公益社団法人 鹿児島青年会議所 ホームへ

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 計画編

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 報告編

鹿児島JCメンバーズログイン

2013年度スケジュール

JC用語

フィードを購読

8月臨時総会

平成25年8月27日(火)城山観光ホテルにおいて、2013年度 公益社団法人鹿児島青年会議所 8月臨時総会が開催されました。
 現役メンバーに加え、シニアクラブの先輩にも多くの御出席を頂きました。

まず、第59代理事長小牧正英君より挨拶があり、IMG_2823.JPG 「鹿児島JCの熱い夏をほぼ乗り切った時期になりました。利川JCとの姉妹盟約式典から始まり、公開討論会、錦江湾横断遠泳、九州地区大会、おぎおんさぁ、サマーカンファレンス、青少年育成事業、環境クラスマッチと熱い事業が行われました。

青少年育成事業では、子ども達に関われる時間は短いが、きっかけや小さな気付きを与え今後につなげるものとして見守って欲しいです。
また2014年度も動き出している。日本JCの会頭を含め内定が出ています。日本JCの会頭には社団法人岡崎青年会議所の鈴木和也君、
九州地区協議会の会長には野元一臣君、鹿児島ブロック協議会の会長には串木野JCの西田憲智君が選ばれています。
さらに、この総会前の臨時理事会において、現時点で条件を満たした仮会員40名が正会員として承認されました。これから正会員として鹿児島JCを盛り上げて欲しいと思います。
今年度もまだ4ヶ月残っているのでよろしくお願いします。」との言葉で始まりました。

 

その後、議長の選出、定足数確認、議事録作成人の指名を経て、議案の確認後全ての議案が承認されました。また報告事項についての説明も行われました。

IMG_2831.JPG

第1号議案 議事録署名人に関する件
第2号議案 2013年度 通常総会議事録承認の件
第3号議案 2013年度 収支補正予算(案)の件
第4号議案 2014年度 理事選任の件
第5号議案 2014年度 監事選任の件
第6号議案 その他

※議題の確認の際、第6号議案は廃案

報告事項 (1)理事長候補者当選報告の件
       (2)2013年度登録料分担金収支補正予算の件
       (3)鹿児島JC地域ビジョン報告の件
       (4)ASPAC誘致立候補の件
       (5)その他

※報告事項確認の際、5項は廃案

報告事項の中で、理事長候補者当選報告において、2014年度理事長候補者当選者の渡康嘉君より

IMG_2844.JPGのサムネイル画像 「2007年に入会し、たくさんの出会いや影響を受けてきました。JCというのは多くの皆様に多くの機会を与えて下さる場であり
感謝いたします。私が何よりも大切にしたいのはメンバー一人一人の個性を活かせる組織にしたい、能動的に動けるようにしたい。
地域ビジョンを念頭に置き、2014年度1年間頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。」と挨拶がありました。

 

また、地域ビジョン策定委員会委員長の野村竜彦君より、

20130903014722.jpg

 

鹿児島JCが今後目指していく中長期的ビジョンの中間報告が発表されました。スローガンは「地域特性を活かし世界とつながる鹿児島を目指して」です。鹿児島JC発足60周年でのビジョン発表に向けて更に準備をして行く強い決意を語ってくれました。

 

監事講評では、監事志賀啓一君よりIMG_2847.JPG 「この総会は1年間の中間報告を受け見つめなおし次年度に活かすためのものであります。日本JCの小畑会頭が「理事長になったことが尊いことである。」と述べられました。
これから渡理事長候補者は自分の想像したもの以上の大変さになると思いますが、現役メンバーとともに頑張ってもらいたいと思います。
また己と向き合うということを伝えたい。人生において成功は約束されていないが、成長は約束されています。JCに失敗はありません。成長の伸びしろはそれぞれの頑張りによって変わってきます。
宮崎駿監督も70年間いろいろなメッセージを発信しながら必死に向き合っている。皆さんはしっかりと己と向き合っているでしょうか。
本年度己と向き合い、次年度への自分と向き合って一人一人のステップとなることを祈念して監事講評とします。」と講評がありました。

最後にシニア代表として馬場先輩よりIMG_2852.JPG 「久しぶりに青年会議所の集まりにきて懐かしい感じがします。JCで学んだことは好き嫌いは人間を狭くする。人に好かれて生きていくのではなく
自分の信念を貫くことが大事です。青年会議所では委員長が一番大事な時期であり、委員会で何が出来るかでLOM(注1)が輝くのです。」と激励のお言葉があり、2013年度8月臨時総会は滞りなく終了しました。

IMG_2882.JPG

 

その後の懇親会の席において、小牧理事長より新入会員代表の大城仁君へ正会員承認の証としてJCバッジの授与式が行われました。新しい仲間のこれからの活躍を期待しつつ2013年度8月臨時総会は滞りなく幕を閉じました。

 

記事 皆内 圭介  写真 小倉 聖二

 

(注1)LOM: 市町村単位で組織している各地青年会議所。もっともコアな部分で活動するもっとも地域の問題点を反映出来る集まり。LOCAL ORGANAZATION MEMBERの頭文字をとったもの。

新入会員承認前研修

  • 2013-08-23 12:22

 

 8月22日(水)ジェイドガーデンパレスにて、今年度入会した仮会員のみなさんを対象として新入会員承認前研修と最終面接が開催されました。

 

IMG_2683.JPGのサムネイル画像
 まず初めに公益社団法人鹿児島青年会議所第59代理事長 小牧正英君より「この3か月間でどのような体験をされ、どのような気づきがあったでしょうか。40歳までという限られた時間の中でJAYCEEとして、地域のリーダーとして活躍できることを祈念いたします。」と挨拶がありました。

 

 

IMG_2686.JPG
 続いて会員研修委員会委員長 渡邉卓真君より「正会員と承認される前に、いまいちどJCとはどういう団体なのか、どういう行動をしていくべきなのか、研修を通じて学んでほしいと思います。」とあいさつがありました。

 

 


 社団法人新大隅青年会議所OB、藤元英樹先輩と公益社団法人鹿児島青年会議所 宮内尚起君による「VMVセミナー」が行われました。VMVとは、Vision,Mision,Valueを表し、JCIとしての、あるいはLOMとしての目的は何か、使命はなにか、そこに存在する価値とは、そしてJCIクリード・JCIミッション・JC宣言・綱領にどのような意味が込められているのかを認識する内容となりました。仮会員の皆さんはもちろん、正会員も改めてJAYCEEとして活動することの意義を再認識する素晴らしい研修会となりました。

  IMG_2687.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像  IMG_2687.JPGIMG_2697.JPG

 

 

 

 

 

 

 
研修後は理事役員による最終面接が開かれました。緊張した雰囲気の中、JCの一員として活躍する努力を面接官、仮会員ともに確認し、仮会員のみなさんは正会員承認を迎えるのみとなりました。

IMG_2794.JPG

IMG_2780.JPG

 

 

 

 

 

 
 

今年度も新たな心強いJAYCEE(注1)が仲間に加わりそうです。
 
 
 
 
 
(注1)JAYCEE : 青年会議所に所属するメンバー個人を称する。
(参考)JC : 組織体を称する。また、青年会議所を通称JCと呼ぶがそれは「Junior Chamber」の略である。
 
記事 有村 晋平  写真 恒松 芳幸

チーム対抗 環境クラスマッチ 開催

8月18日日曜日、県民交流センターにて「チーム対抗 環境クラスマッチ」が開催されました。

開会に先立ち、小牧理事長のあいさつがあり、続いて環境啓発委員会委員長の平峰恒成君より、今回の趣旨説明と注意事項がありました。

IMG_2442.JPGのサムネイル画像

 

今回は第一部でゴミを拾い集める環境レース、第二部でペットボトルキャップアートを作成する環境アート、第三部ではDVDなどの資料を基に身近な環境から考える環境サミットと、身近な環境問題としてゴミ問題に意識した内容でした。

 

IMG_2451.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

早速第一部の環境レースでは暑い中野外で元気よくゴミを集めました。
3人1組でチームを作り協力して頑張ります。
4種類に分別をし、ルールを守って活動していました。
 

 

IMG_1794.JPG

60分と限られた時間とエリアの中で、植え込みの中にかくれていたゴミも探しだし、より多くのゴミを集めようとしていました。
 

 

 

_1804.JPG

 

 

最後に計測して、ゴミの種類と重さを基準にポイントを獲得しました。本日のクラスマッチは第三講座までの合計ポイントを競います。

 

IMG_1844.JPG

 

 

 

第一講座終了後、参加者14チーム42名で記念撮影をしました。私たちが住む街にこれだけのゴミが落ちていた事に驚くとともに、ポイ捨てをしないきれいな町づくりへの意識づけになったのではないでしょうか。
 

_1862.JPG

 

 

_1883.JPG

 

 

 

 

 

 

_1900.JPG

 

 

 

 
 
第二講座の環境アートでは、ペットボトルキャップを使い桜島のアートを作成しました。委員会のメンバーで作成したお手本を例に取り組みます。
 

_2592.JPG

 

色とりどりのペットボトルキャップをきれいに並べていきます。海や山の色を何色で表現するかチームで話し合いながら作品を仕上げました。
 
 
 
第三講座は環境サミットです。
薩摩剣士隼人のDVDをみた後、環境の問題について子供達自身が考えて意見を出し合いました。いろいろと学んだあとで、一番大切なことは「実行すること」だと学びました。私たち大人も耳の痛い言葉です。素直に実行する人がひとりでも増えればそれは大きな成果につながるということを、参加したJCメンバーも気づかされる機会となりました。
IMG_1965.JPGのサムネイル画像
 
_2052.JPGのサムネイル画像
 
 
最後に表彰式で、ポイントを競った環境クラスマッチは幕を閉じました。
みんなで楽しく環境について考える時間でした。
参加した子供達にとって、夏休みの良い思い出になったのではないでしょうか。
 
 
 
記事 小倉 聖二 写真 福山 晴喜

青少年育成事業 こころの学校 2013~つながり~第三講座

8月10日土曜日、かごしま環境未来館にて、青少年育成事業 こころの学校 2013~つながり~第三講座が開催されました。

IMG_1560.JPGのサムネイル画像

 

冒頭の挨拶で小牧理事長より「皆さん、第二講座の野外体験学習では、竹で器やお箸を作ったり、火をおこして食事の準備をしたりと貴重な体験をしたと思います。おうちに帰ってからお手伝いがしっかりできていますか?」との問いかけに、子供たちは保護者の皆さんと顔を見合わせて、笑顔でうなずいている姿が見られました。

 

 

IMG_1564.JPGのサムネイル画像

 

続いて青少年育成委員会の近藤委員長より挨拶があり、久しぶりに子供たちと再会をして一人ひとりの成長を確認しながら第三講座の趣旨説明を行いました。本講座では親子で一緒に協力して家系図を作成し、〝命のつながり〟を確認しながらお盆の文化に触れる機会として竹灯籠作りに取り組みます。

 

IMG_1570.JPG

早速実際に取り組む中で、第三講座担当の脇田直人君から、日常生活の中では様々なつながりの中で助けられて生きているということについて、身近な例を挙げて図を描いていきながら説明がありました。

 

 

IMG_1588.JPG

 

まず自分の命がここにあるのは、ご先祖様から脈々と受け継がれているということを理解するために、保護者の方と話し合いながら親子で家系図を作りました。自分たちの親子関係をさかのぼって説明をする保護者の方からは、「この命が、時代を超えて連綿と受け継がれてきた事を親子で感じる非常に貴重な機会でした」という声がありました。

そしてお盆にご先祖様を迎える風習への取り組みとして、親子で竹灯篭を作りました。

その竹灯篭には遠いご先祖様に限らず、お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんへ日頃なかなか言えない感謝の気持ちを竹灯篭に綴りました。

 

IMG_1666.JPG

 

外もうっすら暗くなってきた19時過ぎみんなで竹灯篭を並べました。

 

 

 

 

 

 

IMG_1677.JPG

 

DSC_0151.jpg

 

 

 

 

最後にみんなで集合写真。やはりテーマは「つながり」 子供たちも肌で感じることができたのではないでしょうか。

これで本日のこころの学校~つながり~第三講座は終了です。

次回825日の第四講座でお会いしましょう。

 

記事 鮫島 徳友  写真 小園 正輝 

 

青少年育成事業 こころの学校 2013~つながり~(2日目)

本日8月3日、こころの学校第二講座の二日目です。

まず朝6時に起床し、6時15分からラジオ体操で目を覚まします。

20130803211230.jpg

 

 

 

子供達は今日も自分たちで朝食の準備をしておいしくご飯をいただきました。

IMG_1345.JPG

 

 

tyousyoku.jpg

 

 

 

 

 

 

食事を済ませたらまたひと仕事です。

燃えやすい乾いた薪を拾いに山を散策です。

IMG_0818.JPG

十曽ダムも見学できました。

IMG_0833.JPG

 

 

 

 

 

 

 

次は焼きそば作りに挑戦です。

次から次に忙しいですが、友達とやっていると楽しく体験できているようです。

 

IMG_0853.JPGのサムネイル画像

 

 

IMG_0886.JPG

 

 

 

 

 

食事を済ませたら、ところ変わって牧場見学です!!

大きな声を出して牛さんをびっくりさせないようにしてくださいと説明がありました。

 

IMG_0908.JPG

 

IMG_0917.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_0937.JPG

牛舎にいる母親になろうとしている牛さんたちに餌やりをして、放牧されている乳牛たちの観察をして、みんな興味深そうに見て、牧場の職員の方にいろいろと質問をしていました。

IMG_1044.JPG

 

 

 

 

 

牛の大切な命をいただいて私たちは生き、生かされています。子供達だけでなく、JCメンバーもそのことにあらためて思いを寄せる機会となりました。

 

 

 

 

十曽に帰ると冷たいスイカを切って待っていてくれました。

そのあと休憩をはさんで、みんなが待ちに待っていたバーベキューです。

食せる感謝、命を大切にしなければならないと、子供たちも感じていたようでした。

IMG_1046.JPG

 

20130804022831.jpg

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ明日は第二講座最終日です。

明日も楽しく学びましょう。

12月臨時総会開催

12月臨時総会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そう~ 開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そ...

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ!~」

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ...

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

KJCニュースの一覧を見る