入会をお考えのみなさまへのメッセージ

※2015年度のご入会は締め切りました。多数のご応募、誠にありがとうございました。

入会をお考えのみなさまへのメッセージ

津曲 貞利鹿児島JCシニアクラブ代表世話人 (社)鹿児島青年会議所第40代理事長

シニア会員

人には必ず幾度か、その後の人生を左右するような大きな転機が訪れます。就職、結婚、転職、肉親の死・・。私にとって青年会議所はまさにその一つです。

二十代半ばで父親を失った私は止む無く東京の会社を辞め、母親の暮らす鹿児島にUターンして新しい職場に就きました。東京に比べるとゆったりと時間の流れる鹿児島での仕事や暮らしも、慣れてしまえばそれほど悪くはないけれど、何か物足りなさを感じていた頃、青年会議所入会の誘いが来ました。当初は気が進まなかったものの、えいやと飛び込んだ青年会議所は魅力満載の玉手箱でした。入会しなければ知り合うこともなかったであろう友人に出会い、鹿児島のこと、日本のこと、世界のこと、そして地球のことを真剣に考えるようになりました。世の中は一人では生きられないこと、しかしその一人一人の力こそが世の中を動かす原動力であることを学ぶことが出来たのも、青年会議所のおかげでしょう。

人生の中で青年と呼ばれる時期はそれほど長くはありません。今しみじみと、私の背中をポンと押して入会を勧めてくれた人に感謝しています。

山口 和樹2014年度入会

会員

私の、JC活動1年目は60周年事業運営委員会に配属され、60周年事業の運営に携わりました。

まず5/10(土)の創立60周年記念式典、次に9/28(日)のKAGOSHIMA SOUND SET FES 2014と多忙なスケジュールの中で事業開催に向け委員会メンバーと同じ方向にベクトルを向け活動を行うことができ共に成長させていただくことが出来ました。これら事業により、JC活動を通し多くのことを学び、多くの仲間との出会いを与えていただきました。

またJCに入会して私が一番良かったと思うことは「素晴らしい仲間」に出会えたことです。経歴も仕事も性格も違う仲間からは様々なことを学ぶことができました。困ったことがあれば仲間が手を貸してくれました。入会しなければ得られなかった事は多くあり、目標を掲げ、その目標を達成するためにお互いの意見をぶつけ合える仲間と出逢えたことは今後の人生において素晴らしい財産となると思います。その学び舎において、一つ一つ積み重ねるそのすべては自分の『成長』へと導いてくれていることを確信しております。その感謝の気持ちを胸に、自分に与えられた責任を自覚し、自分に出来ることは何かを常に考え、未来を描きながら、情熱と覚悟をもって明るい豊かな社会の実現のために行動して参りたいと思います。

多くの人に素晴らしさを伝え、JAYCEEとして、JCの素晴らしさを伝えられるようになりたいと思います。

小村 桃加2014年度入会

会員

私の入会のきっかけは、職場の上司の友人からのお誘いでした。その方から『JCは人脈も増え、社会勉強の場になるよ』と伺い、最初はなかなか気が乗らず、お断りしていましたが、それでも熱心に話をしていただき、JCに入ろうと決心しました。

初めて配属された委員会は、JCI ASPAC誘致委員会でした。JCIの国際会議の一つであるJCI ASPACを鹿児島に誘致する委員会だと聞きましたが、内心、よくわからない委員会だと思っていました。入会して2ヶ月後に山形県でJCI ASPACが開催されるということで、委員会の方々と一緒に参加しました。そこで、日本全国のJCの方々、アジア各国のJCの方々と交流させていただき、改めてJCの規模の大きさを感じました。また、「鹿児島青年会議所の小村です」の一言で日本人はもちろん、国外の方ともすぐに友達になれる、出会いの機会をたくさん与えてもらえる凄い団体に入ったのだなと実感しました。その後もいろいろな事業に積極的に参加し活動することで、すべてにたくさんの素敵な出会いがありました。

JCで得られる気づきや学びは普通に生活している上では学べない事ばかりで、とても良い経験となっています。21歳の私はJCに入って沢山の仲間、絆を得ました。これからもJCを通して沢山の経験をして、来年の22歳の私は今年の21歳の私より成長していけると思っています。

冨田 葵学生

ボランティア

今回自分は「ぼくらの100日間」に自ら進んで参加しました。その中でギネス世界記録の更新を目標に様々な事に挑戦しました。

これまでによく知る人達をまとめる事は何度か経験がありましたが、初対面で名前も顔も知らない人達をまとめるということは初めてで、リーダーというものを自分から進んで引き受けたものの、最初はとても難しくなかなか上手くいきませんでした。しかし、講座を重ねながら会ううちに打ち解けることができ、他のサブリーダー達の支えもあって最後はチーム一丸になれたと思っています。

真剣に何かに取り組む人生の先輩としての大人というものは初めて見ましたが、自分はそんな人達に迷惑をかけまいと背伸びをするのが精一杯だったこともありました。まだまだ自分は見識も知識も大人には到底及ばない子供だという事を実感させられました。それはとても悔しいことであり、同時にとても嬉しいことでもありました。今回のような事業の参加者の一人としては余りにも多くの事を学べたと思います。

Recent Entries

12月臨時総会

12月臨時総会

2015-12-15 00:00
クリスマス家族会・卒会式

クリスマス家族会・卒会式

2015-12-06 23:59
11月例会~未来のために~

11月例会~未来のために~

2015-11-24 05:06
2015年度 会員拡大引継会議

2015年度 会員拡大引継会議

2015-11-17 10:02
JCI世界会議金沢大会

JCI世界会議金沢大会

2015-11-08 16:11

more

  • KJC Facebook
  • Members Login
  • KJC Schedule

公益社団法人 鹿児島青年会議所 事務局

  • 〒890-8586
    鹿児島市新照院町41-1 城山観光ホテル内
  • tel:099-222-1342
  • fax:099-222-1164
  • mail: