総務室 : 鹿児島JCについて

総務室室長:清水 聖子

鹿児島青年会議所は、いつの時代も自ら地域の課題を抽出するとともに、解決に向けた運動を展開してきました。今後もより良い運動を展開していくため、多くの市民に対し、信頼される組織であり続けなければなりません。それには、組織としての基盤を固め、より透明性・公益性の高い組織にしていく必要があります。そのためにも当室が組織運営の下支えとなり、組織が信頼を確立するための確実・円滑な運営、活動を行ってまいります。

そこで当室では、組織としての透明性を高めるとともに、定款・各種規程・規約の遵守がなされ、事業の公益性が確保されるよう組織管理の徹底を図ってまいります。そのために、これまでの組織運営を検証し、さらなる効率化、円滑化を図ります。加えて、メンバーが組織の方向性を決定・共有する各種会議の企画・設営・運営、各種基本ツールの作成・運営など、私たちの活動の根幹となる組織運営が厳正かつ円滑にできるようサポートしてまいります。さらに、メンバーがより多くの機会に臨むための支援活動に取り組みます。具体的には、運動構築・推進の協力者となる関係者やシニアクラブ会員、他青年会議所に対して、運動発信や意思疎通の窓口となります。次に、メンバー間の情報共有や連絡体制の確立に必要となる基本ツールを作成し、鹿児島青年会議所が、価値ある運動を実施するために不可欠な、交流が図れる組織運営を支えます。また、各種大会、式典等への参加推進や来訪者の連絡・調整の窓口としての活動を通じ、メンバーに多くの学びを得ていただくと共に、来訪いただく多くの方々へ鹿児島の魅力を感じていただく機会を創出します。

当室が確実・円滑な組織運営の下支えとなり、メンバー全員の組織としての価値観の共有を図り、多様な機会に臨むことで、意識が統一された強い組織へとつながります。そのことがより良い運動を生み出し、世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。

総務渉外委員会委員長:吉木 恵介

鹿児島青年会議所はこれまで、地域の課題を抽出すると共に、解決に向けた運動を展開してきました。明るい豊かな社会の実現に向けて市民の信頼を確かなものとするには、地域に浸透する有意義な活動・運動を展開する事が求められます。その為には、公益社団法人に相応しい管理体制に基づいた、円滑で持続可能な組織運営が必要です。当委員会は、メンバーが幅広い視野を持った活動・運動の展開に専念できる様な下支えを担いとします。

当委員会は、まず青年会議所で定められた行動規範をメンバーへ周知し、青年会議所の強みである、統制のとれた組織の姿を目指します。最高意思決定機関である総会の企画・運営においては、その重要性をメンバーと再認識し、円滑に運営致します。加えて、JC手帳・名刺・基本資料の作成及び管理を通じて現役メンバーの運動支援や情報共有・連絡調整の円滑化を図ります。担当する各種会議の設営・運営・議事録作成等の職務を通じて、各委員会が担当事業に専念しやすい環境を整え、透明性・公益性の高い組織運営を支えます。会員専用ホームページで管理する個人情報や、各種申請書類等の重要な情報を整理し、メンバーがより活用しやすい環境づくりに努めます。次に、他団体や行政・他青年会議所とのネットワーク強化を目的とした事業を企画・運営します。また、各種事業や記念式典等の渉外窓口として、事業の意義や主催者の想いをメンバーに伝え、参画意識を醸成し、運営をサポートします。来訪JC・シニアクラブ会員・外部来訪者に対して、現役メンバーとの意思疎通・連絡調整の窓口活動を行い、運動構築・推進の下支えをいたします。

当委員会が組織運営の下支えと、外部との窓口としての役割を行うことで、メンバーが多様な機会に臨むことが可能になります。そして、全員で価値観が共有され、意識が統一された強い組織へ成長する事が、世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。