ニュース :

新年のご挨拶

2018-01-01 00:00

鹿児島JC

新年あけましておめでとうございます。
謹んで新春のお慶びを申し上げます。平素は公益社団法人鹿児島青年会議所に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。皆様におかれましては新しい年を健やかに迎えられましたことを心よりお慶び申し上げます。

公益社団法人鹿児島青年会議所は、1954年に創立され本年で64年目を迎えました。高い理想とその実現を掲げた私たち鹿児島JCは、この63年間、その根本を変えることなく、一人ひとりのメンバーがそれぞれの輝きを放ちながら、試行錯誤を繰り返し「ひと」と「ひと」、「組織」と「組織」、「まち」と「まち」を繋げ、明るい豊かなまちづくりに寄与し続けてまいりました。

本年度の鹿児島青年会議所は「輝~かがやき~心に喜びを」をスローガンに掲げて活動して参ります。本年、私達はJCI ASPAC(アジア太平洋エリア会議)鹿児島大会の主管を務め、メンバー一人ひとりが、己を再認識し深化させ飛躍する大いなる好機を最大限に活かせるよう、まずはメンバー全員が当事者意識を持ち、ASPAC鹿児島大会を関わった全ての人々の記憶に残る大会へと導いていきます。また、JCI ASPAC 鹿児島大会のみならず、継続事業である、鹿児島の夏を彩る「おぎおんさぁ」一番神輿復活35周年、利川JCとの姉妹盟約40周年の年でもあります。この長きにわたる歴史と繋がりに感謝し、両事業の更なる隆盛に尽力し、これまでの積み重ねの集大成としていきます。他にも、桜島・錦江湾横断遠泳大会など、多くの事業を予定しております。様々な機会を活かし、JAYCEEとしての個々を確立しながら、地域社会に貢献してまいります。
82493.png
結びとなりますが、本年も変わらぬご支援ご協力をお願い申し上げるとともに、 皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げまして年頭のご挨拶といたします。


2018年1月1日
公益社団法人 鹿児島青年会議所
第64代 理事長 野崎 輝久