2008年4月23日

4月例会開かれる!国際アカデミーについて学ぶ!!

IMG_6360.JPG

 2008年4月22日(火)城山観光ホテル 飛天の間において、4月例会が開かれました。
国際アカデミー誘致委員会が担当した今回の例会では、中村泰彦トレーナーをお招きして、来年鹿児島に誘致計画中の国際アカデミーについて、ご講演いただきました。





IMG_6267.JPG
はじめに山口隆徳理事長が挨拶を行い、「先日行われた市議会議員選挙において、5名の鹿児島JCンバー-が当選された事を、大変嬉しく思い、今後も市民のリーダーとして頑張っていただきたい」と述べられました。

IMG_6355.JPG
4月例会担当の国際アカデミー誘致委員会が、講師としてお招きした有限会社YAS代表取締役中村康彦トレーナーによる、来年鹿児島で計画中の「国際アカデミー」についてご講演いただきました。
はじめに、国際アカデミーの究極の目的は「恒久的な世界平和を実現するリーダーの育成である」と述べられました。各国の青年会議所のリーダーが一同に会し、様々な研修を行います。また、国際アカデミー開催中には、市民との交流の場を設け、異文化間の相互理解を通じ、市政が目指す「国際都市鹿児島」の一助を担い、世界と鹿児島の架け橋となって各国の人達が「日本=鹿児島」となるように、一生懸命に活動しなければいけないと話されました。



IMG_6382.JPG
久永監事の監事講評では、「国際アカデミーとは、何か?・国際アカデミーを、鹿児島で開催する意義・国際アカデミーの楽しさ・素晴らしさを感じ取れ、また鹿児島JCが国際アカデミー誘致に一歩前進した大変素晴らしい講師例会になりました。」と述べられました。





 

IMG_6336.JPG

※国際アカデミー
国内外の次世代リーダーとなるJCメンバーを一堂に集め、リーダーシップ・スタンダード(※1)を追求し、様々な研修(トレーニング)や市民との交流の機会を与え、JCメンバー間や異文化間の相互理解を通じ「恒久的世界平和」を目指すグローバルリーダーを育てることを目的とした、他では経験することのできないJCI公式プログラムの1つです。ホームステイ等のプログラムを通し、市民と世界各国のJCメンバーと係わりを持つ事により、市政が目指す「国際都市鹿児島」の一助を担い、世界と鹿児島の架け橋になることを目的としています。
(※1) リーダーとして世界の中で、国家の中で、地域の中で自らの役割は一体何であるのかということ