ニュース :

6月27日 一番神輿を担ぐ会総会・懇親会のご報告

2018-07-09 11:17

鹿児島JC

2018年6月27日(水)、鹿児島市で一番神輿を担ぐ会総会・懇親会が開催されました。

DSC_0001.JPG

一番神輿とは:2018年は7月21日22日に開催されるおぎおんさぁ(鹿児島祇園祭)の神輿連の先頭を歩く神輿のこと。唯一御神体を預る神輿として知られている。

総会では、一番神輿を担ぐ会の役員から挨拶があり、今年のおぎおんさぁにかける思いを鹿児島JCシニアクラブの先輩方が語って下さいました。

DSC_0002.JPGP1320389.JPG

P1320381.JPG

(写真:正対して先輩方の話を聞く郷土づくり委員会のメンバー)

 

鹿児島青年会議所野崎理事長も出席し、5月24日~27日に開催されたJCI ASPAC鹿児島大会で多大なご協力をたまわったことへの感謝や、日頃御指導御鞭撻をいただいていることへの感謝を述べさせていただきました。

P1320386.JPG

(写真:挨拶をする野崎理事長)

35年前、鹿児島青年会議所が一番神輿を担ぐことになった年の担当委員長を務めていた竹之内雄作先輩からは、おぎおんさぁ一番神輿のたどってきた歴史や経緯をお話をいただき、参加者は聞き入っていました。

P1320394.JPG

(写真:竹之内先輩)

鹿児島JCシニアクラブ津曲代表世話人からは、「京都の祇園祭は1000年、鹿児島の祇園祭は400年続いています。開催まではこの長い歴史の中のほんの短い時間ですが、苦難を乗り越えて、一番神輿がこれからも綺麗な背中で良い神輿をあげ、おぎおんさぁを支えていきたい」と挨拶がありました。

P1320409.JPG

(写真:津曲先輩の挨拶)

 

懇親会では、一番神輿を担ぐ会委員会の紹介とともに、現役の担当委員会メンバーの自己紹介をさせていただく時間があり、今年の一番神輿頭(かしら)の立山君からは、「精一杯一番神輿を担ぎあげ、まちと市民に元気を与えられるように頑張ります」と威勢よく挨拶がありました。

P1320449.JPGP1320477.JPGP1320490.JPGP1320513.JPG

(写真:委員会紹介とメンバー紹介の様子)

 

おぎおんさぁ一番神輿では、現在担ぎ手として協力して下さるボランティアを募集しております。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

http://www.kagoshimajc.org/2018/news/20180708163412.php

 

(撮影:川﨑・伊地知 記事:伊地知)