入会のご案内

仕事が忙しいあなたこそ、公益社団法人 鹿児島青年会議所への入会をおすすめします。

多忙で公益社団法人 鹿児島青年会議所に参加する余裕がないとお考えのあなたこそ、あえて入会をお勧めします。

なぜなら公益社団法人 鹿児島青年会議所の会員は、あなたと同じハードスケジュールの青年経済人で構成されています。青年会議所では、より効率的な時間の管理法を身につけ、さらに充実した時間を生み出すことを目指しています。

まず、月に1回の例会と、委員会への参加というスケジュール調整からスタートしてみて下さい。

公益社団法人 鹿児島青年会議所は、大きな可能性に向けての自己投資です。

公益社団法人 鹿児島青年会議所に入会すれば、入会金や年会費が必要になります。
しかし、参加すればする程、投資を上回る大きな収穫をあなたにもたらすのが青年会議所です。

多くの青年会議所メンバーは時間と費用を自己投資として考えています。私達の住んでいる地域社会の発展を目指す活動を通して、統率力や指導力に磨きをかけること、公益社団法人 鹿児島青年会議所はもちろん全国に多くの仲間を作ることもできます。

あなたの貴重な「投資」は、青年経済人であるあなたの将来に大きな可能性をもたらし得ると私達は考えています。

理事長挨拶

鹿児島青年会議所は1954に設立され、本年度62年目を迎えます。これまで歴史を綴ってこられた諸先輩方をはじめ、多くの皆様のご理解とご協力により、青年会議所として活動・運動を続けてこられましたことに心より感謝を申し上げます。

私たち青年会議所(JC)は20歳~40歳までの青年が集い、「明るい豊かな社会」の実現を目指して日々活動を行っている団体です。また、JCの活動・運動は鹿児島だけではなく、日本全国697の会議所、全世界では約120の国家青年会議所があり、約5,000の地域の会議所で続けられており、1915年から始まったこの運動は本年度で101年目を迎えます。そして今も、約20万人の青年が世界のどこかで、それぞれが住み暮らすまちや地域をより良くしようと活動を行っています。

本年度の鹿児島青年会議所は「つながりが創る未来への挑戦」~世界に誇れる鹿児島の実現に向けて~をスローガンに掲げて活動致します。今の日本はバブル崩壊から失われた20年と呼ばれる時代を経て、四度目の国難とも言われる2011年の東日本大震災を経験し、やっと2020年に東京オリンピック・パラリンピック開催決定という明るい兆しも見えましたが、人口減少から予想される経済破綻や社会保障制度の行き詰まりなど、未だ明るい将来を見出せない状況にあります。しかしながら、私たちが住み暮らす鹿児島においては、昨年、国民文化祭が開催され、2018年には明治維新150周年を迎え、2020年には国民体育大会の開催を予定しており、活性化の兆しもあります。また、私たち鹿児島青年会議所としましてもJCにおけるアジア大会である、JCIアジア太平洋地域会議【通称:ASPAC(アスパック)】の開催誘致を一昨年度の総会において決定し、誘致活動を進めております。

公益社団法人鹿児島青年会議所 第62代理事長 竹内信二偉人と呼ばれる私たちの郷土の先人は、どのような状況にあろうと希望を失わず、より良い社会の実現を目指して尽力されました。これからどのような未来が訪れるかは、私たち一人ひとりの手に委ねられています。私たち一人ひとりが社会を構成している当事者であるとの自覚を持ち、より良い未来を子ども達に引き継ごうではありませんか。一人でも多くの方が、この運動にご理解をいただき、共に未来を拓いていただくことを心から願っております。

メインメニュー

ニュース一覧

動画視聴

2018 JCI ASPAC 鹿児島大会 誘致に関して(ご報告)

JCI ASPAC 鹿児島大会 PR動画

JCI ASPAC高雄大会が6月開催されます。

鹿児島JC事務局

公益社団法人鹿児島青年会議所 事務局
  • 〒890-8586鹿児島市新照院町41-1
    城山観光ホテル内
  • tel:099-222-1342
  • fax:099-222-1164

2016年度スケジュール