誇れる鹿児島JC創造特別委員会 : 鹿児島JCについて

誇れる鹿児島JC創造特別委員会委員長:大竹山 靖浩

鹿児島は豊かな地域資源を有しており、また近年陸、海、空の交通ネットワークが充実し今後更に成長する可能性を秘めています。そしてグローバル化が急速に進む今、新たな鹿児島の魅力を発信し、可能性という殻をやぶり「成長実現都市」へ変革しなければなりません。65周年を迎える本年、我々は改めてJC活動の原点に立ち返り、魅力的なまち鹿児島の将来像を描き、人々の心を惹きつけるまちづくり運動を展開する必要があります。

我々は鹿児島JCが65周年を迎えられることの感謝を伝え、これからの成長を誓うために記念式典を開催し、次なる70年に向けた原動力を生み出します。そして、JCの精神性とこれからのあり方を学ぶために、鹿児島の課題に挑戦してきた活動の歴史とその想いに向き合い、未来への運動の礎とします。また、これからも明るく豊かな鹿児島を実現するために、新たな鹿児島のまちづくりに挑戦し、継続的なまちの発展を目指します。そして、目指すまちづくり事業の方向性を決定するために、まちが抱える課題や人々が求める地域社会のあり方を調査分析し、今後鹿児島のまちに求められるビジョンを明確化します。また、目指すビジョンの実現に向けた戦略を鹿児島JC全体で構築するために、メンバーの意見を抽出し、より多くの可能性を模索します。そして、取り組む事業の想いをメンバー全員で共有するために、連絡調整会議を通して意思統一を図り、鹿児島JCが一丸となって事業を構築します。さらに、これからのまちづくりを担う事業として確立するために、継続可能な運営基盤を構築し、鹿児島JCがまちと共に成長する活動の柱とします。

我々が鹿児島JCの歴史をつなぎ、メンバーが新たなまちづくりへの取り組みに胸を躍らせ挑戦することで、大きな推進力が生まれます。活気溢れる運動が人々の心を惹きつける鹿児島を実現する原点となり、世界に誇れる鹿児島の創造につながると確信いたします。