未来創造室

未来創造室
60周年事業運営委員会
JCI ASPAC誘致委員会

未来創造室室長:前田 翔太

創立60年を迎え、鹿児島JCは、行ってきたJC運動をこれまで以上に見つめ直し邁進していかなければなりません。また、鹿児島の未来のために、メンバー一人ひとりがあらゆる方面に関心を持ち、夢の実現に取り組む姿勢と、困難に立ち向かっていく揺るぎ無い信念を持つべきです。鹿児島の未来創造実現のために、我々が先頭に立ち、新たな運動に挑戦して、市民や諸団体を含む地域へ鹿児島JCの運動を伝播していくべきであります。

我々は、鹿児島の未来を創造する市民のリーダーとして、我々自身の成長と新たな運動に挑戦する高い志が必要であります。そのために、鹿児島JC60年の歴史を繙き、先輩方やこれまで支えて頂いた市民や諸団体を含む地域への敬意、感謝を形にして、未来へとつないでまいります。それにより、我々が、先輩方のまちに対する情熱、事業に取り組む上での知恵を再認識し、未来創造に取り組むことで、地域の発展に真摯に取り組む自身の成長を促します。また、鹿児島JCと鹿児島の未来に向け、邁進する我々の使命と責任を明確にした運動を行ってまいります。我々には、地域をこよなく愛し、力を合わせて培ってきた経験があります。その経験を活かし、鹿児島をアジア諸国に向けて発信できる、新たなる夢の実現へと進んでまいります。それにより、我々が日本のみならず世界に鹿児島を発信することで、魅力的な鹿児島JCと誇れる鹿児島の確立、更には鹿児島の国際都市としての進展が図れます。我々が、高い志を持ち、諦めず、新たな目標に向かうJAYCEEへと成長することで、地域のリーダーとして、鹿児島の未来創造の先駆者となります。

これまでの歴史を繙き、我々が、鹿児島の未来のために地域を見つめ直し、新たなる夢の実現に取り組むことで、一人ひとりが力を合わせて前向きな運動を行う魅力的な鹿児島JCが確立されます。それらにより、我々は、鹿児島の未来創造の実現へと邁進できます。

60周年事業運営委員会委員長:坂口 雄一郎

60周年の節目を迎え、更なる明るい未来の鹿児島を創造するために、我々は60年の歴史に感謝すると共に、これまでの歩みから新たな可能性を見出さなければなりません。脈々と受け継がれてきた熱き想いを絶やさず、色彩豊かな鹿児島を創造するため次の10年に向けて行動する必要があります。そのためには、より一層メンバーの団結力を高め、メンバーが一丸となり市民の意識を変革すべく、新たな運動に取り組むことが不可欠です。

これまで鹿児島JCを支えて頂いた方々へ、60周年の節目に改めて感謝の気持ちを伝え、未来へ向けて青年らしく挑戦する気概を奮い立たせるために記念式典を開催します。同じ志を目指し、共に切磋琢磨した仲間と60周年を迎える喜びを共有することはかけがえのないものであり、これまでの歴史を再認識し新たな可能性を探ることは、我々の今後の活動においての力強い糧となります。また、市民の方々へ改めて感謝の気持ちを伝え、鹿児島JCの歩みに触れて頂き、将来のビジョンを発信する記念事業を開催します。記念事業を通して、鹿児島JCへの更なる理解と協力を頂く機会を得ることで、地域社会との一層深いつながりを構築します。実施にあたっては、多くの方々を巻き込み協力を得ることが不可欠であり、メンバーが一丸となって取り組む記念式典と記念事業の開催が必要です。メンバーを巻き込み、協力を得る中で互いを思いやる気持ちは育まれ、メンバーが一丸となり、団結力は更に強くなるものと考えます。鹿児島JCが強い団結力でJC運動を今後も広く発信していくことで、市民と共に歩む新たな10年に向けての一歩となります。

我々が、新たな可能性を信じて大きな夢への実現に向けて挑戦し続けることで、メンバーの心はひとつになり、魅力的な鹿児島JCは確立されます。鹿児島JCに揺るぎ無い信念を持つJAYCEEが溢れることは、鹿児島の未来創造の実現に向けての礎となります。

JCI ASPAC誘致委員会委員長:緒垣 雄一

これまで鹿児島JCは、時代の変化に応じて様々な事業を行ってきました。2009年、鹿児島の国際化を進展させるとともにメンバーの成長へとつなげるために国際アカデミーを誘致・開催しました。そして、私たちは世界に誇れる鹿児島をビジョンに掲げ、強い覚悟で世界とのつながりをつくり、更には活かしていかなくてはなりません。鹿児島の未来創造のために更なる国際化を目指し、JCI ASPAC誘致に向け挑戦していきます。

当委員会は、鹿児島が更なる国際化を図るために、JCI ASPAC鹿児島大会の実現を目指します。JCI ASPAC(アジア太平洋エリア会議)は、メンバーがアジア各国で行われている活動・運動を共有し、友情を深め合い、情報を交換し刺激を与え合う国際的な機会です。先ずは、鹿児島JCメンバーがJCI ASPACの情熱や思いを肌で感じ、開催までの道のりを理解することが必要です。そのために、本年開催されるJCI ASPACに参画し、一人ひとりの経験を積み上げ大会開催へ向けて心をひとつに活動します。更に、九州地区協議会内のすべてのメンバーに誘致する意義目的や鹿児島の魅力を伝え、賛同を得るために、国内外の各種大会に主体的に参加します。また九州地区協議会内の会員会議所すべてに説明に伺うことでネットワーク構築に努め、支援の輪を広げてまいります。そして、鹿児島市や県にJCI ASPACの魅力や誘致する意義目的を伝え、情報を共有して連携を図ります。また、日本JCとのつながりを活かし、鹿児島JCが行う運動を客観的に検証していくためにもアワードの推進を図り、申請を行ってまいります。

私たちが心をひとつに市民を巻き込んだ国際化運動に挑戦することで、鹿児島の未来創造の気概や覚悟が波紋のように広がり共有していくことができます。さらに多くの賛同・支援を頂くことでJCI ASPAC鹿児島大会に向けた一歩を踏み出せると確信します。

カテゴリ一覧

公益社団法人 鹿児島青年会議所 事務局

  • 〒890-8586
    鹿児島市新照院町41-1 城山観光ホテル内
  • tel:099-222-1342
  • fax:099-222-1164
  • mail: