世界と鹿児島室

世界と鹿児島室
国際交流委員会
郷土づくり委員会

世界と鹿児島室室長:大渕脇 正太

近年、世界は情報技術の発達等によりグローバル化は日々進んでいっています。私達の生活も大きく変化し、地域に暮らすひとやまちと同じように、遠く離れた地域とつながることが可能となり、世界は身近なものになりました。しかし、情報の整理と活用に課題があり、ネットワークを活かしきれず、ひとやまちとのつながりを簡素化する傾向があります。今一度、ひととまちがつながる魅力について考え地域の活性化を行う必要があります。

当室では、先人達により築き上げられてきた鹿児島の伝統文化や地域性、またその過程における人材育成の精神について検証しながら、鹿児島JCと多くの市民が共に取り組んできた国際交流活動や伝統文化活動を継続的に行ってまいります。そして、世界に誇れる鹿児島の実現を目指し、これまで以上に行政、地域社会と連携を図ることによりパートナーシップ向上に努め、新しい地域ネットワークの構築を推進致します。我々JAYCEEと多くの市民が、幅広い視点から地域を思い活発に交流を行う事で郷土に対する夢や希望、愛情を育みます。また、鹿児島JCが世界に目を向け、異国の文化や価値観に触れる機会を創出する事は、国際意識の高い市民の育成とともに、郷土に対して改めて誇りを感じ、魅力を持った市民への成長につながっていきます。このような活動を基軸として、潜在するまちの可能性に改めて目を向け、世界に誇れる鹿児島のアイデンティティを確立し、地域から世界へと発信する事こそ、鹿児島全体の国際的活性化と地域のつながりによる総合的なまちの活性化に大きな成果を得ることが出来ると信じ活動に取り組んでまいります。

魅力あるひとがより多く集まり、自主性と情熱をもって継続的に活動していく事で活気あるまちが形成されます。そして、ひととまちが自立的に発展し続ける事で色彩豊かな鹿児島の創造につながり、他の地域や国に波及し、世界の平和と繁栄に寄与すると考えます。

国際交流委員会委員長:小園 正輝

情報技術等の発達によるグローバル化によって、世界のつながりは身近になりましたが、鹿児島という地域においては、外国人に対する言葉の壁、価値観の違い等により、交流する機会が少ない現状にあります。そこで当委員会では、鹿児島市民と外国人との交流を活発に行うことにより、国際的な価値観を養える市民の育成の場と国際化に対応出来る地域ネットワークの構築を行い、国際力豊かなまちづくりを目指して活動に取り組みます。

姉妹JC盟約を結んでいる利川JCとの交流は、昨年で35周年目を迎え、着実に鹿児島における民間外交の一翼を担ってまいりました。そこで継続され続けている交流は、国や文化、価値観が違っても国家間の問題とは別の次元で分かり合える仲間として、毎年着実に友情と絆を築き上げてきました。本年度も利川JCとの交流事業を継続し、相互に理解し友情を深めさらにこの交流事業を広く市民に発信し、参画を促すことにより、異文化交流の素晴らしさを実感する心と国際的な価値観を養える市民の育成の場を提供します。また国際的なまちを創造するためには、鹿児島市民が国際交流の現状を認識し、市民と外国人との交流に関わる当事者意識を持つ必要があります。そして国際色豊かなまちを創造するため、官公庁、各種企業、団体等に協力を依頼し情報の収集を行い、その情報を活かして国際交流に関する調査研究を行います。現在世界が抱える様々な問題を解決するために、JCIが行っている国際貢献活動に関する情報を収集し、その協力窓口としての役割を果たし、鹿児島JCと市民がより良い国際の機会に参画出来る様に取り組んでまいります。

鹿児島市民と外国人が、言葉や文化価値観の違いを乗りこえて交流することにより、国際的な価値観を有する市民が育成され、地域の国際化につながります。これにより国際色にあふれる豊かな人々が集うまち鹿児島の創造につながると確信します。

郷土づくり委員会委員長:鶴之園 大輔

これまで鹿児島JCは、郷土鹿児島の明るく豊かな未来を実現するため、市民とともに情熱と誇りを胸に活動を行ってまいりました。様々な活動の中で時代とともに育んできた伝統文化があります。これまで継承してきた先人達へ感謝の心を持ちながら、これからの郷土鹿児島を担っていく次の世代へ鹿児島の魅力と伝統文化の継承を行い、ひととまちのつながりを活かしながら地域を活性化させ鹿児島を元気にするため取り組んでまいります。

郷土づくり委員会では、郷土鹿児島を明るく元気にするため、鹿児島JCが行う事業に多くの市民を巻き込み、様々な活動を通して、市民とJCメンバー同士が交流を深め、まちに対する当事者意識について自覚を持っていただき、一つの運動体として積極的に活動を行ってまいります。また、これまで鹿児島JCが継続的に行ってきた伝統文化活動を活かし、より多くの市民に伝統文化を肌で感じてもらう事で、市民一人ひとりに地域に対する魅力や郷土愛に気付いていただき、ひととまちの活性化へとつないでまいります。また未来を担う子ども達に対しても、幼いころから伝統文化に触れてもらうことで、郷土鹿児島の魅力や人とひとのつながりの大切さを感じていただき、地域教育と伝統文化の継承につなげてまいります。鹿児島JCと市民とが協働して、郷土鹿児島に対する思いを胸に情熱と志をもって能動的に活動する事で魅力ある人々が生まれ、まちを元気にしてまいります。そして、活力を持った地域を広く社会へ発信する事で、地域の活性化につながり、色彩豊かな鹿児島創造と誇りある鹿児島へとつなげてまいります。

先導的役割である鹿児島JCが市民との交流を深め、心をひとつに、つながりを活かした運動を行う事によって魅力ある郷土鹿児島へと成長して行きます。そして、魅力あるひとが集い色彩豊かなまちが織りなす世界に誇れる鹿児島の創造につながると確信します。

カテゴリ一覧

公益社団法人 鹿児島青年会議所 事務局

  • 〒890-8586
    鹿児島市新照院町41-1 城山観光ホテル内
  • tel:099-222-1342
  • fax:099-222-1164
  • mail: