事業 :

4月24日 4月例会「ORからANDへ はじめようSDGs」

2018-05-02 03:53

事業報告

4月24日(火)、4月例会「ORからANDへ はじめようSDGs」が開催されました。

 

開会に当たり、理事長野崎輝久君より挨拶があり、これまでの鹿児島青年会議所の活動内容やASPAC鹿児島大会の紹介、SDGsについての青年会議所の取り組みが述べられました。

SDGs_180425_0101.jpg

(写真:野崎理事長の挨拶)

 

第一部「わたしのゴール・わたしたちのゴール」では、まず、鹿児島市の高校生、野崎ひめりさんが登壇し、SDGsを学ぶ国際的なプログラム「グローバルユース国連大使」の体験を話していただきました。次に、SDGsを使って、参加者一人ひとりの能力や個性をいかに社会に役立てることにつなげることができるかディスカッションしていただきました。

SDGs_180425_0044.jpgSDGs_180425_0040.jpgSDGs_180425_0062.jpgSDGs_180425_0033.jpg

(写真:ワークショップに取組み、発表する鹿児島青年会議所メンバーや参加の方々)

 

第二部「ORからANDへ」では、、第一部で挙げられた個性を使って、地域課題をどのようにクリアし、ビジネスとしても成功させていくか、グループごとにアイデアを出し、SDGsを活用するイメージを体験しました。さらに、知識面のサポートとして、UN関係会議 議長 佐々木隆浩君、副議長 飯沼寛量君が登壇し、SDGsの意義、現在行われている国内企業のSDGsへの取り組み、公益社団日本青年会議所の取り組みについて説明していただき、参加者も熱心に学んでいました。

SDGs_180425_0027.jpg

(写真:UN国際会議 佐々木議長)

 

国連の定めた目標と聞くと、遠い世界の話と感じてしまいがちですが、自分たちに取り組めること、すでに取り組んでいることがあることを理解することで、SDGsをとても身近に感じることができました。

(撮影:植村・清水 記事:清水・伊地知)