2008年4月26日

日本JC4月理事会に山口理事長出席!

IMG_0098.JPG

2008年4月19日(土)東京都千代田区の日本青年会議所会館にて、日本青年会議所4月理事会が開かれ、鹿児島青年会議所から山口理事長、永井室長をはじめ、国際アカデミー誘致委員会有川委員長、澤副委員長がオブザーバーとして出席しました。
理事会では、小田與之彦会頭、奧原祥司直前会頭が挨拶を行った後、各議案について話し合いが行れました。その後、オブザーバーの紹介があり、毎年7月に開催されるサマーコンファレンスの横浜青年会議所・板橋由紀理事長、本年10月に開催される第57回全国会員大会主管の浜松青年会議所・武田信孝理事長、鹿児島青年会議所・山口理事長が挨拶を行い、「鹿児島JCも数年の間に会員数が多くなって200名を超える団体に成長しました。本年度は多くの出向者を排出して、もっと外の世界を見てほしいとメンバーにお願いしてきました。今後JCI(国際青年会議所)、日本青年会議所が行う各種大会、会議に積極的な参加を促し、参加して得た事を鹿児島JCの活動に活かしたいと考えています。」と述べ、2009年度の国際アカデミー誘致に対する想いをアピールすることができました。

 

=編集後記=

2009年度国際アカデミー誘致の為に毎月の日本青年会議所理事会に山口理事長は出席しております。次回は、理事長と共に鹿児島をアピールしに行こう!

2008年4月25日

地区会長公式訪問例会(阿久根)開かれる!


 

IMG_6423.JPG

IMG_6441.JPG

2008年4月24日(木)18:30~グランビューあくねにて、(社)日本青年会議所 九州地区協議会会長公式訪問例会 (社)阿久根青年会議所4月例会が行われました。県内各地からメンバーが集い、山口理事長率いる鹿児島JCからは29名のメンバーが参加して盛大に行われました。

 はじめに開催地代表挨拶で(社)阿久根青年会議所の早水久博理事長が挨拶され、県内各地から集ったメンバーに敬意を表し、感謝の想いを伝えました。


続いて、揚村ブロック会長が挨拶され、九州各県から集った九州地区の役員の方々と、会場設営を行った、8名で運営する(社)阿久根青年会議所のメンバーに感謝の想いを伝えました。
続いて、2008年度九州地区アワーが行われ、2008年度(社)日本青年会議所 九州地区協議会 中村大介会長が挨拶を行い、多くのメンバーに集っていただいたことに敬意を表し、「小さな生命スペシャル 愛してるよ、カズ 君はママの宝物でした~小児がん・涙の全記録~」のビデオ上映を通して、「一瞬一瞬を大切に生きてほしい!皆さんの地域の中では、色々な問題を持った子供たちや、問題を抱えた地域があると思います。我々JCが真剣に考えて変えていきましょう」と力強く述べられました。
その後、九州地区協議会の5つのグループと9委員会の担当副会長、委員長の挨拶と方向性の発表がありました。

◆協働運動実践グループ 担当副会長 江玉睦秀(大分JC)
組織連携推進連絡会議    議 長 石崎 寛(久留米JC)
心の教育実践委員会      委員長 渡辺一平(宇佐JC)

◆九州活性化グループ 担当副会長 南里貴裕(別府JC)
拡大活性化委員会       委員長 野上英敏(飯塚JC)
九州産業活性化委員会 委員長 平田慎一(串間JC)

◆力強い九州人育成グループ 担当副会長 山下大介(鹿児島JC)
九州男塾実践委員会             委員長 木脇桂太郎(都城JC)
御当地検定実践委員会          委員長 中島大作(伊万里JC)

◆公益実践化グループ 担当副会長 江崎公一(久留米JC)
財政特別委員会          委員長 生駒明子(唐津JC)
大会特別委員会          委員長 菊池正典(大分JC)

◆運営専務グループ 運営専務 江田明弘(鳥栖JC)
総務渉外委員会       委員長 中山諭扶哉(八代JC)

スクリーンを通して熱い想いと委員会の方向性を伝えました。
IMG_6444.JPG最後に阿久根JCの西園知広監事が講評を述べ、2008年度(社)日本青年会議所九州地区協議会会長公式訪問例会を締めくくりました。
その後会場を移して懇親会が行われ、阿久根で行われる鹿児島ブロック会員大会、八代で行われる九州地区会員大会の案内があり、会場は盛大に盛り上がりました。


 

 

2008年4月23日

4月例会開かれる!国際アカデミーについて学ぶ!!

IMG_6360.JPG

 2008年4月22日(火)城山観光ホテル 飛天の間において、4月例会が開かれました。
国際アカデミー誘致委員会が担当した今回の例会では、中村泰彦トレーナーをお招きして、来年鹿児島に誘致計画中の国際アカデミーについて、ご講演いただきました。

記事本文を閲覧

2008年4月15日

会員拡大推進会議が開かれる!

IMG_6148.JPG

2008年4月11日(金)城山観光ホテル飛鳥の間において、会員拡大委員会をはじめ、正副役員、14の各委員会の委員長、拡大担当副委員長が出席して第4回会員拡大推進会議が開かれました。


 

IMG_6113.JPG

現在取り組んでいる会員拡大活動の現状報告と、今後の取り組みについて話し合いが行われました。
現状報告では、各委員長が現状を発表し、18日の締め切りまでの取り組みと、決意が述べられました。



IMG_6136.JPG

2008年4月 7日

海を活かしたまちづくり委員会が本日ラジオ出演!

IMG_5999.JPG

 
 4月7日(月)17:40頃から、フレンズFM762『~ザッツ・かごしまんテーメント~柳田弘志の発掘!いいよね本舗天文館本店』のラジオ放送に海を活かしたまちづくり委員会の戸口田委員長はじめ、前田運営幹事、平岡委員、新留委員が出演しました。鹿児島が誇る自然を十二分に活かした第22回桜島・錦江湾横断遠泳大会の出場選手の募集を呼びかけました。

IMG_5998.JPG
昨年、大会が天候不良で中止になったことから、本年は50チーム上回る150チームの応募を県内外から受付けており、大会に向け様々な機関と協力しながら準備を進めていることを伝えました。
応募の受付は第22回桜島・錦江湾横断遠泳大会のホームページと、FAX、メールで5月11日まで受付しています。昨年残念ながら出場できなかった方もいらっしゃいますので、今年こそは成功させたい!と意気込みを語りました!

IMG_5994.JPG第22回桜島・錦江湾横断遠泳大会ホームページ  http://www.10bai.com/enei/index.html

2008年4月 5日

「薩長土肥の会」鹿児島の地で開かれる!

IMG_5704.JPG

2008年4月5日(土)16:00~ドルフィンホールにて「薩長土肥の会」が開かれました。
長州・(社)萩青年会議所、土佐・(社)高知青年会議所、肥前・(社)佐賀青年会議所のメンバーが鹿児島の地に集って会議が開かれ、意見交換が行われました。

IMG_5649.JPG

はじめに山口理事長より、「鹿児島といえば桜島!せっかく鹿児島に来ていただいたので、桜島を見て頂きたいという思いから、本日は薩摩半島から一番近くで見える会場を設定しました。また、27年間続くこの薩長土肥の会の意義をもう一度再確認していただく事も含め、鹿児島JCシニアクラブの脇先輩、西岡先輩に基調講演をお願いしました。今日は、薩長土肥の会の歴史を感じていただきながら、鹿児島を満喫していただきたい。」と挨拶を述べました。


IMG_5652.JPG

IMG_5657.JPG










 脇康秀先輩の基調講演では、「今から27年前に鹿児島で行われた全国会員大会を主管する際、大会テーマを「維新の心」としました。鹿児島は維新の獅子を多く排出していることから「維新」を地元のPRに考えたが、鹿児島だけでは、インパクトが薄いので、薩長土肥である萩JC、高知JC、佐賀JCの力を借りようという事になった。その結果、当時では最高の大会登録数となりました。翌年の京都会議では、大会の御礼の意味を込めて、一度集まるだけのはずだったのが、これを機に毎年顔を合わそうということになり、薩長土肥の会が発足されました。また、郷中教育のお話もあり、今からの時代は、新しいものを造るのではなく、今あるものや歴史、風土を大事にしたまちづくりを活動にしていただきたい。」とのお言葉をいただきました。
続いて、西岡岩男先輩に講演していただきました。「27年前、脇理事長のもと、専務理事として全国会員大会に向けて奔走したことが、今もこうして薩長土肥の会として継承されていることに感謝します。」と話され、当時の事を鮮明にお話ししていただきました。

IMG_5713.JPG

続いて会議が行われ、それぞれの理事長が今年のスローガンに込めた思い、活動等を話され、公益社団法人取得への取り組みや会員拡大においての意見交換等が活発に行われました。

その後行われた懇親会では、それぞれのメンバーが熱く語り合い、懇親を深めながら、さらに強い絆を育みました。

IMG_5734.JPG