ニュース :

11月1日 鹿児島県人世界大会 歓迎フェスティバルのご報告

2018-11-02 09:36

鹿児島JC

11月1日(木)、鹿児島県人世界大会歓迎フェスティバルに、鹿児島青年会議所がお預かりさせていただいているおぎおんさぁ一番神輿が参加しました。

県人会 一番神輿組み立て_181102_0004.jpg

(写真:桜島をバックにスタンバイする神輿)

 

午後2時より3時間かけて郷土づくり委員会のメンバーや経験者中心に神輿の組立てを行い、19時からの担ぎ出しに備えました。

県人会 一番神輿組み立て_181102_0017.jpg県人会 一番神輿組み立て_181102_0023.jpg

(写真:一番神輿組立ての様子)

 

担ぎ出しにあたり、鹿児島祇園睦會三代目総代・永田和弘先輩から激励をうけ、ソイヤのかけ声で全員で「肩入れ」をしました。

KIMG1131.JPGKIMG1142.JPG

この日は、現役メンバー40名ほどに加え、多数のシニアクラブの先輩方のご協力を得て、全力で担がせていただきました。

県人会_181101_0009.jpg県人会_181101_0061.jpg

 

歴代の頭が神輿の上に乗り、担ぎ手を指揮します。

県人会_181101_0151.jpg

県人会_181101_0160.jpg世界県人大会 神輿_181101_0005.jpg

 

鹿児島にゆかりのある国内外から集まった多くの皆様が、前を通る時に拍手をして下さったり大きな歓声を上げてくださいました。

(撮影・記事:伊地知)