総務室 : 鹿児島JCについて

総務室室長:假屋 周平

鹿児島JCは、明るい豊かな社会の実現を目指し時代や環境の変化にあわせた活動や運動に取り組んできた中、JCIが提供する様々な機会により、ますます地域を発展させることができる好機を迎えています。そのような中で、私たちが今一度、公益性・法令を理解し直し、組織の透明性を保ちながら多種多様なつながりを構築し、メンバーが様々な機会に対して積極的に参画する環境を整え、地域から信頼される組織となる必要があります。

まずは、JCの根本を今一度、再認識するために地域とともに進展してきた鹿児島JCの取り組みを理解し、組織の進むべき方向性を明確にすることで、活動・運動の連帯感を高めてまいります。また、公益社団法人格を持つ団体として地域の発展に寄与するために、メンバーが組織の存立基盤を理解することで、透明性を確保した組織運営を構築してまいります。そして、公益性の高い事業を進めていくために、私たちが住み暮らすまちの利益を図りながら会計基準を明確にし、検討を重ねていくことで各事業の総括と検証に優れた運営を行います。さらに、我々の活動・運動の根幹となる組織運営を円滑に行うために、スポンサーシップ契約を結ぶことで、新たな活動が生まれ継続的に運動を展開することができる財務基盤の確保を行います。また、すべての会員が責任をもって積極的にあらゆる機会に携るために、鹿児島JCシニアクラブ・各会議・各室・各委員会との連携を図ります。そして、我々が高い結束力と一体感のある強い組織となるために、メンバー一人ひとりの機会に対する主体性を高め、基本となる人と人のつながりを再構築してまいります。

私たちが、組織運営の基盤として厳選かつ円滑に活動することで、メンバー一人ひとりの参画の意識が醸成されます。それが、組織力を向上させ地域から信頼される組織となることで市民にJC運動が広がり、世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。

総務委員会委員長:保 直延

鹿児島JCは創立以来、地域の課題解決に取り組み、明るい豊かな社会の実現を目指して活動してきました。今後も市民に信頼される組織であり続けるには、公益社団法人として公益性・透明性のある組織運営が必須であり、メンバー一人ひとりが組織の基本ルールを周知し、実行する組織であることが求められます。我々は、定款・規程に基づいた円滑な組織運営の基盤作りと、メンバーが積極的に活動する環境を整えていく必要があります。

我々は、高い結束力を持つ、一体感のある強い組織を作るために、鹿児島JCの最高意思決定機関としての総会の企画・運営において、定款に基づき円滑な運営を行います。そして、メンバー間の円滑なコミュニケーションやコンセンサスを図る環境を整えるために、理事会をはじめとする担当する各種会議の設営・運営・議事録作成等の職務を行います。また、鹿児島JCの規則を共有し、現役メンバー・シニアの先輩方との情報共有・連絡調整のために必要な基本ツールであるJC手帳・名刺・基本資料の作成及び管理を行います。そして、個人情報等の重要な情報を会員同士が共有し、連携して活動するために会員専用ページの管理を行います。また、シニアの先輩方が現役の活動に理解し、共感して頂ける関係性の継続のために、鹿児島JCシニアクラブとの連絡調整の窓口となり、連携体制を強化します。そして、鹿児島JCの活動が更に大きな効果を発揮し、その活動を広く世の中へ情報発信してプラスのスパイラルに繋げるために、行政・各種団体との情報共有を密にして友好的な協力体制を構築すると共に、スポンサーシップの関係性を構築します。

我々が円滑な組織運営の基盤作りをし、メンバーが積極的に活動する環境を整えることで、鹿児島JCの活動が明るい豊かな社会の実現へより大きな効果を発揮します。鹿児島を超えて日本、アジアへ伝播し、世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。