ニュース :

4月27日 第13回COC会議のご報告

2018-04-29 17:43

鹿児島JC

2018年4月27日(金)、佐賀県佐賀市で第12回COC会議が開催されました。

※COCとは:Conference Organizing Committie2018年5月に開催されるJCI ASPAC鹿児島大会の実行委員会のこと。

 

開会に当たり、公益社団法人鹿児島青年会議所 野崎輝久君から、会議参加や日頃の協力のお礼と共に、「5月24日~27日の当日は、多くの皆様にお越しください」と挨拶がありました。

DSC_0004.JPGDSC_0008.JPG

(写真:挨拶する野崎理事長)

 

山ノ内実行委員長からは、ASPACの意義やCOC会議の説明、登録状況の報告に続いて、前日鹿児島で発会した茶道同好会”青松会”に触れ、「日本JCシニア・クラブ筆頭世話人代表 千宗室先輩が青松会発会式の際に、技術や見せるものよりも、実はそこにいらしたお客様のためにお茶を点てるという気持ちを大切にしなさいとおっしゃっていました。ASPACも同じでございます。お越しいただく皆さんのことを考え、準備して、誰かを置き去りにしていくことのないよう大会構築をしていきます。」と挨拶がありました。

DSC_0011.JPG

(写真:挨拶する山ノ内実行委員長)

 

ご当地、佐賀ブロック菅原会長の挨拶では、「九州の力鹿児島が未来に向けて大きな希望の元に大会を構築する、その下支えをさせていただく同士として、今一度九州として皆様にお力添えできるように応援させていただきます。」と励ましをいただきました。

DSC_0018.JPG

(写真:挨拶する菅原会長)

 

この日は、17件の審議事項が可決され、JCI ASPAC(アジア太平洋地域会議)鹿児島大会の構築の詰めの会議となりました。

DSC_0021.JPGDSC_0026.JPG

(写真:COC会議の様子)

 

土岐アドバイザーからアドバイザー総括、渡監事から監事講評をそれぞれいただき、会議は閉会しました。

DSC_0031.JPGDSC_0036.JPG

(写真:話をする土岐アドバイザー・渡監事)

(撮影・記事:伊地知)

DSC_0041.JPG