2016 JCI ACADEMY in MITO

2016-07-15 21:14

7月5日(火)から7月10日(日)の6日間、水戸の地にて『共感』compassionをテ-マに

世界76カ国から海外デリゲイツ76名・国内デリゲイツ90名が参加する中、国際アカデミ-が開催されました。

 

【国際アカデミ-とは】

公益社団法人日本青年会議所は、戦後、日本がサンフランシスコ講和条約にて国際復帰をする以前に

JCI(国際青年会議所)への加盟を認められた経緯があります。

戦後日本初の国際社会復帰への御礼と恩返しとして、国際アカデミーの前身である「アジア青年の船」という事業を実施したことが国際アカデミーの起源です。
その後、1987年にアムステルダムにて公認プログラムとして、JCI(国際青年会議所)に認証を受け、以来、国際アカデミーとして、本年で29回目を迎えます。
各国の代表者が、日本人の精神性、公益社団法人 日本青年会議所の活動を理解することはもとより、

国内外の参加者との相互理解を深め、人的ネットワークの構築することで、国際レベルで活躍できる指導者を育成し、

現在では約3000名を超えるグローバルネットワーカー、卒業生を輩出しております。


公益社団法人鹿児島青年会議所におきましても、2009年度に鹿児島の地で開催されています。

resize3275

(写真:2009年度国際アカデミー鹿児島開催)

 

【目的】

1. 世界各国から集まる若者同士、並びに日本JCのメンバーとの相互理解を深める
2. トレーニングの機会を与え、明日のグローバルリーダーを育てる
3. JCIをより良くし、全体的な発展に寄与する
4. 恒久的かつ永久の世界平和確立の実現に貢献する

 

【7月5日(火)】

『国内デリゲイツ事前説明会』

国内デリゲイツ向けの事前説明会が開催されました

写真 2016-07-28 16 58 16

(写真:説明会の様子)

 

【7月6日(水)】

『成功祈願祭』

水戸八幡宮本殿にて開催され第29回国際アカデミ-の成功を祈願いたしました。

13626610_1146203488771939_6375591194975280738_n13620708_1146203462105275_3632579243571844977_n

(写真:全体写真・成功祈願祭の様子)

 

『開講式』

水戸芸術館にて国際アカデミ-開講式が開催されました。

公益社団法人日本青年会議所 山本樹育会頭・公益社団法人水戸青年会議所 高橋隆慎理事長・コ-スリ-ダ-であり2006年度 国際青年会議所 会頭のラ-スハシュランド先輩にご挨拶をいただき、
マロ-ンドナジ-マルチア-ノ君に『共感』のかけ声で参加者宣言がありスタ-トいたしました。

13631643_1146204612105160_9170755348504456022_n13533275_1146204652105156_4859741876756507413_n13606622_1146204635438491_4816759804062564677_n13590495_1146204662105155_3252309117080019633_n

(写真:左から山本会頭・高橋理事長・ラース先輩・マローン君)

 

『モジュ-ル1(ル-ルと相互理解)』

国際アカデミ-の基本説明及び、これから5日間寝食を共にするバディとチ-ムメイトが発表されました。

写真 2016-07-06 15 14 59写真 2016-07-07 8 20 1413575825_1147124648679823_7019919516892989486_o

(写真:チーム分けの様子・課題の様子)

 

【7月7日(木)】

『モジュ-ル2(我々の目的を知ろう)』

『モジュ-ル3~4(自分自身を知ろう)』

共感compassionをテ-マとしたモジュ-ルが行われ、

18のチ-ム分けされたデリゲイツは、多くの課題に挑み、議論を重ねる中で結束力・共感が得られました。

写真 2016-07-28 17 04 24写真 2016-07-28 23 04 52

(写真:モジュール2~4の様子)

 

【7月8日(金)】

『モジュ-ル5(リ-ダ-の資質とは)』
言葉の壁を乗り越え、国内デリゲイツと海外デリゲイツは、協議を重ねながら、リ-ダ-の資質を学び、

グロ-バルネットワ-カ-として今後何をしていくべきなのか考えました。

写真 2016-07-28 17 07 11

(写真:モジュール5の様子)

 

『水戸プログラム2』

10年後の再会を誓い合いながら、植樹を行いました。

写真 2016-07-09 5 26 25

(写真:水戸プログラム2の様子)

 

『モジュ-ル6(共感から運動へ)』
2017年度国際青年会議所会頭候補者 ド-ン・ヘッツェル君の基、

2017年度のJCI活動について協議を行いました。

写真 2016-07-28 17 14 17写真 2016-07-28 17 14 51

(写真:モジュール6の様子)

 

『ホ-ムワ-クセッション』

チ-ムごとに分かれ徹夜で課題に取り組み、各チ-ム議案を完成させました。

完成した議案は、カナダケベックの地で開催される世界大会の総会において発表される予定です。

写真 2016-07-09 5 27 41写真 2016-07-09 23 15 31

(写真:ホームワークセッションの様子)

 

【7月9日(土)】

『モジュ-ル7(共感の成果)』

朝まで取り組んだ課題の発表がありました。
各チ-ム個性があり、2017年度にむけて未来のある発表会となりました。
写真 2016-07-13 10 38 52

(写真:モジュール7の様子)

 

『モジュ-ル8(私の計画)』
2人1チ-ムにわかれ、2017年度、自分自身がどのように行動するのか計画をたて、
自分が何をするべきか明確に再認識いたしました。

写真 2016-07-28 17 29 48写真 2016-07-28 17 29 13写真 2016-07-28 17 29 42

(写真:モジュール8の様子)

 

『スペシャルモジュ-ル』

水戸市民も交え堀義人氏の講演が開催されました。

水戸市民とデリゲイツの交流を深めました。

写真 2016-07-28 17 45 41写真 2016-07-28 17 45 28

(写真:スペシャルモジュールの様子)

 

【7月10日(日)】

『モジュ-ル9(未来へ)』

2017年度の計画において、「絶対に達成できる」という意思を強くもつ事のできるモジュ-ルとなりました。

写真 2016-07-28 17 49 15写真 2016-07-28 17 49 00写真 2016-07-28 17 49 04

(写真:モジュール9の様子)

 

『JCI会頭セミナ-』

国際青年会議所 パスカルディケ会頭より、
「我々、JAYCEEとして世界に何ができ、何をするべきなのかを考えてほしい。私は、貧しい家の出身だが、JCIの会頭にまでなれたし未来はどうなるかわからない。
現在あるテクノロジ-に関しても、昔は無理だと思われてたものが今は、平然とある。
これは、諦めない人がいたから実現された事で、みなさんも住む町に戻ったらJAYCEEとして、諦めず市民が何を求めているのかを考え活動してほしい。その先に世界平和が見えてくる」と激励の言葉がありました。

写真 2016-07-28 20 10 56写真 2016-07-28 20 11 35写真 2016-07-28 20 10 59

(写真:JCI会頭セミナーの様子)

 

『卒業式』

国際青年会議所 パスカルディケ会頭・公益社団法人日本青年会議所 山本樹育会頭・コ-スリ-ダ-であり2006年度 国際青年会議所 会頭のラ-スハシュランド先輩より、卒業証書・バッチの授与が行われました。

写真 2016-07-28 18 14 14写真 2016-07-28 18 14 29写真 2016-07-28 18 14 24

写真:左から卒業式の様子、国際青年会議所 パスカルディケ会頭と公益社団法人日本青年会議所 本年度山本会頭 挨拶の様子           


写真 2016-07-28 20 53 31

写真:2006年度国際青年会議所 ラーススハシュランド先輩 挨拶の様子

写真 2016-07-28 18 14 56写真 2016-07-12 17 43 16

(写真:卒業式の様子・卒業証書授与の様子)

写真 2016-07-10 18 38 47

(写真:左から 国際室室長 山之内元治君、特別理事 公益社団法人日本青年会議所国際グループ会務担当常任理事 渡 康嘉君
、本年度国際アカデミー参加者 假屋周平君、直前理事長 山田拓也先輩 、顧問 公益社団法人日本青年会議所 副会頭 野元一臣君)

 

『フェアウェルパ-ティ-』

海外デリゲイツがホ-ムスティしていた、ホストファミリ-もサプライズ参加し、

国内デリゲイツ共々、別れを惜しみつつ、たくさんのグロ-バルネットワ-カ-を排出した第29回国際アカデミ-は、閉会となりました。

写真 2016-07-10 18 43 59写真 2016-07-10 18 37 47写真 2016-07-10 18 49 34

(写真:左から国際青年会議所 パスカル・ディケ会頭

          公益社団法人 日本青年会議所 山本樹育会頭

          2017年度 国際青年会議所 ド-ン・ヘッツェル会頭候補者)

 

 

(写真:公益社団法人日本青年会議所・假屋周平 記事:假屋周平)

メインメニュー

ニュース一覧

動画視聴

2018 JCI ASPAC 鹿児島大会 誘致に関して(ご報告)

JCI ASPAC 鹿児島大会 PR動画

JCI ASPAC高雄大会が6月開催されます。

鹿児島JC事務局

公益社団法人鹿児島青年会議所 事務局
  • 〒890-8586鹿児島市新照院町41-1
    城山観光ホテル内
  • tel:099-222-1342
  • fax:099-222-1164

2016年度スケジュール