公益社団法人 鹿児島青年会議所 ホームへ

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 計画編

公益社団法人 鹿児島青年会議所 2013年度基本資料 報告編

鹿児島JCメンバーズログイン

2013年度スケジュール

JC用語

フィードを購読

広報渉外室

室長:有馬 達郎

我々は、明るい豊かな社会の実現に向け58年間、活動・運動を展開してきました。鹿児島が更に夢溢れる活力あるまちであるため、地域とともに運動を行う魅力ある団体でなければなりません。未来に向けて、必要とされる組織であり続けるために、組織内外との連携強化を行い、全ての運動を展開出来るように支援する役割を担います。地域のリーダーとして豊かな創造力を育めるよう、より効果的な情報を最大限に発信してまいります。

当室では、メンバーが互いに理念やビジョンを再認識し、コミュニケーション豊かで強固な組織を目指していくため、組織内の連携を図り、情報共有ができるよう、最大限の支援と主体的に運動を実施できるように、正確な情報伝達を迅速に行います。そして、より絆が深められ個々の意識の向上と組織の向上にもつながるよう努めてまいります。さらに、地域の団体と連携をとり事業の情報の発信によって、市民の参加意識の向上を図るとともに、我々が展開している運動を市民からの共感と参画を得られるよう、市民目線で分かり易くそして、幅広く発信します。また、各種大会の魅力を迅速で確かな情報の発信と同時に、意義や目的の発信も含めて行い、同じ理念やビジョンをもった志高きメンバーを育めるよう努めてまいります。そして、メンバーの積極的な参加により個々の成長にもつなげます。組織内はもちろんのこと、事業に関わる団体の窓口支援としても、全メンバーのサポートを行います。すべてにおいて、メンバーがより良い運動を十二分に展開できるよう、心配りと誠意をもって、鹿児島JCの運動の支えとして努めてまいります。

時代に合わせスピード感をもって、我々の運動を地域に幅広く効果的に発信します。そして、多くの市民から共感と参画を得るとともに、組織と市民とが一丸となりともに運動することで、鹿児島の発展につながり、魅力ある組織が創る、魅力ある鹿児島の創造します。

広報委員会

委員長:黒田 従久

鹿児島JCが地域に必要とされる組織であり続けるために、多くの市民の共感と参画を得てともに取り組んでいく事が必要です。私たちの活動へ市民の参画を呼び掛けるには、鹿児島JCの活動が市民の目に触れ、理解される機会をさらに増やさなければなりません。また、私たちがまちづくりのリーダーとして誇りを持って活動するため、組織内においてメンバー相互の連携を深める情報も効果的に発信しなければなりません。

まず、マスメディアによる広報活動については、事業に対する取材や告知がスムーズに行われなければなりません。そのために当委員会はメディアと連携を深め関係強化に取組み、事業を行う委員会の広報活動を側面から支援いたします。また、これまで鹿児島JCを知る事が無かった方々に興味を持って頂き、共感と参画を得られるような情報の発信にも取り組まなければなりません。そのために市民向け広報誌等を活用し、我々の活動や運動が市民の目に触れる機会を積極的に創出します。そして外部に対する組織の顔ともいえるホームページでは、リアルタイムに情報発信し、SNS等の新たな手法も取り入れ、より効果的な広報手段の確立を目指します。また、現役会員だけにとどまらず、シニアの先輩も含め連携を深めるために広報誌を発行し、より強固な組織づくりに尽力します。そして、国政選挙が予定されている本年は、マニフェスト型公開討論会を実施し、国や地域の未来を真剣に考え、政策本位で市民自らが責任を持って政治選択を行う重要性を広く訴え、参画意識の醸成を図ります。

この様にスピード感を持って分かり易い情報を発信し、共感と参画の輪を広げることによって、我々とともに明るい豊かな社会の実現に向けて行動する市民が着実に増えていきます。それは、魅力ある市民が創る、夢溢れる魅力ある鹿児島の実現につながると信じます。

渉外委員会

委員長:西野 誠晃

我々は、様々な学びや気付きを得る機会を活用して、最大限に力を発揮する必要があります。そして、より良い活動を行い、市民に理解され、ともに運動を展開することで、夢溢れる活力あるまちの実現をしなければなりません。そこで、組織内外と綿密な連絡調整と連携強化をして、情報収集・発信をすることで、組織内外のメンバーがJC活動を円滑に行えるように支援し、活動しやすい環境を提供する渉外活動をしていきます。

我々が鹿児島をより良いまちにするために、一人でも多くのメンバーが各地で開催される各種大会や事業に参加することで得られる、学びや気付きや経験を発揮することが出来ます。その参加する機会を積極的に活用してもらうために、各種大会や事業の意義や目的を発信すると同時に、訪問地の情報を発信していきます。参加出来なかったメンバーにも学びや気付きを伝えることにより、参加することでしか得られない生涯の宝があることに気付いて貰えるように取り組んでいきます。また、来訪されるメンバーが思う存分に鹿児島の地で活動ができるように情報提供や支援を行う窓口となり力添えをします。その上で鹿児島の魅力を感じてもらい、また、訪問したい、関わりたいと思ってもらえる円滑な対外関係を築いていきます。多くのメンバーが鹿児島以外のメンバーと出会い、交流することにより、同じ理念やビジョンを持った志高き会員の同志として情報交換をすることで、全国の仲間と友情の輪が広がります。また、出向者・諸団体の支援窓口となり、メンバーがより良い活動・運動展開を行えるように、組織内外のメンバーをつなぐ架け橋となります。

JC活動を円滑に行えるよう支援することで、志高き会員が様々な学びや気付きを得て、出会いを重ねるごとに、鹿児島JCの活性化が図られ、活動や運動の展開が効果的に実施されます。そうすることで、地域の発展へとつながり、夢溢れる活力あるまちとなります。

12月臨時総会開催

12月臨時総会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

「未来のために~使命に生きる~」 11月公開例会開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そう~ 開催

正会員研修会 ~未来を信じて、品格ある青年の第一歩を踏み出そ...

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ!~」

10月例会開催 「同志~熱くなれJAYCEE!魂に火を点けろ...

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

9月公開例会 身近な環境問題をプラス思考で 

KJCニュースの一覧を見る