総務室

総務室
総務委員会
渉外委員会

総務室室長:髙山 慎司

これまで鹿児島JCは地域の更なる発展と人々の幸せを願い、様々な活動・運動を行ってきました。60周年を迎え、これからも明るい豊かな社会を築いていくためには、より社会の負託に応えうる確かな組織となること、そして全国の青年会議所や地域の諸団体ともつながりをもち協働出来る組織となることが求められます。そのために総務室は内部運営と外部連携の両面から組織の下支えを行い、鹿児島JC全体の組織力の向上を担います。

力強い運動を展開するためには、それを支える確かな基盤と、心をひとつにして取り組む志を共有することが必要です。そのために組織の方向性を決定・共有する会議運営や、各種基本ツールの作成運用など、我々の活動・運動の根幹となる組織運営を確実に行ってまいります。それにより鹿児島JC全体の心をひとつにし、組織力を向上させます。さらに財政規則・法令遵守の審査を行うとともに公益法人としてあるべき姿を周知し、公益運用を確立することで適正かつ円滑な会議運営を行い組織としての公益性と透明性を高めます。また、本年度の鹿児島JCに恵まれた九州・日本・世界とのつながりや学びを得るための大きなチャンスを活かして、出向者支援・来訪者へのおもてなし・各種大会への参加促進を行い、メンバー全員で渉外活動を行えるようサポートします。メンバー一人ひとりに多くの仲間との出会いや気付き、学びを得て成長してもらうことで、メンバーの経験値を高め、鹿児島JC全体の組織力を向上させます。そうして得たつながりを活かして、外部と協働しながら地域が抱える大きな問題に対しても取り組んでいける組織を目指します。

総務室が鹿児島JC全体の組織力を向上させることで、メンバー一人ひとりが情熱と誇りをもち、主体的にJCの活動に参画できるようになります。そしてそれぞれの個性が輝きつつ心をひとつに運動を行う強い組織を確立し、色彩豊かな鹿児島の創造につなげます。

総務委員会委員長:立山 修介

近年、コンプライアンスの意識が浸透し、あらゆる組織で高い透明性が求められています。鹿児島JCも公益法人格移行から3年目を迎え、より公益性と透明性の高い組織運営を目指す必要があります。そのために総務委員会では、鹿児島JCがこれからも持続的に発展するために、鹿児島JCメンバーの心をひとつにし、組織力を向上させていくための基盤となり、組織内部運営の確実な実行と改善、公益運用の体系化と審査を担いとします。

鹿児島JCの最高意思決定機関である総会の企画・運営並びに理事会の設営を行い、それらの会議進行の記録として議事録を作成します。そして、マニュアルを用いた上程議案の財政規則・コンプライアンスに関するチェックを行い、透明性の高い組織内部運営を行います。また、公益運用のための規約やスケジュール、フォーマット等を明確にし、これまでの在り方を日本JC・他LOMと照らし合わせ、その運用方法を確立するためのマニュアルを作成することで、より公益性の高い組織を目指します。さらに、基本ツールであるJC手帳・名刺・基本資料などの作成、並びに内部HPの運営を行い、鹿児島JCが行う活動・運動の根幹となる理念や規則の共有のため、それらを活用して頂くことで志の共有につながり、メンバーの心がひとつになります。これまで総務に携わってこられた方々の努力を継承しつつ、新たな角度から検証と改善を重ね組織力の向上に努めます。我々総務委員会が組織の基盤となり、鹿児島JCの円滑な組織内部運営を行い、適正な事業実施へと導くことにより社会の負託に応え得る説得力ある確かな組織となることを目指します。

総務委員会が組織の基盤となり、心を通わせ共に力を合わせて物事に対処していく和衷共同の精神を鹿児島JCメンバーに伝播します。そして心をひとつに合わせ強い組織を形成することで、情熱と誇りあるJAYCEEによる色彩豊かな鹿児島の創造につなげます。

渉外委員会委員長:中村 信吾

60周年を迎えた鹿児島JCがこれからも明るく豊かな社会を築いていくためには、全国の青年会議所や地域の諸団体と協働出来る組織となる必要があります。そのために組織外部との連絡・交渉・伝達という渉外本来の役割を果たすだけでなく、鹿児島JCメンバーともコミュニケーションを取り、外部に目を向ける機会を提供することで、メンバー一人ひとりが多くの出会いと経験を通じて成長してもらうことを渉外委員会の担いとします。

渉外委員会では、年間を通じた渉外計画を作成し、各種大会に参加していただけるよう委員会割り振りを行いすべてのメンバーを巻き込んで、渉外活動を行ってまいります。また各種大会・事業等の意義や目的を伝え、情報を早期に周知することにより参加を促進させ、参加状況の把握も行ってまいります。そして各種大会へメンバー一人ひとりが参画することで、JCでしか得ることのできない多くの仲間と出会い、学ぶことで成長できます。そしてメンバー一人ひとりが成長することで鹿児島JC全体の組織力の向上につながります。さらに九州地区協議会会長輩出LOMとして、出向者をサポートするためにも多くのLOMメンバーで万全に渉外活動が出来る体制を作ります。そのために出向メンバーと情報を共有することにより、日本、地区、ブロックの動きを把握します。その情報をもとに各種大会等で担当委員会の渉外活動が、円滑に運営出来るようにサポート致します。60周年記念式典では多くの方々に来訪していただく為に、事前に情報を発信します。そしてLOM全体で渉外活動を行う事で、鹿児島JCの魅力を多くの人々へ伝えてまいります。

渉外委員会が率先して各種大会の意義や目的を伝え、鹿児島JCメンバーが出向や各種大会で得られる多くの人々との出会いや気づきにつなげます。一人ひとりの成長により鹿児島JC全体が向上することで強い組織を確立し、色彩豊かな鹿児島の創造につなげます。

カテゴリ一覧

公益社団法人 鹿児島青年会議所 事務局

  • 〒890-8586
    鹿児島市新照院町41-1 城山観光ホテル内
  • tel:099-222-1342
  • fax:099-222-1164
  • mail: