地域活性化室 : 鹿児島JCについて

地域活性化室室長:福村 貴之

鹿児島は、独自の多種多様な地域資源や様々な魅力を兼ね備えている中で、都市部への社会的人口流失問題を抱えつつも、南の玄関口として開かれたこの優位性を活かし地域をさらに発展させる可能性を秘めています。様々な可能性を秘めた地域で住み暮らす我々が、未来のことを想い明治維新を成し遂げた先達の薩摩の心を継承した人財と共に、地域資源を最大限に活用した運動を展開する推進力となり、まちを活性化していく事が必要です。

まずは、今まで培ってきた実績を価値あるものにしていくために、今まで構築してきたノウハウや外部団体との役割を再度見直し、そこに新たな知恵を盛り込み、新たな運動の展開を行います。さらに、新たな価値を見出し地域の魅力を増やしていくために、スポーツ振興推進に向けた調査研究を行い次世代の新たな運動の創造に取り組んでまいります。また、世界中の仲間たちとお互いの価値観を共有し絆を深めるために、ASPAC鹿児島大会を活用した交流記念事業を行い継続的な地域振興を行います。また今後益々の地域の活性化を図るために、先達の志を学び、薩摩の心を継承した鹿児島のために積極的に行動する人財の育成に取り組みます。さらに、地域から必要とされる組織を確立するために、地域の抱える課題を注出し、地方創生を推進する政策を立案・実行し、さらなる地域の発展に寄与いたします。また、鹿児島をより知っていただくために、地域の魅力や情報を発信できる機会を活用し鹿児島の魅力を発信します。そして、的確な災害支援を行うために様々な情報を素早く収集し、正確な情報共有ができるネットワークを確立してまいります。

次代のために薩摩の心を持った地域に改革を起こしていく人財を育て、さらなる地域特性を活かしたまちづくりを推進し、地域の先導的役割を担いながら市民の方々や行政・団体と共に地域を活性化する事が、世界へ誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。

地域特性活用委員会委員長:福永 千裕

鹿児島は、古くから独自性の高い文化や地域資源を数多く有する中で、近年地域経済の発展や都市部への人口流出課題を抱えつつも、本年その特色ある資源をさらに活かし、地域に活力を生み出す好機を迎えています。我々が、地域に根差した見識と発想を持って地域特性活用という視点から課題解決に挑み、地域の資源を恒久的に守りながら恩恵を引き継ぎ継続的かつ持続的な地域振興を行い、次代に貴重な財産を残していく必要があります。

鹿児島の豊富な資源を活用した豊かな社会を実現するために、鹿児島の持つ資源を深く調査分析し、特性を活かしたまちづくりの研究を行います。地域特性活用の一つとして鹿児島JCが長年運営してきた「桜島・錦江湾横断遠泳大会」をより価値のある大会とするために、これまでに行ってきた大会運営の検証をし、安全かつ円滑な運営を実行委員会と多くの市民とともに行なってまいります。また市民が自発的に起こす地域の特性を活用した次世代の運動のために、錦江湾横断遠泳大会をモデルに、大会運営ノウハウを市民に発信できる場を設けます。また市民に活用しやすいスポーツの取り組み方を周知するため、地域団体や企業と協力連携しスポーツ振興推進の調査研究を行います。そして地域で活動する選手の競技力向上のため、スポーツ教育の観点から指導員の方々と協力し、スポーツ指導に関する調査研究を行います。JCI ASPAC鹿児島大会が起因となり、国内外の人々が地域の特性を知る機会とするため、グローバルな視点から地域の魅力を調査分析し、互いの価値を認め合える社会を意識した継続的な地域振興に繋がる記念事業を行います。

鹿児島に住み暮らす市民が地域の特性を深く理解し、身近な資源を活用した運動を起こすことで地域に対する思いが強まります。その運動の連鎖が伝播し、市民の地域に対する誇りがさらに高まっていくことで世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。

地方創生推進委員会委員長:三川 秀昭

鹿児島はアジアの玄関口として、古くから情報や文化を取り入れ発展してきた中で、社会的な人口減少などの課題を抱えつつも、明治維新150周年を迎える本年、交流人口の増加で経済効果が見込まれています。先達の薩摩の心である英知と勇気と情熱を我々が継承し、市民・団体・企業の先導役となり、活気と魅力に溢れる地域経済の持続的な発展に向けた地方創生を推進し、鹿児島に新たな活力を創る運動を展開していく必要があります。

まずは、地域の状況に合わせた地方創生を行うために、鹿児島市の総合戦略や地域政策を調査研究し、地域の課題に市民や民間と協働して取り組める地方創生を推進する仕組みを構築致します。そして、人・組織・社会が幅広い変革を興すために、新たな資源の魅力を創造し、俯瞰的に観察する力とつなげる力をもった人財が、地域の特色を生かし地域経済に新たな需要を創出し、画期的なアイデアで地域に大きな変化をもたらすことができる人財育成の事業を企画し実施致します。また、鹿児島の将来を見据え発展していくために、明治維新150周年の節目に地方創生を推進する事業を実施し、市民一人ひとりが主体的に行動していくための起点として、地方創生に関する市民の関心を高めます。そして、世界に誇れる地域資源を広く知っていただくために、国内外の各種大会で開催されるブース出展を利用し、鹿児島の魅力を世界に発信し、さらなる交流人口の拡大に寄与致します。さらに、災害発生時に迅速かつ的確な支援を行うために、日本JCや行政と関係性を強める連携を図り、信頼関係を築いて正確な情報交換を行える災害支援窓口を確立致します。

地域資源の新たな魅力を創出する人財が地域に活力と変革を興し、市民一人ひとりが次の時代を見据え、鹿児島のあるべき姿と進むべき方向を描きながら、主体的に行動し新たな地方創生に取組んでいくことが、世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信致します。