ひとづくり室 : 鹿児島JCについて

ひとづくり室室長:染川 勝太郎

鹿児島には異年齢集団活動を通し地域との結びつきや人としての基礎を学び、その学びを活かし社会に役立つ人財を育てる風土があります。しかし、情報化社会の流れでデジタルでのコミュニケーションツールが発達し、人との対面コミュニケーション能力の低下が危惧されています。社会情勢が激動している今、時代に流されず、協調性と自立性のバランス感覚を持ち優しくも逞しい感性でリーダーシップを発揮できる人財づくりが必要です。

我々は、近年失いつつある人としての根本的な所作や人との関わり合いの重要さを再認識し、立ちはだかる課題に皆で議論を尽くし、自らの役割を理解し、自ら行動できる人財を育成してまいります。我々が地域に必要な存在であるために、利他の精神を持ち、我々の活動を積極的に伝播し、市民の共感を得て、社会人として資質の向上とJCの役割を理解した上で能動的な活動を行います。また、より良い鹿児島の実現に向け、共に歩む仲間として、一緒にワクワクするJC活動を行ってもらうために、これまで先達からつながれてきた歴史を伝えると同時に、JAYCEEとして、社会人としての責任を再認識するひとづくり事業を行います。また、市民を取り巻く環境の変化を感じ取るため、地域に今どのような人財が求められるか関係各所へ調査分析を行います。鹿児島の明るい未来を創るために関係各所と今以上の協力関係を築き、前例に捉われず、JCの無限の可能性に挑戦します。異年齢の青少年と課題に真正面から向き合い乗り越えた末、楽しさや笑顔が溢れ、自ら考え行動できる力を備え、将来を担っていく人財を育成する活動を展開いたします。

人として己を律し変革の能動者として行動する事で、誰からも必要とされる人財が育ちます。そして、未来を担う人財がこれからの明るい豊かなまちを想い、誇りと意欲を持った行動が出来る人財となることで世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。

会員研修委員会委員長:重信 正和

我々は明るい豊かな社会の実現を目標に様々な活動を行い、市民と共にまちに寄与して参りました。近年、会員としての資質や例会・事業への意欲や参画意識の低下がみられ、会員同士のつながりが希薄になっています。この状況を打開するために、会員一人ひとりがJC活動の目的を見つめなおし、組織の活性化につなげ、一体感を強めることで、鹿児島JCが市民から共感を得られ、まちづくりに貢献できる人財を育成することが必要です。

我々はその時代の課題と向き合い、永きに亘り引き継がれてきた研修内容を会員に対し調査を行い、問題点を考察した上で、今の鹿児島JCに必要な研修事業を行います。我々の活動がまちへインパクトを与え、市民により一層必要とされる組織となるため、JCの意義目的を再認識し、様々な機会で積極果敢に挑戦するリーダーとして成長する場となる正会員研修を行います。また、地域で活躍する青年経済人が集まり、同期入会という横のつながりができ、その結束力を活かした活動を展開するために、JCの歴史や理念をしっかりと理解してもらい、様々なプログラムに挑戦してもらう仮会員研修を行います。更には仲間意識をしっかり持ち、縦・横の結束力を高め、組織全体の一体感を強めるために、JC活動へ率先して取り組むことを促します。併せて、JCI・日本JCが開催する各種セミナーの開催窓口として、会員一人ひとりが新たな気づきや自己成長に活用してもらう様々な情報を発信いたします。これまでにJCの歴史を築いてきたシニアクラブの先輩方との交流の機会で親交を深めるために、鹿児島JCじゃがいもクラブへの協力を行います。

仮会員研修とそのサポート及び正会員研修を通じ、会員一人ひとりの意識が変わり、生き生きと活動できます。鹿児島JCが市民を巻き込み共感を得られる事業構築に取り組むことがまちの活性化につながり、世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。

青少年育成委員会委員長:大木 晃

鹿児島には二才が稚児を教え育てる郷中教育という独自の教育文化がありますが、時代の変化によりその文化が薄れつつあります。また核家族化や少子化により家族と過ごす時間が減ったことや、地域活動への参加が少なくなったことで、青少年は活きた知識を学ぶ体験の機会が減ってきています。我々は今一度地域と連携し、活きた知識を学ぶ機会を創り、ふるさとに、愛を持ち自ら考え行動することができる人財を育成する必要があります。

我々はひとづくりの原点に立ち返り、鹿児島の未来を担う青少年が優しくも逞しい人財になることを目的として活動をしてまいります。まずは、魅力あるこのまちに求められる人財を育成するために、地域と連携し、お互いの考えや理想を共有出来る機会を創り、調査分析を行います。また、鹿児島で積み重ねられてきた人財育成の手法や考え方を継承していくために、鹿児島の地域資源や伝統的な教育を学び直し、鹿児島の特色を活かした異年齢の青少年が共に成長する事業を構築してまいります。そして、どんな課題にも立ち向かっていく青少年を育成するために、青少年が活きた知識を学び、仲間とともに考え、今まで経験したことのない体験が出来る機会を創出いたします。また、ふるさとの偉人について分かち合い、連携強化や各地の地域活動を共有するために、歴史的なつながりのある他LOMとの窓口となり、地域間交流を行います。更には、有事災害発生時に迅速かつ的確な支援を実施するために、行政や日本JC、九州地区協議会、鹿児島ブロック協議会、社会福祉協議会との連携を強め、正確な情報交換を行える災害支援窓口を確立いたします。

青少年が様々な体験をすることで、家族、仲間、地域への愛と感謝の気持ちが芽生え、優しさと勇気を持って踏み出す力が醸成されます。そして鹿児島の未来と向き合い、自ら考え行動出来る人財となることが世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。