事業 :

第66回 全国大会 埼玉中央大会

2017-10-01 18:43事業報告

9月28日(木)〜10月1日(日)の4日間で、公益社団法人日本青年会議所 第66回全国大会 埼玉中央大会が開催されました。

第66回全国大会 埼玉中央大会 開催理念

「新現代」という新たな時代に突入している今、我々はこれまで65年もの長きに渡り連綿と積み重ねられ、受け継がれてきたJCという大いなる遺産に秘められた力を最大限に発揮し、新たな時代を切り拓いていかなければなりません。

2400年前に創設された武蔵一宮氷川神社を心の拠り所として中心に栄えたこのさいたま地域は、江戸時代には宿場町として人々が行き交い栄えてきました。しかし、明治以降、交流の手段が鉄道などへと転換する中、243戸の住居しかないまでに衰退してしまいました。地域の未来を案じた先人たちは、大宮駅の誘致活動、土地や資材の無償提供といった未来を見据えた行動を起こし、大宮駅を開設し、鉄道の町さいたまの礎を築きました。近年では平成の大合併によるさいたま市の誕生に先駆け、5つのLOMの統合により埼玉中央JCが誕生し、新たな夢へと歩み始めたように、さいたまには新たな時代を切り拓く原動力として「夢の力」が根付いています。

自覚と気概の溢れるJAYCEEがさいたまの地に一堂に会し、「夢の力」を体感することで、運命共同体という「和」の国柄を再認識し、1つの目標に向かって未来への夢を描き歩み始めます。

第66回全国大会埼玉中央大会では、運命共同体となったJAYCEEが未来への夢を描き歩み続けることで青年会議所に自立と共助をもたらし、誰もが夢を描ける日本へと導く大会とします。

7bfa09ee6c39e5f52d7e4a010c60dcd0.png

大会テーマ『運命共同体』
 
 
 
 
大会1日目
 
9時~武蔵一宮氷川神社にて大会成功祈願をして、市表敬訪問・県表敬訪問・会頭記者会見がおこなわれました。
その後、埼玉スタジアム2002にて開会式が行われたあと ウェルカムレセプションが開催され盛大に全国大会 埼玉中央大会がスタートしました。

大会2日目
 
9時~理事会並びにブロック会長会議・総会が行われ、数々の議案が審議承認となりました。
 
政策AWARDS 2017が大宮ソニックシティで開催され、公益社団法人久喜青年会議所が、「AWARDS JAPANグランプリ」を受賞しました。
また、拡大褒賞として「真の日本一拡大LOM賞を、公益社団法人呉青年会議所が受賞し、地域再生政策コンテストでは、「内閣府特命担当大臣賞」を公益社団法人金沢青年会議所・公益社団法人豊橋青年会議所・公益社団法人山形青年会議所が受賞し、政策AWARDS 2017の幕がありました・

 

大懇親会が、さいたまスーパーアリーナで開催されました。けやきひろばでは、市民も参加し「さいたまグルメ大国」も開かれました。

大会3日目
2018zenkokuDSC_0474.JPG
13時~「国家フォーラム」〜保守日本JCの復活〜が大宮ソニックシティで開催されました。
公益社団法人日本青年会議所は、「世のため人のためが自分のため」と言う日本道の精神に基づき、誰もが夢を描ける日本への回帰を実現する政策を展開してまいりました。その集大成として、保守という考え方に立ち返り、改めて国家日本の在り方を見つめ直す契機として全国の同志がその確信を持ち、運命共同体として今年度の政策と志を次代に継承する必要があります。
2018zenkokuiDSC_0462.JPG
(写真:趣旨説明をする教育再生会議青田一宏議長
 
「保守日本人」をテーマに、元経済学者で評論家の西部邁氏のご講演がありました。
2018zenkokuDSC_0492.JPG
(写真:壇上の評論家西部邁氏
西部氏は保守派の評論家として活動され、様々な社会問題に対し歴史と伝統からその解決策を見出すことを唱えており、日本道の精神の重要性についても強く訴えられています。フォーラムを通じて保守という考え方に立ち返り、改めて国家日本の在り方を見つめ直す契機とし、誰もが夢を描ける日本への回帰のために、これから日本人として必要な考え方、求められる姿を政治、教育、経済、外交の視点を交えてご講演いただくことで、我々が進んできた日本道の精神を次代に継承してさらなる行動に繋げていかなければなりません。
 
15時30分~大会式典 式典の部が、さいたまスーパーアリーナで開催されました。
2018zenkku (3).JPG
 
2017年度は、日本青年会議所と各地会員会議所が、共に手を取ることで、誰もが夢を描ける日本への回帰に向け様々な政策を展開してきました。
会頭総括では、その成果を振り返るとともに、全国696LOM、35,000名のメンバーが大きな和をつくることで、運命共同体となる機会となりました。
また、2018年度会頭予定者挨拶があり、池田祥護会頭予定者より2018年度の日本青年会議所の方向性が伝えてられました。また、プレデンシャルリリースの伝達がありました。
 
その後、卒業の部が開催され、本年度をもって、卒会するメンバーの卒会式が執り行われました。
2018zenkku (2).JPG
(写真:本年度卒会する鹿児島青年会議所メンバーの表情)
 
2018zenkku (1).JPG
(写真:卒業生代表 日本青年会議所 寺尾忍専務理事)
 

大会4日目
2018年度 理事長予定者セミナーが浦和ロイヤルパインズホテルで開催され、公益社団法人日本青年会議所 2018年度理事役員・2018年度LOM理事長が一堂に介して、セミナーが開催されました。
 
11時30分~閉会式・解団式が行われ、4日間にわたり開催された公益社団法人日本青年会議所 第66回全国大会 埼玉中央大会が閉会いたしました。
2018zennkkua (2).JPG2018zennkkua (1).JPG
(写真:閉会式と解団式の様子)
 
(写真:郷土の魅力発信委員会    記事:假屋周平)
 
事業カテゴリ :
事業PR [2]
事業報告 [47]

KJC スケジュール

KJC Facebook

Policy Speech :理事長所信

新たな価値の創造~世界に誇れる鹿児島の実現に向けて~