教育室

教育室
会員研修委員会
青少年育成委員会

教育室室長:神前 明浩

鹿児島JCは、戦後の創立時より明るい豊かな鹿児島を目指した運動を行い、本年で60年を迎えます。私たちは、この連綿と続く運動を継承し、更に力強いものとしなければなりません。また、鹿児島が、自立的に発展していく地域となるためには、鹿児島に住み暮らす人々が、郷土に誇りを持ち自立した人である必要があります。そのために、メンバーを決断力あるリーダーへ、未来の鹿児島を担う青少年を自力ある人へ育成してまいります。

鹿児島JCの運動が力強いものとなるためには、メンバー一人ひとりが、自らの活動・組織の運動を深く理解し、まちに対する当事者意識を持って能動的に参画していく姿勢がなければなりません。そして、私たちが運動を広げていくためには、今日の変化の激しい時代に即応した活動・運動を見定めて決断し、市民の方々を大胆に巻き込んでいく力が必要です。これまでの研修プログラムを見つめ直したうえで、当事者意識と決断力を備え率先垂範するリーダーを育成するための研修を行います。また、青少年の育成については、取り巻く環境の変化によって、自主性の発揮や道徳心の育成等について懸念される現状があり、親や学校の教育を補う地域教育の重要性が高まっております。更に、道州制や地方分権の時流から、全国画一的に行われる教育制度に依存するのではなく、人材育成のための精神性を残す鹿児島らしい教育の確立が求められます。青少年が自ら考え行動できる力や道徳心を育む環境をつくり、鹿児島特有の歴史や文化をはじめとする地域教育のエッセンスを取り入れて、鹿児島らしい青少年育成の確立を目指して事業を展開してまいります。

メンバー一人ひとりが当事者意識を持った決断力あるリーダーとなり、未来ある青少年が郷土に誇りを持ち自ら考え行動できる自力ある人へ成長することで、未来の鹿児島が郷土を想う個性ある人で溢れ、特色ある色彩豊かな明るい鹿児島となることを確信致します。

会員研修委員会委員長:寺田 功

私たちメンバー一人ひとりは、明るい豊かな社会の実現を目標に、JC運動を通じ地域のリーダーとして日々活動しています。これから更なる市民の参画の輪を拡げるためにも、メンバーはリーダーシップの一つである大胆さと激しさを持ちあわせる必要があります。そのために、メンバーを情熱と誇りあるJAYCEEへ、更に大胆さと激しさを持った地域のリーダーへと成長させることで、市民への信頼と説得力のある組織を実現します。

青年会議所は、目的意識を持って語り合い決めて実行する団体です。メンバーがJCの一員として高い目標を持ち、質の高い議論を交わし合うことで互いを高め合うことが出来ます。そして、積極果敢な行動をとり、多くの市民の方々を巻き込む大胆さと激しさは、地域のために確固たる決意と失敗を恐れない決断力からくるものです。その決断力を持った行動が、自分の周りに刺激を与え、地域を思う意識改革に導きます。そのために、まず新入会員研修ではJCの意義、目的を理解し、これからのJC運動に主体性をもって参画するためのきっかけとします。鹿児島JCの会員研修プログラムを、これまでのプログラムを継承しつつ時代に即したより良い研修に組み替えてまいります。また、この研修を通じて絆を深めた新入会員同士が、好奇心や情熱を保ちつつ自己成長の機会を活かしていけるようにサポートしてまいります。そして、正会員研修ではメンバー一人ひとりが、リーダーシップを発揮する上で大切な決断力を身につけ、地域のため自分にできることを考えてもらうことで、当事者意識の喚起と情熱と誇りを養う気付きや学びを得られる場とします。

メンバー一人ひとりの決断力の高まりは、メンバー同士が互いに刺激し合い、各々の成長を相乗的に促すことにつながります。そして、鹿児島JCが説得力と信頼のある組織を実現し、その運動に対し市民の方々の参画を得て、色彩豊かな鹿児島の実現につながります。

青少年育成委員会委員長:鵜木 利成

近年、青少年を取り巻く教育環境が変化し、地域独自の地域教育の確立が求められてきております。私たちが住み暮らす鹿児島は、薩摩藩の伝統的な教育方法であった郷中教育によって、これまで数々の偉人を輩出してきました。夢や希望を抱き、直向きに努力する青少年の姿は鹿児島のたからです。そこで、当委員会は、青少年の個性を育み、自らを信じ、考えて行動できる自力ある青少年の育成を行ってまいります。

物質的に豊かになり、情報化社会といわれる等便利になった現代の生活から、まずは青少年を一歩踏み出させ、豊かな自然環境の中で、普段の生活では体験できないことに挑戦することにより、自らを信じる心を培います。そして、ありのままの自然を全身で体感することで、豊かな感性を育みます。そこで、目標を達成するために必要なことを自ら考えて、行動を起こすことができる自主性の基礎を築きます。また、出会った仲間との共同作業を通して、さまざまな個性を知り、お互いを思いやることで、助け合って力を合わせることの大切さを学びます。それにより、共に成し遂げることができた達成感を共感することで協調性と和の心を養います。さらには、薩摩の伝統教育である郷中教育にあったように、年齢の異なる世代間との交流による教えや学びを通して、ものごとの分別を教わり、郷土や歴史に触れることで、故郷を誇れる郷土愛を培っていきます。また、市民の方々にも、鹿児島のたからは地域のたからという共通の想いを持って参画頂き、地域一体となった青少年の育成を見守ることができる新たな機会を創出してまいります。

自分を信じ、自ら考え行動できる自力ある青少年は、夢や目標を実現するために、自主的かつ能動的に行動を起こしていきます。その行動がまわりの人やまちに波及することで、未来の鹿児島が個性に彩られて発展し、色彩豊かな鹿児島となることを確信致します。

カテゴリ一覧

公益社団法人 鹿児島青年会議所 事務局

  • 〒890-8586
    鹿児島市新照院町41-1 城山観光ホテル内
  • tel:099-222-1342
  • fax:099-222-1164
  • mail: