一番神輿 子ども神輿勉強会

2016-07-11 08:00

2016年7月3日(日)13時より、一番神輿 子ども勉強会が開催されました。

まずはじめに、公益社団法人 鹿児島青年会議所 理事長 竹内信二君より、勉強会に参加しました子ども達と、保護者の皆様に感謝の挨拶がありました。
P1170454P1170475

写真左:八坂神社の拝殿での説明会前の様子。 写真右:第62代 竹内理事長の挨拶。

 

この勉強会では、八坂神社 禰宜 岩切さんより
「おぎおんさぁ」とは、どういった行事なのか、どういう歴史を歩んできたのか、また八坂神社とはどういう神社なのかという勉強から始まりました。

「おぎおんさぁ」・・・祇園祭が単なる祭りではなく、神事行事であること。

そして、八坂神社に祀られている神様についてや、八坂神社と「おぎおんさぁ」の関係等、多くのことを学びました。

説明を受ける子ども達の眼差しはとても真剣でした。


P1170505P1170525

写真左:八坂神社 神主さんの挨拶。        写真右:八坂神社 禰宜さんが八坂神社について説明している様子。

 

 

勉強が終わると、第2部は、木札と手ぬぐいを子供たち一人ひとりに配布し、手ぬぐいに思い思いに将来の夢を絵に書きました。

将来の夢に対する思いを絵にする子ども達は、はじめは恥ずかしがってなかなか書けない子もいましたが、最後は書き終えた絵をみて大変ご満悦な様子でした。
みんな思い思いの立派な手ぬぐいが完成しました。完成した手ぬぐいは、こちらでアイロンをかけて絵が取れないように加工し、本祭当日の汗拭きのために使用します。
子供たちも本番でまた加工したものをもらえることが楽しみにしているようでした。
P1170572P1170575

P1170580P1170581

写真:手ぬぐいにそれぞれの夢を一生懸命描いている様子。


 

第3部目は、外に出て神社のゴミ拾いをしました。競うようにごみを拾い、みんな我先に拾おうと走り回り取り組んだため、あっという間に7個づつ拾うことができました。
そして、本祭に向けて神輿の担ぎ方の手順や掛け声、チームごとに実際にお神輿を担ぐ練習もしました。

「わっしょい、わっしょい」と大きな声を出して、元気よく楽しそうに担いでおり、暑さを吹き飛ばすような威勢のいい声が神社に響き渡りました。

P1170670P1170676
写真左:担ぎ方を説明する様子。    写真右:第33代 頭 堤康祐君

P1170684P1170721

写真左:担ぎ出しの準備。       写真右:子ども達による担ぎだし。

 

そして最後は、恒例の肩入れを行い、「ソイヤ」の掛け声で子供たちと鹿児島青年会議所メンバーが一丸となりました。
本祭も、子供たちと元気のいいお神輿をあげることができそうです。

P1170752P1170773

写真左:肩入れの様子。        写真右:集合写真。

 

 

(写真:川東鉄兵  記事:切原大悟)

メインメニュー

ニュース一覧

動画視聴

2018 JCI ASPAC 鹿児島大会 誘致に関して(ご報告)

JCI ASPAC 鹿児島大会 PR動画

JCI ASPAC高雄大会が6月開催されます。

鹿児島JC事務局

公益社団法人鹿児島青年会議所 事務局
  • 〒890-8586鹿児島市新照院町41-1
    城山観光ホテル内
  • tel:099-222-1342
  • fax:099-222-1164

2016年度スケジュール