公益社団法人 鹿児島青年会議所 ホームへ

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 計画編

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 報告編

鹿児島JCメンバーズログイン

2013年度スケジュール

JC用語

フィードを購読

おぎおんさあ(祇園祭)(7月例会)

平成25年7月21日 鹿児島の夏の風物詩として名高い「おぎおんさあ」に、鹿児島青年会議所は今年も一番神輿の担ぎ手という大役を担いました。

 

IMG_0710.JPG当日、神輿の担ぎ手たちは早朝6時に吹上荘に集合し、締め込みに身を包みました。

着替え終わると、一番神輿を担ぐという重責からか次第に緊張が高まっていきます。

郷土づくり委員会のメンバーがそれぞれの装束に身を包み、緊張の面持ちで見守る中、今年度の頭「かしら」を務める谷委員長からの挨拶がありました。

 

 

八坂神社睦会からのご挨拶のあと、一同は一番神輿の待つ清水町の八坂神社にバスで移動しました。

 

 

IMG_9424.JPG様々な神事を終え宮出しです。十番まである神輿の中で、御神体が実際に入る神輿は一番神輿だけです。八坂神社境内。

戦後、倉庫の中に眠っていたという一番神輿を、鹿児島青年会議所の先輩方が復興し、文字どおり担ぎ出して30年の節目にあたる今年。出雲に於いては60年に一度の、伊勢に於いては20年に一度の式年遷宮が、諸事情により史上初めて同一の年に行われることになった年とも重なり不思議な縁を感じます。

 

 

 

 

IMG_9450.JPGいよいよ担ぎ出しです。まだ午前中というのに夏の日差しは容赦なく照りつけています。今日は暑い一日になりそうです。

1トンを超える巨大な神輿は担ぎ手の気持ちが一つにならなければ無事に担ぐことはできません。他の神輿の担ぎ手の見守る中、初めは慎重にかつ厳かに動き出します。

ここ清水町の八坂神社から、発幸祭の行われる天文館まで神輿を運びます。鹿児島駅前~小川町商店街~易居町商店街~産業会館~朝日通りを通って中央公園。その後、天文館アーケード内を練り歩きます。

 

 

 

IMG_0982.JPG祇園官女(写真)や神官山車(写真)、御神馬、稚児籠、大鉾、祇園傘など平安の世を彷彿とさせる御神幸行列。

 

 

 

 

 

 

IMG_0017.JPGそもそも祇園祭は京都の八坂神社(祇園社)の祭礼として、貞観年間に始められたと伝えられる長い伝統を持つお祭りです。悪疫退散と商売繁盛を祈願するお祭りである「おぎおんさあ」には鹿児島の街を元気にしたいという思いが込められています。

 

 

 

 

 

IMG_0068.JPG

「ソイヤッ!ソイヤッ!」

「ソイヤッ!ソイヤッ!」

「ソイヤッ!ソイヤッ!」

祭りの熱気が最高潮に達して来ました。

沿道から容赦なく掛けられる水がひんやりと火照りを冷ましてくれます。

 

 

IMG_0163.JPG

担ぎ上げ。

担ぎ手の心が一つになる瞬間です。

天高く掲げられた一番神輿。担ぎ手たちの力を鼓舞します。

 

 

 

 

IMG_0104.JPG

稚児あげ。

鹿児島の未来を担う子ども達の健やかな成長を全員で祈願します。

神輿の前と後ろで、

「ソイヤッ!ソイヤッ!」「ソイヤッ!ソイヤッ!」

いつか立派な担ぎ手となって神輿を担いでくれことでしょう。

 

 

好天に恵まれかなり強い日差しの中でしたが、今年も無事に「おぎおんさあ」が終わりました。おぎおんさあの威勢が長引く不況・暗いニュースもきっと吹き飛ばして鹿児島の街に元気をくれるに違いないと思う一日となりました。

 

記事 福山晴喜  写真 小倉聖二

第27回桜島・錦江湾横断遠泳大会「ともに前へ!」

IMG_8554.JPG

平成25年7月14日 第27回桜島・錦江湾横断遠泳大会が行われました。

爽やかに晴れ上がり、風の穏やかな好天に恵まれました。

挨拶に立つ溜委員長。やや緊張した面持ちです。

参加者・スタッフ合わせて1000名を軽く超えるイベントです。

この日のために半年以上を準備に費やしてきました。

 

 

IMG_8592.JPG

9:25 いよいよスタート。

先陣を切って児童のチームが勢いよく海に駆け込みます。

練習の成果を試す時が来ました。

 

 

 

 

DSC02530.JPG

9:30 第1ウェーブがスタートしました。

以降5分ごとに1ウェーブ(10チームずつ)から15ウェーブが鹿児島市側の磯海岸のゴールを目指します。

 

今年も県内外から計150チーム、750名がこの日のために集いました。

 

 

 

 

DSC02576.JPG

スタートの桜島小池海岸から1km地点。

伴走する船上から監督が檄と指示を飛ばします。

各チーム4名の泳者と1名の監督で1チームです。

 

5人で目指すゴールはまだはるか遠く、まだ視界にも入りません。

海面から見える景色だけでは自分の現在位置はまったくわかりません。

監督と泳者、お互いの信頼感がなければ、4.2kmの距離を泳ぎ切ることは簡単なことではないのです。

 

DSC02601.JPG

近づいた報道船に気づいて手を振るチーム。

すでに数kmを泳ぎきっていますが、余裕のこの笑顔。

日頃の厳しい練習の賜物なのでしょうか。

 

まだゴールまで1km以上。この調子で一気にラストスパート!

 

 

 

DSC_0248.JPG

疲れた体に最後の力を振り絞って砂浜を一気に駆け上ります!念願のゴール!

どの顔にも安堵感、満足感がにじんでいます!

 

完泳おめでとうございます。

 

 

 

IMG_0291.JPG

体に付いた砂を流して記念撮影。

自然と笑顔がこぼれます。

 

監督さん、泳者の皆さん、そして担当のボランティアスタッフさん、お疲れ様でした!

 

 

 

IMG_0625-01.jpg

表彰式

今年の優勝チームも1時間を切る好タイムです。

賞状と記念品として腕時計が贈られました。

 

来年もこの場所に立てることを目指して頑張ってください!

 

記事 福山 晴喜  写真 鮫島 徳友 小倉聖二

 

6月公開例会 「本音で語る!日本と世界の未来」

6月25日(火)に城山観光ホテルサファイアホール飛鳥にて6月公開例会が一般市民の方々もお招きして開催されました。
 
 はじめに公益社団法人鹿児島青年会議所 第59代理事長 小牧正英君より「われわれ鹿児島青年会議所では、甲突川の桜の植樹、錦江湾横断遠泳、おぎおんさぁ等の事業を行ってまいりました。今回一緒にまちづくりについて考えていただきたいと思い、TV等多数ご出演しておられる勝谷誠彦氏をお招きして「本音で語る!日本と世界の未来」と題して講演いただき、目と耳を傾けて何かしらの気づきを得ていただければと思っております。」と挨拶がありました。
IMG_6671.JPGのサムネイル画像
 続いて、財政規則審査会議 議長 大迫有弘君より「私たちにはなかなか見えない事実の裏に隠された真実を、歯に衣着せぬ発言で人気の勝谷氏に政治・経済について、新聞やTVでは絶対に聞けない話をユーモアを交えて話していただきたいと思います」と今回の例会の趣旨説明がありました。
IMG_6676.JPGのサムネイル画像
 そして「本音で語る!日本と世界の未来」と題してコラムニストの勝谷誠彦氏の講演が始まりました。

2.jpgのサムネイル画像

 

 
 まず山口で講演されてきたことのお話を薩摩と長州に置き換え、薩摩は立ち見も出るほど盛況なので薩摩の勝ちと会場の雰囲気を和やかにしていました。

4.jpg

そして中国・韓国・日本関係の歴史的経緯、富士山の世界遺産登録、食育、最近の大学生の就職率までご自身の体験を交えながらユーモアたっぷりに幅広い話題でお話をいただきました。また、この情報社会では自分から情報を取りに行くことが大事であり、それが自分自身の身になる。現代は情報過多でその情報に埋もれて生きているが、正しい情報は与えられていない。多くの情報の中から良い情報、悪い情報を見分ける力が必要であるとおっしゃられました。
最後に、座右の銘はソクラテスの「ただ生きるな、善く生きよ」、明日が今日より良くなるようにすることが大事であると述べ、継続は力なりと締めくくられました。
8.jpg
 講演後、小牧理事長より謝意として焼酎と黒千代香をプレゼントして閉会いたしました。
 
これからも鹿児島青年会議所は様々な事業を通して、鹿児島のまちづくりを行ってまいります。
 
 
 
記事 皆内圭介 写真 福山 晴喜

12月臨時総会開催

12月臨時総会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そう~ 開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そ...

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ!~」

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ...

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

KJCニュースの一覧を見る