ニュース&トピックス エントリー

「ひらけ、国際のトビラ!~国際会議誘致へ!鹿児島の未来に活かす、大きなチャンス~」

  • JCI
  • 2014-06-02 18:52

平成26年5月30日(金)、19時より城山観光ホテルにて、現参議院議員(4期)の鴻池祥肇氏をお招きしての講演会が行われました。鴻池氏は1980年に日本青年会議所の会頭を務められた方で、「ひらけ、国際のトビラ!~国際会議誘致へ!鹿児島の未来に活かす、大きなチャンス~」というテーマでご講演いただきました。
IMG_9398.JPGはじめに、鹿児島JCの理事長である渡康嘉君、九州地区担当常任理事である野元一臣君より挨拶がありました。

 

 

IMG_9400.JPG

昨年からJCI ASPAC(アジア太平洋エリア会議)の誘致活動を行うにあたり、地域の未来を見据える力を育んでいかなければならない我々JCが、東アジアとの接点が近い地理的要因を活かした鹿児島において、今後国際社会の石杖を築くべき機会を得るため、国際会議を誘致する意識を高める機会としたい、と挨拶しました。


IMG_9437.JPGそして、鴻池氏の講演では冒頭に、「アジア中の都市がASPACの開催地になるべく手を挙げているが、鹿児島JCの会員が250名もいるのであれば、ASPACを誘致できる可能性は十分にある。頑張ってください。」と激励の言葉をいただきました。また、「日本は今国難にある。元寇、ペリー来航、第二次世界大戦と幾度と無く日本は危機に面してきたが、一致団結して戦ってきた。しかし、今の日本は団結していない。日本はもう一度いろんな事を見直さなければならない時。」と、現在の日本国民の意識に対し警笛を鳴らし、憲法問題、教育問題など多岐に渡ってお話しをされました。

IMG_9446.JPG最後に、「ASPAC誘致は一致団結しなければできない。鹿児島が一体となってASPAC誘致の為に活動して欲しい。」と、我々鹿児島JCのみならず、鹿児島ブロックのJC、そして市民も含めて、鹿児島が一丸となってASPAC誘致に取り組まなければならない、とASPAC誘致に向けて団結する必要性を訴えました。鴻池氏の講演会を通じて、今後国際的機会を得る為に必要な事を気づかせてもらう機会となりました。

IMG_9471.JPG

記事:須部貴之

写真:鹿島大輔、大牟禮秀和、松下幸太郎

カテゴリ一覧

公益社団法人 鹿児島青年会議所 事務局

  • 〒890-8586
    鹿児島市新照院町41-1 城山観光ホテル内
  • tel:099-222-1342
  • fax:099-222-1164
  • mail: