諸先輩方からのメッセージ

諸先輩方のメッセージ

津曲 貞利鹿児島JCシニアクラブ代表世話人 (社)鹿児島青年会議所第40代理事長

シニア会員

私が鹿児島青年会議所に入会したのはまだ29歳、東京から鹿児島の会社にUターンして2年足らずの頃。当時の社長からの勧めで厭々ながらの入会でした。

しかしながら変化の少ない鹿児島での生活に飽きと諦めを感じつつあった私にとって、青年会議所での様々な活動は全てが新鮮で、魅力的でした。「まち」に対する愛着、日本の将来を担う子供たちの育成、地球規模でものを考えることの大切さを学び、真剣に議論し、そのことによって鹿児島のみならず全国、あるいは海外にまで、明るい未来についてともに語り合える友人を沢山得ることが出来ました。これらの宝は私のその後の人生において大きな支えとなり、今でも励みとなっています。

先の見えない時代だからこそ、是非青年会議所に入会して未来を洞察し、行動できる力を磨いて欲しいと思います。

大城 仁2013年度入会

会員

私は2013年度入会の大城 仁と申します。
JC生活1年目は海を活かしたまちづくり委員会へ配属され、桜島錦江湾横断遠泳大会の運営に携わりました。

参加者が選手・監督合わせ750名を超える大規模の大会で、初めてスタッフとして間近でゴールシーンを見させていただきましたが潮に流されながら必死に泳ぎ切った選手たちのゴールは『感動』の一言でした。この大会運営を通して同じ委員会メンバーとはとても充実した日々を過ごすことができ、異業種でありながら志の高い仲間たちと同じ目標に向かって突き進む事で共に成長させていただくことが出来き、『信頼と絆』をこのJCで得ました。

また、委員会メンバーだけではなく、同期入会のメンバー達も素晴らしい仲間たちに恵まれました。この仲間たちと出逢えた事が今後の人生の大きな財産になると思います。この素晴らしき仲間たちと共に今後も郷土鹿児島の為にまちづくり・ひとづくりに携わっていきたいと思います。

徳永 麻里紗2011年度入会

会員

私は2013年度入会の徳永 麻里紗と申します。
入会のきっかけは信頼している方からの、「JCは社会勉強になるよ」という勧めからでした。

2013年度新入会員としての初めての配属は、海を活かしたまちづくり委員会でした。名前の通り、愛する鹿児島のシンボルでもある、桜島をバックに錦江湾を横断遠泳する大きな事業の実行委員でした。普段接する機会のない大学生や地域の方々との出会いだったり、こんなに身近にある錦江湾のことも知らないことばかりで、大変勉強になりました。そして何よりJC会員の先輩方、同期との絆・・・大きな事業を運営していく中で、こんなにも仲間になれるんだと思いました。大人になり、社会にでて、こんな絆が生まれる機会は、なかなかないと思います。

JC活動を通していくなかで、いろんな学びが生まれるんだなと事業に参加させて頂くたびに感じます。これからも多くの気づきをJC活動で学び、多くに方々に出会い、人として成長していきたいと思います。

鎌田 佳代学生

ボランティア

私は鹿児島青年会議所が中心となって企画運営している「錦江湾横断遠泳大会」に参加し、運営スタッフとして受付や裏方の仕事をしました。裏方の仕事の管理もJCの皆さんが段取りを決めて大会まで週に一度の研修を行ってくださり、スムーズに大会を進行することができました。

鹿児島青年会議所とはどういう活動を行っているのか詳しく知らなかったので、最初JCのみなさんが主体となってこの大会を運営していると聞いたとき驚きました。しかし、鹿児島を盛り上げるために様々な企画をし、真剣に取り組む姿を見て誇りに思いました。

普段はあまり年上の方と一緒に何かを成し遂げるということも少ないのですが、JCのみなさんと大会を運営するなかで日常では感じることのない責任感や連帯感、達成感を味わうことができました。このような素晴らしい大会、そしてJCのみなさんと活動できたことをこれからの糧にしていきたいと思います。ありがとうございました。

カテゴリ一覧

公益社団法人 鹿児島青年会議所 事務局

  • 〒890-8586
    鹿児島市新照院町41-1 城山観光ホテル内
  • tel:099-222-1342
  • fax:099-222-1164
  • mail: