公益社団法人 鹿児島青年会議所 ホームへ

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 計画編

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 報告編

鹿児島JCメンバーズログイン

2013年度スケジュール

JC用語

フィードを購読

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

11月26日(火)に城山観光ホテルサファイアホール飛鳥にて11月公開例会が一般市民の方々もお招きして開催されました。
 
 はじめに公益社団法人鹿児島青年会議所 第59代理事長 小牧正英君より「われわれは、20歳から40歳で構成された、明るい豊かな社会の実現を目指し活動している団体です。青少年育成や宇宙などの事業を行い鹿児島の未来を明るくする為、本年は「海を活かしたまちづくり」というものキーワードに取り組んでいます。今回の講演を通じて、海への思いなど何かしら一つでも気づきをお持ち帰り頂ければ幸いに思っております。」と挨拶がありました。
IMG_4703.JPG
続いて、海を活かしたまちづくり委員会 委員長 溜伸康君より「海を活かしたまちづくりに一年間取り組んで参りました。7月には第27回桜島・錦江湾横断遠泳大会で約1300名もの方の参加を頂き、非常に大規模な大会を運営し貴重な体験をすることができました。桜島、錦江湾の一体となった魅力をいかに未来に伝えていくか、改めてその重要性を再認識しました。これからもこのような活動を進化発展させる為、皆様と共に考えていく事が大切だと考えます。金城先生のお話をお聞気になって、あらためて見つめなおす機会になればと思っています。」と今回の例会の趣旨説明がありました。
IMG_4708.JPG
そして「未来のために~使命に生きる~」と題して世界で初めて人工による養殖サンゴの移植と産卵に成功した、金城浩二先生の講演が始まりました。
IMG_4728.JPG
初めに金城先生より「文法上おかしい事があるかと思いますが“サンゴおじさん”が感じてきた事、やってきた事をお話させて頂き、何かを感じて頂ければ幸いです。」と会場の雰囲気を和やかにし、幼少期から現在までの波乱万丈な経験をお話して頂き、家族や仲間の支え、行動力の必要さ、夢を持つ大切さを教えて頂きました。
「物事は、始めさえすれば始まる。」
「評価を怖がってはいけない。他人の評価を気にし過ぎると、どうでもいいことに悩む。」
「夢を見る大人がたくさん居れば子供たちも夢を持つ。」
「やらずに後悔するより、やりたい事をやって後悔したほうが良い。」
「悲しい事を楽しい事にすると考え、行動する様に心掛ける。」
「未来のために自分が変わらなければならない。」
など強く感銘を受けるお話で、会場では涙を拭きながらお話を聞く方も見られました。
また私たち自身も、JC活動だけでなく、自分自身の生き方を見つめ直す良い機会になりました。
IMG_4733.JPG
最後にJCメンバーへ「JCは本当にまちを変えることができる。現場で汗をかいて頑張って欲しい」とエールを頂きました。
 
講演後、小牧理事長より謝辞と共に記念品として、金城先生の名前と演題を瓶に彫った焼酎をプレゼントし、公開例会は終了いたしました。
IMG_4747.JPG
これからも鹿児島青年会議所は様々な事業を通して、鹿児島のまちづくりを行ってまいります。
 
 
記事 小倉 聖二 椨 崇  写真 鮫島 徳友

第27回桜島・錦江湾横断遠泳大会「ともに前へ!」

IMG_8554.JPG

平成25年7月14日 第27回桜島・錦江湾横断遠泳大会が行われました。

爽やかに晴れ上がり、風の穏やかな好天に恵まれました。

挨拶に立つ溜委員長。やや緊張した面持ちです。

参加者・スタッフ合わせて1000名を軽く超えるイベントです。

この日のために半年以上を準備に費やしてきました。

 

 

IMG_8592.JPG

9:25 いよいよスタート。

先陣を切って児童のチームが勢いよく海に駆け込みます。

練習の成果を試す時が来ました。

 

 

 

 

DSC02530.JPG

9:30 第1ウェーブがスタートしました。

以降5分ごとに1ウェーブ(10チームずつ)から15ウェーブが鹿児島市側の磯海岸のゴールを目指します。

 

今年も県内外から計150チーム、750名がこの日のために集いました。

 

 

 

 

DSC02576.JPG

スタートの桜島小池海岸から1km地点。

伴走する船上から監督が檄と指示を飛ばします。

各チーム4名の泳者と1名の監督で1チームです。

 

5人で目指すゴールはまだはるか遠く、まだ視界にも入りません。

海面から見える景色だけでは自分の現在位置はまったくわかりません。

監督と泳者、お互いの信頼感がなければ、4.2kmの距離を泳ぎ切ることは簡単なことではないのです。

 

DSC02601.JPG

近づいた報道船に気づいて手を振るチーム。

すでに数kmを泳ぎきっていますが、余裕のこの笑顔。

日頃の厳しい練習の賜物なのでしょうか。

 

まだゴールまで1km以上。この調子で一気にラストスパート!

 

 

 

DSC_0248.JPG

疲れた体に最後の力を振り絞って砂浜を一気に駆け上ります!念願のゴール!

どの顔にも安堵感、満足感がにじんでいます!

 

完泳おめでとうございます。

 

 

 

IMG_0291.JPG

体に付いた砂を流して記念撮影。

自然と笑顔がこぼれます。

 

監督さん、泳者の皆さん、そして担当のボランティアスタッフさん、お疲れ様でした!

 

 

 

IMG_0625-01.jpg

表彰式

今年の優勝チームも1時間を切る好タイムです。

賞状と記念品として腕時計が贈られました。

 

来年もこの場所に立てることを目指して頑張ってください!

 

記事 福山 晴喜  写真 鮫島 徳友 小倉聖二

 

12月臨時総会開催

12月臨時総会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そう~ 開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そ...

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ!~」

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ...

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

KJCニュースの一覧を見る