JC運動拡大室

JC運動拡大室
LOM活性化委員会
JC運動発信委員会

JC運動拡大室室長:白男川 賢治

本年、鹿児島JCは、JC運動を積み重ね60周年の節目を迎えます。これまで、よりよい鹿児島の未来を夢見た先輩の志を脈々と引き継ぎ、その時々の時代に即した様々な運動を展開してきました。これからも、地域のリーダーとして主体性をもった運動を展開していくために、JCの理念、鹿児島JCの魅力を広く強く発信し、さらに、信頼と説得力のある組織として、市民の方々の協力と参画のある運動の輪を広げていかねばなりません。

本年度JC運動拡大室では、鹿児島JCが今後も情熱に満ちた運動を展開していくために、情報や意識の共有の強化を図り、メンバーの心がひとつになるように努めます。同時に、JC運動がより多くの市民にしっかりと発信できるように、市民目線のわかりやすい情報となるように精査し、積極性をもって発信してまいります。先ずは、既存の広報ツールを有効に活用し、合わせて新しい広報ツールも模索して綿密な打ち合わせの下、情報の質を高める努力を行い、より効果的なJC運動の発信を行います。また、組織活性化の基盤となる会員拡大運動においては、同志の拡大に留まらず、JC運動の意義・目的を再認識する場とし、JCメンバーが自ら活動と運動について深く理解する機会を創ります。そして、市民へJC運動を広く伝え、仲間や協力の輪を広げる草の根的運動を展開します。また、日々のJC運動の情報共有をより活発にし、メンバー同士の志の統一、向上に努めます。それにより、主体性を持って運動に参画することで、リーダーとして成長することにつながり、組織はより活性化され、JC運動の輪を広げ続けることが可能となります。

心をひとつにし、鹿児島JCの志を再度、胸に灯し宿すことで、さらなるJC運動が展開出来るはずです。そして、鹿児島JCの情熱を積極的に発信し運動の輪を広げ続ける事で多くの市民の意識変革を促し、活気あふれる色彩豊かな鹿児島の創造につながります。

LOM活性化委員会委員長:岩元 剛

今年は鹿児島JC創立60周年という節目の年であり、鹿児島JCを見つめ直す機会となります。現在、組織の会員数の減少や出席率の伸び悩みが喫緊の課題であり、その解決には、多くの同志を増やし、鹿児島JCの一員であるという自覚と、率先して行動する高いモチベーションを持つ必要があります。そして活性された組織として魅力的な運動が発信され、地域へ前向きな影響を与え社会の負託に応える存在へと成長することが出来ます。

組織を活性化させるために、常にアイデアを捻りだし勇気を持って実践することで、多くのメンバーへ当事者意識を喚起して活発な行動を促します。そのことは、全てのJC運動へ影響をもたらし事業達成への近道となります。同志拡大の手段として会員拡大活動がある事を、誠意と危機感をもって拡大推進会議を中心に伝えてまいります。仲間や協力者の輪を広げるという草の根運動を通し、メンバー一人ひとりがJC活動を振り返りながら、運動への理解と意識を高めます。そのことで、情熱のある運動が市民へ伝わり賛同者が増え、新入会員の新しい英知を受入れることにつながります。新入会員はこれからの鹿児島JCを担う財産であり、スムーズにLOMに馴染めるよう、効果的なオリエンテーションを企画します。また、屋久島JC主管のもと開催されるブロック大会においては、スポンサーJCとして支援を惜しまず、共に大会の成功を目指します。更に、各委員会がJCIアワード・国内褒章を意識した事業を構築できるように研究し、2013年度の事業を精査して申請書類作成をおこない、日本・世界へ鹿児島JCの運動を発信してまいります。

組織の活性化を図り一人ひとりの毎日が充実していく組織に変革します。その充実の源は私たちの成長であり行動する力です。私たちが心をひとつに行動し、個性が輝き情熱と誇りあるJAYCEEを明日の鹿児島へ輩出することで色彩豊かな鹿児島を実現させます。

JC運動発信委員会委員長:新居 武知

鹿児島JCは地域のために、より公益性の高い運動を目指し、行動していく必要があります。そのJC運動を市民の方々に情報として発信し浸透させることで市民の方々に意識変革をもたらすことが重要であり、その意識変革によって行動が伴うことで明るい豊かな社会は実現へと導かれます。情報過多になった現代において、鹿児島JCが行う運動を市民の心に響く情報として広く的確に発信し、行動する市民を増やしていくことが担いです。

私たちの行うJC運動はメンバーだけでは成り立たず、市民との協働が必要不可欠です。そのために当委員会ではメンバー間の情報共有を効果的にし、鹿児島JCの対外的な情報発信の担い手として、すべての運動にコミットし、より多くの方々の目に届くよう、分かりやすく心がつながる情報として発信します。つまり、各事業の意義・目的をしっかり汲み取り、漫然と取材するのではなく事前に各事業主体と深く関わりを持つことで、より情報の質を高めることに努めます。また、事業開催までのプロセスを順に追いかけ、綿密な取材と迅速な掲載をすることで市民の方々がより興味を持つ情報となります。特に媒体においてはSNSを効果的に活用することで1次的な発信の広がりを持たせます。また、SNSの特性である迅速な広がりから、各事業との連動性を高めます。そして、より深い情報はSNSとホームページを連動的に更新し、リンクを張って更新することで、市民の方々が容易に鹿児島JCの情報を入手できるようにします。また、ホームページ作成についても利用者目線で構成し、必要な情報が必要なひとに届くよう運用に努めてまいります。

メンバー間の情報共有を高め、情報を市民の方々に広く的確に伝えることにより、JCが行う運動への理解を深めていただきます。そして、市民の方々の意識変革を促し多くのJCファンをつくっていくことで協力の輪を広げ、色彩豊かな鹿児島の実現につなげます。

カテゴリ一覧

公益社団法人 鹿児島青年会議所 事務局

  • 〒890-8586
    鹿児島市新照院町41-1 城山観光ホテル内
  • tel:099-222-1342
  • fax:099-222-1164
  • mail: