

祭りの熱気が最高潮に達して来ました。

沿道から容赦なく掛けられる水がひんやりと火照りを冷ましてくれます。

 

 

IMG_0163.JPG

担ぎ上げ。

担ぎ手の心が一つになる瞬間です。

天高く掲げられた一番神輿。担ぎ手たちの力を鼓舞します。

 

 

 

 

IMG_0104.JPG

稚児あげ。

鹿児島の未来を担う子ども達の健やかな成長を全員で祈願します。

神輿の前と後ろで、

「ソイヤッ!ソイヤッ!」「ソイヤッ!ソイヤッ!」

いつか立派な担ぎ手となって神輿を担いでくれことでしょう。

 

 

好天に恵まれかなり強い日差しの中でしたが、今年も無事に「おぎおんさあ」が終わりました。おぎおんさあの威勢が長引く不況・暗いニュースもきっと吹き飛ばして鹿児島の街に元気をくれるに違いないと思う一日となりました。

 

記事 福山晴喜  写真 小倉聖二

おぎおんさあ 一番神輿担ぎ手募集

来たる7月21日日曜日、おぎおんさあ本祭が開催されます。

商売繁盛悪疫退散を願い、10基の神輿が天文館を練り歩きます。

その中でも、御神体が入る一番神輿は、我々公益社団法人鹿児島青年会議所のメンバーを中心として、一般市民の方の希望者を募り担がせていただいております。

本年も一般の方の担ぎ手を募集いたします。

また、子ども神輿のちびっこも募集しております。

希望される方は、公益社団法人 鹿児島青年会議所事務局までメールにてお問い合わせください。

mail:info@kagoshimajc.or.jp

IMG_9401.JPG

 

 

おぎおんさあ 一番神輿勉強会 開催案内

本年も鹿児島の夏の風物時である、おぎおんさあが開催される季節が近づいて参りました。
昨年度、「おぎおんさあ」は、鹿児島市無形民俗文化財に認定されましたが、今後さらに地域に根付き、鹿児島を代表する祭となるにはどうしたらいいのかを考え、祭とまちづくりの関わりについて勉強会を開催いたします。
伝統文化の歴史や意味、先人たちの抱いた郷土への熱き思いをお伝えし、地域への愛着と伝統をつなぐことの大切さを感じていただき、
また、祭りの所作・決まり事・安全対策を充分理解していただけると思います。
 
IMG_9401.JPGのサムネイル画像
 
参加費は無料で興味のある方ならどなたでも参加できます。
実施日時は6月24日(月)18:30~19:50
場所は鹿児島市上荒田町19-1ジェイドガーデンパレスです。
 
詳しいことのお問い合わせは、鹿児島JC事務局までメールにてお問い合わせください。
mail:info@kagoshimajc.or.jp

4月公開例会「自分を信じて夢をつかみとれ」

 4月23日(火曜日)城山観光ホテルサファイアホール飛鳥にて、4月例会が開催されました。今回は公開例会として一般市民の皆様もいらっしゃる中で開催しました。

IMG_1640.JPG はじめに公益社団法人鹿児島青年会議所   第59代理事長 小牧正英君から「鹿児島青年会議所は明るい豊かな社会を作るための団体として活動しています。毎月例会を行っていますが、今回は大畑大介氏をお招きして公開例会として開催いたします。このような活動を通して、いろいろな形で市民の皆様と手を手を携えてまちづくりをしていきたいと思います。」と挨拶がありました。

 続いて郷土づくり委員会 委員長 谷明伸君より「みなさんは夢を持っているでしょうか。夢を追いかけるには多くの困難があります。大きな怪我を何度も乗り越えて夢を追いかけた大畑さん。鹿児島がよくなるため、大きな夢をもって行動する事の大切さに気づく機会となることを目的として今回の講演会を企画いたしました。」と今回の例会の趣旨説明がありました。IMG_1649.JPG
 

 そして、大畑大介氏を講師にお迎えして「自分を信じて夢をつかみとれ」と題して講演が始まりました。大畑氏は神戸製鋼や日本代表として長年活躍する日本を代表するラグビー選手です。IMG_1650.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

幼少時代に父親の影響を受けてラグビーを始めたことから始まり、実績のない高校で全国大会と日本代表を目指したこと、小さい体を指摘され選手として絶望したが、先輩選手との出会いで奮起したこと、日本代表時代に選手生活を続けることが絶望的な怪我を二度にわたって経験したが、トライ数世界新記録を目指して戦ったことといった、夢をあきらめずに頑張ってきたエピソードを、ユーモアをたっぷり交えてお話され、夢をもって行動することの大切さを熱く語りました。IMG_1651.JPG

講演後は質問を受け付け、テレビ番組出演のことや社会問題となっている体罰に関すること、また自分自身を育ててくれた両親が自分の意思を尊重してくれたことなど幅広い内容に答えて下さいました。

 

 

 

 

 

 

最後に小牧理事長より謝意としてオリジナルラベル付きの焼酎をプレゼントして閉会しました。

IMG_1653.JPG

今後も鹿児島青年会議所はさまざまな事業を通して、鹿児島のまちづくりを行っていきます。

 

記事 有村 晋平     写真 小園 正輝

 

鹿児島祇園睦会新年会

IMG_9752.JPG

1月14日(月)恒例の鹿児島祇園睦会の新年会がジェイドガーデンパレスで行われました。

一番から十番の神輿連、総勢およそ170名の参加者が顔を揃え、新年の晴れがましくも熱気のこもる中、大脇唯真睦会会長のご挨拶で会が始まりました。

大脇会長はご挨拶の中で、孔子の論語から「学を好み、死を守りて道を善くする」という言葉を引用し、熱心に学び自分の信じた道を命ある限り打ち込んでいくという言葉をご紹介され、今年もおぎおんさぁにかける熱意を語られました。

IMG_9766.JPG

 

鏡開きの後、シニアの柴立先輩の発声で乾杯しました。

 

歓談の途中、一番神輿を担う郷土づくり委員会を中心とするメンバーが登壇し、頭をつとめる谷委員長が、この場に居られる喜びと神輿にかける抱負を語ると、会場中から熱烈な拍手が沸きあがり、谷委員長の表情からは並々ならぬ強い決意がうかがえました。

IMG_9791.JPG

会の進行とともに各神輿連の懇親も深まり、柳田弘志総代のご挨拶、おどま薩州の唱和、竹之下デンタルクリニックの竹之下さんの〆で、会は盛会の内にお開きとなりました。

 

 

IMG_9822.JPG

 

その後、我らが一番神輿の担ぎ手が集まり、シニアの津曲先輩、永田先輩から激励のお言葉をいただいた後、みんなで円陣を組み肩入れをして、これからの活動に向け気合いを入れ直しました。心のたぎりを胸に秘め、おぎおんさあ本祭への意気込みは次第に高まっていきます。

肩入れ!!ソイヤ!!!

 

 

 

記事 福山 晴喜  写真 杉原 一喜
 

12月臨時総会開催

12月臨時総会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そう~ 開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そ...

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ!~」

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ...

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

KJCニュースの一覧を見る