事業 :

2月27日 2月例会 鹿児島ブロック協議会会長公式訪問例会のご報告

2018-02-27 18:22

事業報告

2018年2月27日(火)に、城山観光ホテル サファイアホール飛鳥にて、公益社団法人日本青年会議所 九州地区 鹿児島ブロック協議会 会長公式訪問例会が開催されました。

開催に先立ち、鹿児島青年会議所第64代理事長 野崎輝久君より、「本日の鹿児島ブロック協議会の会長公式訪問例会では、青年会議所の最大の魅力である『機会』が提供されています。ただ待っているだけでは、機会は訪れません。自ら考え行動するメンバー一人でも多く増えれば、青年会議所は光り輝く団体となるはずです。この出向の機会を前向きに捉え、自分や各LOM、地域に少しでも還元できるようにしてください。」と挨拶がありました。

2月例会野崎.JPG

   (写真:野崎理事長)

 

続いて、公益社団法人日本青年会議所 九州地区 鹿児島ブロック協議会 会長 牟田信也君より、

「まずは、鹿児島青年会議所のメンバーの皆様方には、残すところあと3ヵ月を切りましたJCI ASPAC 鹿児島大会に向け、日々並々ならぬご尽力をされておりますことに、青年会議所の一員として心から敬意を表します。JCI ASPACまで残すところ86日と迫ってまいりましたが、一日一日を共に大切にしながら大成功に向け駆け抜けてまいりたいと考えております。明治維新150周年を迎える本年において、鹿児島は国内外から大きな注目をあび、それは大きなムーブメントを起こそうとしております。そのような中、2018年度はJCI ASPAC大会が開催されます。是非、この機会を好機ととらえ、九州地区内77LOMと力を合わせながら、鹿児島、九州から日本を共に動かしてまいりましょう。」と熱い挨拶をいただきました。

 

2月例会牟田会長.JPG

   (写真:牟田会長)

 

続いて、公益社団法人 日本青年会議所 副会頭 渡康嘉君より、

「日本青年会議所の運動はすべて、各地のLOMの為にあります。LOMに新しい風を送り込むような運動をたくさん準備しておりますので、地元の地域で使っていただきたいと考えております。自分の事業に生かしていきたい、また、自分の地域をもっと輝かせたいと思う方は、是非とも日本青年会議所に出向いただきたいと思います。」

と、挨拶がありました。

 

2月例会渡.JPG

   (写真:渡副会頭)

 

その後、鹿児島ブロック協議会の各委員会より事業内容についての説明が行われました。

 

2月例会プレゼン.JPG

 (写真:委員会説明の様子)

 

続いて、鹿児島ブロック協議会 監査担当役員 音羽信雄君より、

「ASPACを通じて、いろんな人に出会い時間を共有してきました。開催前に私の人生も変化しているのを感じています。出向やさまざまな機会というのは、決して立派な人間になるのではなく、小さな金魚鉢にいる自分に気づかせてくれるものではないかと思います。事業の説明がありましたが、多くの仲間とさまざまな気づき、そして広い世界に橋渡しをするのが鹿児島ブロック協議会の1つの担いではないかと思っていますので今後も宜しくお願いします。」

と挨拶がありました。

 

2月例会音羽.JPG

 (写真:音羽監査担当役員)

 

最後に、鹿児島青年会議所 監事 鈴木義文君より、

「出向について悩んだりやり方がわからなかったりしている方がいると思いますが、わからないなりにやってみてください。まずは挑戦してみるのも考えてみてください。是非、挑戦をして自分の可能性を切り開いてください。」

と挨拶があり、閉会となりました。

 

2月例会鈴木.JPG

   (写真:鈴木監事)

2月例会集合写真.JPG

   (写真:集合写真)

 

鹿児島青年会議所では、共に活動する仲間を募集しております。自分の仕事や家庭、日々の生活に生かせるようなさまざまな機会に挑戦してみませんか??ご質問などは下記フォームよりお気軽にご連絡ください。

入会申し込み期限 3月31日まで

青年会議所 入会申し込みはこちらから!!

 

(写真:野原・上笹,記事:若松)