地域室 : 鹿児島JCについて

地域室室長:東鶴 真児

私たちが住み暮らす鹿児島でも、各景況動向などの統計は持ち直しの兆しがありますが、まだ実感ある景気回復とは言えません。また、今後も進む人口減少は、地域経済規模の縮小や地域の魅力低下などの課題をさらに大きくします。その課題解決と地域の持続的な成長のためには、新たな地域の特性を活かした地域益を創出する必要があります。そのためにも鹿児島青年会議所が先導して、地域再興に向けた仕組みを創らなければなりません。

当室では、地域が抱える様々な課題を抽出し、地域が持続的成長を可能とするための地域益の創出を模索していきます。そのためにも、日本青年会議所や多種多様な分野の有識者と連携しながら、地域特性をより効果的に活用した新たな可能性を見出せる機会を創ります。それをもとに持続可能な政策を立案、実践して鹿児島を前進させます。そして、青年経済人の集まる鹿児島青年会議所ならではの着眼点を持って、行政・他団体・民間と一体となった運動を展開いたします。その一環として、自然文化の特性を活かした桜島・錦江湾横断遠泳大会を、地域により有益になるべく新たな取り組みを提案して協力していきます。そこで多くの人々に世界に誇れる地域特性を実感してもらい、鹿児島の魅力を広く伝播する機会とします。これらを踏まえ、鹿児島青年会議所が市民・行政とともに、地域再興のための仕組みを先導して創っていきます。また、ここ鹿児島でも地理的状況により多くの災害が発生しています。私たちが平時より防災意識を持ち、有事災害発生時に迅速な対応ができるための、他青年会議所・他団体との相互協力体制を構築し貢献いたします。

今ある地域の魅力とさまざまな課題を的確に把握することにより、新たな可能性を導き出せ、より多くの鹿児島の地域益を創出できます。それにより、まち・ひとがより活性化し、持続的成長を続けることで、世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。

世界に誇れる地域特性活用委員会委員長:有村 雅憲

私たちが住み暮らす鹿児島は、世界に誇れる地域特性を数多く有するまちです。しかし、鹿児島県の観光交流人口をみるに、現在の鹿児島は地域特性を充分に活かしきれているとは言い難い状況です。鹿児島が保有する地域特性は、より広く伝播され、地域外の消費需要を多く呼び込める可能性を秘めています。だからこそ、鹿児島の地域特性により理解を深め、さらに効果的な活用方法で地域再興につながるまちづくりが必要となります。

当委員会は、まず鹿児島の持つ自然・文化・産業などの豊富な資源を、県内外の視点を通して調査分析し、求められるまちの姿や解決の糸口となる魅力を抽出します。そして、地域の持つ環境・仕組み等と組み合わせて、新しい鹿児島の楽しみ方を提案し、地域益をもたらすまちづくり事業を展開してまいります。その取り組みのひとつとして、学生や有識者とともに、地域の特性を活かしたまちづくりについての意見交換を行う場を設けます。そこで出た課題に対して行政と連携をとり、魅力を活かして、県内外の人々が地域を楽しめる仕組みを構築してまいります。次に、鹿児島青年会議所が長年携わってきた桜島・錦江湾横断遠泳大会に本年も協力します。大会への協力を通じて、時代に即した試みを模索し、地域益を求めてまいります。また、これまでの大会運営の検証を行い、地域が主体となって開催される大会へと引き継げるよう大会実行委員とともに新しいビジョンを描く機会を設けます。地域の素晴らしさを直に体験できる機会を提供することで、鹿児島の特性を広く伝播し、継続的な交流人口の増加につながる仕組みづくりを推進してまいります。

地域の魅力や課題に沿ったまちづくりを推進することで、新たな魅力が生まれます。魅力がきっかけとなり、まちを楽しむファンが生まれ、交流が広がります。これら一連のつながりが地域に活力をもたらし、世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。

地域創造委員会委員長:鹿島 大輔

現在、日本は人口減少と都市圏への人口集中の問題が並行して進展しています。私たちが住み暮らす鹿児島においても、この現象は地域経済の縮小など数多くの問題を引き起こしており、その課題解決は容易ではありません。だからこそ、現状を漠然とした危機意識としてではなく、地域の持続的成長を図る転機と捉えて行動していく必要があります。そのためにも私たちが先導して地域再興のために運動を展開していかなければなりません。

当委員会では、新しい発想によって新たな地域益を創出するための機会を提供します。そのためにも、まずは鹿児島市が抱える問題と課題を明確な根拠を持って抽出し、地域の現状をしっかりと把握します。そして、社会や地域の課題に新しい発想で取り組んでいる企業・団体・個人・研究機関などにアプローチしていきます。そこで、地域課題の解決と持続可能な成長に向けた民間のアイデアを集約しつつ、地域資産・施設などのより有効的な活用方法も模索します。これらのアイデアや活用方法に、鹿児島青年会議所の社会貢献の理念を追加し、新たな地域益を創出しながら市民・行政とともに、先導して地域再興のための仕組み創りを構築します。これらの活動を通じて、日本青年会議所が策定した地域再興戦略や、褒賞制度でもある人間力大賞にも積極的に参画・連携していくことで、地域リーダーの創出にもつなげます。そして、地域の安心・安全に貢献するためにも、平時から防災意識を高める活動を展開するとともに、災害発生時などの有事に日本青年会議所のネットワークを活かした迅速な対応ができるように、さらなる連携体制の強化を図ります。

地域社会が抱える課題を持続的に好転させる仕組みを立案することで、人口減少がもたらす課題を解決し、より多くの地域益創出につながります。そして、この運動がモデルケースとなり、広く伝播することで世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。