会員室 : 鹿児島JCについて

会員室室長:鈴木 義文

鹿児島青年会議所が、これから様々な活動を通じ、運動にさらなる広がりを持たせるためには組織力をより向上させていかなければなりません。そのためにはメンバー一人ひとりが青年会議所に溢れる様々な機会から、自身にできることを考え能動的な行動から、自身の可能性を引き出していくことが重要です。その上で組織として目指すものにメンバー全員が共感を持ち、一丸となり活動を行える、より強い組織へと進化する必要があります。

当室では、鹿児島青年会議所をより強い組織にするために、理念や価値観に対し、メンバー全体で共感し、一人ひとりの意識を統一する運動を展開してまいります。まず、会員同士のコミュニケーションを深め、情報だけでなく想いも共感できる関係を築いてまいります。また、出向という機会を通じ、出向先で得たものをLOMへと還元していただき、LOMのさらなる活性化につなげてまいります。そして、青年会議所のみならず、様々な他団体とのネットワークを強固なものとし、その上で今後の活動が、より広く運動を伝播できるものとなるよう、協力体制を築いてまいります。新入会員には私たちの理念を理解していただき、これからのJC活動に対し、積極果敢に挑戦する気概を持っていただきます。そして、メンバー一人ひとりが自ら考え能動的に行動するJAYCEEとなれるよう、自らの可能性を引き出す機会を提供いたします。その可能性を通じ組織としての可能性を引き出し、より強い組織を目指してまいります。その上で青年会議所最大の運動である会員拡大に対し、すべてのメンバー一丸となり私たちの運動を力強く展開してまいります。

鹿児島青年会議所が意識の統一された、より強い組織へと進化することで、より広く運動を伝播し、この鹿児島に新たな価値を生み出していくことと信じます。それにより、さらなる地域の発展を遂げることで世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。

LOM活性化委員会委員長:川上 重明

鹿児島青年会議所はこれまで様々な活動を展開してまいりました。これからも新たな活動を行いさらに力強く運動を拡げていくために、組織を活性化し、より強い組織を創る必要があります。そのためにも、メンバー一人ひとりが青年会議所の理念を共有し、真摯に活動・運動に向き合い、その認識を語り合う必要があります。このように本質的で深い議論の活性化によって、新たな価値を創造できる組織へと進化していかなければなりません。

当委員会は、鹿児島青年会議所の組織力向上を図るために、会員拡大推進、出向支援、他団体とのネットワーク構築に取り組みます。現状を把握するための議論に始まり、計画、実行、検証、引き継ぎの各段階いずれにおいてもその精度を高めるために、メンバー同士のコミュニケーションを活性化する方法を模索いたします。また、高い達成目標に向かって取り組む過程でLOMを活性化させると同時に、この経験をメンバーそれぞれの成長の糧とします。これは青年会議所のあらゆる活動に通じ、このような自己成長につながる貴重な経験の機会を増やすためにも出向支援に取り組むとともに、その活躍を組織内で共有するなど出向の魅力を伝える方法も模索します。また会員拡大推進では、活動・運動の意義を会員同士議論した上で、市民の皆さまにその意義を問うことにより、メンバー一人ひとりの青年会議所の活動・運動への意識向上を図ります。行政、企業、団体など他団体とのネットワーク構築においても、LOM内で組織としての意義を問い、関係構築を通じ他団体にもその意義を問うことで、組織としての意識向上及び活性化を図ってまいります。

メンバー一人ひとりが青年会議所の理念を共有し、真摯に活動・運動に向き合い、想いを語り合うことで、鹿児島青年会議所は、より強く魅力的な組織へと進化できます。その上で活動・運動を展開することが世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。

会員研修委員会委員長:松下 幸太郎

近年、鹿児島青年会議所は会員の減少、出席率の低下、メンバーの意識の低下と、いわゆる危機的状況を迎えております。しかしメンバー個々の言葉の端々には組織への期待と危機感が見え隠れしていることも事実です。その思いがメンバー個々の中に秘められている今こそ、ともに行動する同志たちの気付きと意識統一が急務であり、個の力を組織の力へつなげ確実な一歩を踏み出さなければなりません。まさに変革の時を迎えているのです。

当委員会では、鹿児島青年会議所の組織力向上へつなげるために研修事業を通じ、メンバーの気付きと意識統一に向けたきっかけづくりを行ってまいります。仮会員研修では過去の内容を比較検証し、守るべきものと変えるべきものをしっかりと見極め、より時代に即した研修プログラムを引続き再構築いたします。これからの鹿児島青年会議所を担う仮会員へ青年会議所の歴史や理念を伝え、その上で現状を知ってもらい今後の活動・運動の意義や必要性を学んでいただきます。そして私たちの同志として常にポジティブなリーダーシップを発揮できるよう導き、サポートしてまいります。一方、正会員に対しては組織の現状を認識してもらうためにメンバー個々の意識調査をし検証します。その上で真のリーダーシップとはどういうものなのかを今一度メンバー全員で見つめ直し、今の鹿児島青年会議所に必要なものを見つけ、メンバー同士の切磋琢磨を促し組織力向上につながるきっかけを提供します。さらにJCIや日本JCのセミナー開催窓口としてメンバー一人ひとりが新たな価値を引き出し自己成長につなげていけるよう様々な機会を促して参ります。

メンバー個人が積極果敢に活動することで、個々そして組織の可能性が引き出され、その活動は波紋のように広がり運動へと変わっていきます。その第一歩を踏出すことが未来の鹿児島青年会議所の力となり、世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。