ニュース&トピックス エントリー

第40回鹿児島ブロック大会in屋久島

2014年5月24日(土)、25日(日)、第40回公益社団法人日本青年会議所九州地区鹿児島ブロック協議会鹿児島ブロック大会in屋久島が開催されました。

IMG_8835.JPG

開会に先立ち、鹿児島ブロック協議会会長の西田憲智君が主催者挨拶をし、地域活性化プロジェクト委員会副会長の新小田茂雄君が趣旨説明を行いました。

 

IMG_8837.JPG

そして、『出会いに感謝~思い続けたオリンピック』~地域を輝かせるスポーツのチカラ~、と題して北京オリンピック水泳種目の400メートルメドレーリレーで銅メダルを獲得した、宮下純一氏(鹿児島市出身)の基調講演が行われました。

宮下純一氏は子供の頃、大の水嫌いで、親のすすめにより水泳をはじめ、水泳をはじめて5年後の10歳の時に、全国大会7位、中学校の時には全国大会で表彰台に登るほどの成績をおさめた鹿児島を代表するアスリートでした。

IMG_8853.JPG

宮下氏は講演のなかで、「鹿児島のみなさんのサポートがなければオリンピックまで行けなかった。田舎ならではの人の繋がりによる後押しがあってメダルが獲れた。」と鹿児島の人への感謝の意を述べました。宮下氏は水泳選手時代に2回水泳を辞めたいと思った事があると言い、そのうちの1回は中学校の思春期時で、水泳ばかりの毎日で友人と遊べないのが苦痛で恩師に相談したそうです。その際、恩師から「水泳辞めればいいじゃないか。お前を目指して頑張ってる奴らに申し訳ない。」と言い、今まで相談した人は「辞めるな!ここまで来たのにもったいない!」とアドバイスをくれたのに対し、それとは違うアドバイスをした恩師に「なぜそんな事を言うのか?」と尋ねたそうです。
恩師の答えは「壁は越えられる人に訪れる。俺はお前がその壁を超えるところを見てみたい。」でした。その一言がきっかけで宮下氏は再度水泳に打ち込む事ができたそうです。宮下氏はもともと人との出会いが好きで、恩師ともコミュニケーションを常に取ってきたからこそ、人生を変えるアドバイスをもらう事ができ、今の自分がある。と謙虚にその当時の事を振り返り、恩師に感謝をしていました。最後に宮下氏は、出会いを大事にして欲しい。感謝する気持ちを持って欲しい。そして自分の想いを相手に伝えることの大事さを問いかけました。

IMG_8844.JPG

講演は宮下氏から会場側へ質問を投げかけながら進行し、終始会場全体が一体感のある講演会でした。まさに人との出会いを大事にし、自分の想いを伝える事の大事を体感できる場となりました。また、講演中に、北京オリンピックで獲得した銅メダルを会場にいる全員に手を触れさせてくれるなど、人を喜ばせる事が好きな宮下氏ならではのサプライズもあり、終始盛り上がりをみせた講演会でした
IMG_8866.JPG
続いて、「つなげる鹿児島地域活性化プロジェクト」と題して、観光とスポーツ、それを取り巻く行政や屋久島においての現状問題点や課題を、行政・スポーツ・観光の各専門分野における3名(中島純和氏、日高十七郎氏、大野睦氏)の方を招いて、パネルディスカッションが行われました。
屋久島は100kmサイクリング大会や登山がブームで、年間30万人もの観光客が降り立つ世界文化遺産登録に認定されている島です。
ディスカッションの中で、「法令の制限や安全性の問題点をクリアしながら地域貢献をどこまでできるかは、行政と民間の連携が今後もっと必要になり、各方面の条件整備が課題である。」と指摘しました。また、地域活性化事業を推進する必要なリーダー像についても触れ、「みんながひとつの目標に向かえるように、自己犠牲のできる利他の精神を持っている人がリーダー像である。」と訴えました。
2020年には東京オリンピック、そして鹿児島では国体があります。これからのスポーツ観光時代を迎えるにあたり、行政と民間の連携がもっと必要になると感じる場となりました。

IMG_8913.JPG

 

25日は式典が行われました。

まずは主管会議所である屋久島青年会議所第4代理事長 日高貴路君より歓迎の挨拶がありました。

IMG_8938.JPG

日高君は本大会が無事に運営できたことに感極まり、涙をこらえながら『大好きな屋久島で主管できたことを感謝するとともに、是非屋久島青年会議所メンバーをほめてあげてください。』と述べました。

IMG_8947.JPG

続いて、鹿児島ブロック協議会会長挨拶では、九州地区鹿児島ブロック協議会2014年度会長 西田憲智君より『まだ新しい屋久島JCでブロック大会を開催できたことを嬉しく思います。今年のスローガンも鹿児島の矜持となっています。私達鹿児島の青年がこのアジアの拠点鹿児島より全国へのうねりとなっていきましょう。』と述べました。

IMG_8954.JPG

来賓祝辞では屋久島町長 荒木耕治様よりご祝辞を頂き、『屋久島の発展には屋久島青年会議所のご協力が必要であります。是非とも皆様には今後とも逞しい国日本の創造を願います。』と述べました。

IMG_8963.JPG

副会頭祝辞では2014年度副会頭 山下憲太郎君より『本来、人、町に影響を与えるのがJCの役目です。そういう意味では屋久島青年会議所はすでに大きなインパクトを与えています。すべての青年会議所がそうであることを望みます。』

IMG_8976.JPG

九州地区協議会協議会会長祝辞では九州地区協議会協議会2014年度会長 野元一臣君より

『まずは同じ鹿児島人として屋久島大会の開催を嬉しく思います。ブロック大会は運動発信の渦であります。九州へ、日本へどのように運動していくのか。今日がスタートです。鹿児島から共に運動を展開し、日本を変えていけることを願っています。』

IMG_8990.JPG

その後直前ブロック会長 野元一臣君へ現会長西田憲智君より感謝状が手渡されました。

また、次回ブロック大会開催地の発表があり、川内JC主管の下、来年行われることとなりました。

IMG_9008.JPGそこで、今年度主催の屋久島JC理事長より川内JC理事長へ友情の鍵が手渡されました

本ブロック大会もこれにて無事に閉会いたしました。美しい屋久島の地での大懇親会などもメンバーにとってよい思い出となったと思います。

IMG_9043.JPG

 

写真:須部貴之、新居武知、大牟禮秀和

記事:須部貴之、新居武知、大牟禮秀和

カテゴリ一覧

公益社団法人 鹿児島青年会議所 事務局

  • 〒890-8586
    鹿児島市新照院町41-1 城山観光ホテル内
  • tel:099-222-1342
  • fax:099-222-1164
  • mail: