2008年1月29日

「希望の星」始動! 第一回通常総会


080129sokai01.jpg 平成20年1月29日(火)城山観光ホテル飛鳥の間において、2008年度 社団法人鹿児島青年会議所 第1回通常総会が盛大に開かれました。現役メンバー・シニアクラブのメンバーが一同に会して本年のスタートをきる通常総会になりました。
080129sokai04.jpg

第54代理事長山口隆徳理事長の新年の挨拶から始まり、本年は今一度原点に立ち返り、「鹿児島、そして市民みんなにとってよいことを考え、志を同じうするもの相集い力を合わせ一丸となって行動していきましょう。」また出向に対して、「鹿児島JCメンバーとしての誇りを持って、自分を売り込んできてほしい」と熱く語りました。

 
  引き続き、議長の選出、定足数の確認後、議題に入り、審議が行われました。
第1号議案 議事録署名人に関する件
第2号議案 2007年度事業報告承認の件
第3号議案 2007年度収支決算報告承認の件
第4号議案 2008年度一般会計補正予算(案)の件
第5号議案 2008年度登録料等分担金補正収支計算書(案)の件

080129sokai02.jpg
事業報告承認の件では、山下直前理事長が各事業を通じて、各委員会活動での感動と、理事メンバーに対して、感謝の意を表し、全ての議案は満場一致で承認されました。最後に山口理事長より3つの方向性について発表がありました。まず1つ目に公益社団法人の取得、2つ目は2009年度、第22回国際アカデミーを鹿児島に誘致し、70~80カ国の会頭予定者が鹿児島に一同に集って研修を行い、市民を巻き込んで世界を感じてほしい。と語り、最後に映画制作中止の方向性が発表されました。




 久永徹郎監事の監事講評では、「緊張感が感じられる総会で、無事議案も承認されていいスタートがきれました。山口理事長を中心に盛り上げながら一丸となって迅速に行動していただきたい」と述べ、最後にシニアクラブ代表挨拶として、第27代理事長の脇康秀先輩より、「受け継がれる歴史を継承してしていただきたい。才能とは努力を継続する事が出来る力である。」「山口理事長を中心に明日の鹿児島を、九州を、日本を作っていただきたい」と熱く激励して、第一回通常総会を締めくくり、閉会となりました。

080129sokai05.jpg
080129sokai06.jpg