ニュース :

九州コンファレンス2018in天草のご報告

2018-09-17 09:59

鹿児島JC

9月1日(土)・2日(日)、熊本県天草市にて九州コンファレンス2018in天草が開催されました。

DSC_0525.JPG

 

九州コンファレンスは、1年に一度開催される、公益社団法人日本青年会議所九州地区協議会の最大の発信の場です。

本年度、鹿児島JCから位田憲太君が委員長として出向しているインクルーシブ防災委員会では1日、同会場で「すべての人の命を支えるためにインクルーシブ防災を体験しよう」というイベントを行いました。身体にハンディキャップを持った人が災害時にどのようなことを障壁とかんじるのか、また、どのような助けがあれば助かるのか、普段からどのような備えをしておけばよいのか、について学べるブースが設置され、一般の参加者含む多くの人が興味深そうに展示を見学したり、ハンディキャップを持った人の感覚を体験したりしていました。

荵晏キ槫慍蛹コ螟ァ莨喀IMG_9852.JPG荵晏キ槫慍蛹コ螟ァ莨喀IMG_9874.JPG

(写真:インクルーシブ防災委員会のイベントの様子)

この日は、他にも多くのセミナーやフォーラムが開催されました。特に、九州の経済発展や働き方改革のために必要なことを学ぶ各種フォーラムには、一般参加者含む多くのメンバーが参加し、識者の話に耳を傾けていました。

ライフワーク_180906_0001.jpg

(写真:フォーラムの様子)

 

夜には、大懇親会が開かれ、ドラムタオなどのパフォーマンスの中、九州のメンバーは交流を深めました。多くの鹿児島JCメンバーは鹿児島ブロックのメンバーとともに壇上にあがり、2018 JCI ASPAC鹿児島大会副主幹としての活動のお礼と、参加・協力のお礼をさせていただきました。11月には、宮崎で全国大会宮崎大会の開催も予定されており、そちらのPRも盛大になされました。

 

DSC_0151.JPGDSC_0163.JPG

キャラバン隊_180906_0001.jpg大懇親会(DRAMTAO)_180906_0007.jpg

(写真:大懇親会の様子)

 

2日目には、AWARD KYUSHUという褒賞事業がありました。鹿児島JC含む鹿児島ブロックの事業は受賞を逃しました。

 

アワード九州(堀)_180906_0012.jpg

(写真:AWARD KYUSHUの一場面)

 

引き続いて屋外で開催された大会式典では、次年度九州地区担当常任理事の中島土君(大分JC)が登壇し、決意表明と方針を発表しました。

荵晏キ槫慍蛹コ螟ァ莨喀IMG_9956.JPG0046_original.jpg

(写真:本年度土岐会長と中島次年度会長)

 

0060_original.jpgDSC_0420.JPG

天草は風光明媚な土地で、2018年に、長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産が世界遺産登録されるなど、観光客も増えているそうです。それぞれの場面で地域の発展や会の運営に貢献する鹿児島JCメンバーの姿が目立った九州コンファレンス2018でした。

 

(撮影:野原・伊地知他 記事:伊地知)